Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

ジョブの管理について

一般的なジョブ関連アクションを表示して実行し、ジョブの全体的な進捗状況やステータスを表示することができます。MSP管理者、テナント管理者、およびテナント・ユーザーは、すべてのジョブ関連アクションを実行できます。MSP向けNetVault Backupでは、各ユーザーそれぞれのスコープで作業することができます。これらのユーザーはすべて、所有するタスクの進捗状況を監視し、制御できます。ユーザー同士のジョブ・アクティビティの表示は制限されています。

ジョブ・アクティビティの表示

[ジョブ・ステータス]ページからジョブの進行状況やステータスを監視できます。このページを使用して、ジョブを管理したり、さまざまなジョブ関連のタスクを実行したりすることもできます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ジョブ・ステータス]をクリックします。
2
[ジョブ・ステータス]ページでは、以下の詳細情報を参照できます。

ジョブ・アクティビティ・チャート

この領域には、現在のジョブ、ポリシー・ジョブ、ポリシー・ジョブ、および定期ジョブのサマリが棒グラフの形式で表示されます。

現在アクティビティ:棒はそれぞれ、アクティブ、待機中、保留中、およびスケジュール済みのジョブの数を表しています。
ポリシー:棒はそれぞれ、正常完了した、警告付きで完了した、および失敗したポリシー・ジョブの数を表しています。ポリシーの[正常]カウントは、ポリシー内のすべてのジョブが正常な場合に、正常完了したポリシー・ジョブの数を示しています。ポリシー内の1つ以上のジョブで警告またはエラーが発生した場合は、0カウントが表示されます。
定期ジョブ:棒はそれぞれ、正常完了した、警告付きで完了した、および失敗した定期ジョブの数を表しています。

[ジョブ・アクティビティ]をクリックして、ジョブ・アクティビティ・テーブル内のそのカテゴリのジョブ詳細を表示することができます。たとえば、[ジョブ・アクティビティ]領域で[ポリシー]をクリックして、ジョブ・アクティビティ・テーブルのポリシー・ジョブを表示できます。

アクティビティ・チャート領域内のバーをクリックして、アクティビティ・テーブル内のカテゴリのジョブ詳細を表示することができます。たとえば、[現在アクティビティ]領域で[アクティブ]バーをクリックすると進行中のジョブが表示されます。

アクティビティ・テーブルをデフォルトの表示形式に戻すには、[現在のすべてのアクティビティを表示します]リンクをクリックします。

[ジョブ・ステータス]ページのジョブ・アクティビティ統計情報を非表示にするには、以下の手順に従います。

NetVault Backup WebUIの[ヘッダー]パネルで、[設定]アイコンをクリックし、[アプリケーション設定]を選択します。ページの右側に、[アプリケーション設定]ドロワが表示されます。
[ジョブの統計情報の非表示]オプションで、[ジョブ・アクティビティ統計情報を非表示にする]チェック・ボックスを選択します。
[OK]をクリックします。

ジョブ・アクティビティ・テーブル

デフォルトでは、テーブルには現在のすべてのジョブ・アクティビティ(すべてのアクティビティ・カテゴリ)が一覧表示されます。

[すべてのアクティビティ]カテゴリでは、以下の詳細情報を参照できます。開始時刻(開始日も表示されます)、ジョブ・タイトル、プラグイン、クライアント、タイプ、ID/インスタンス/フェーズ、次回実行時間(次のインスタンスの実行がスケジュールされている日時)、進行状況(現在の転送速度または平均転送速度)、現在のステータス(ジョブ・インスタンスの現在のステータス)、最後の終了ステータス(最後に完了したジョブ・インスタンスの終了ステータス)。

列メニューを使用して、次の列を追加または削除することもできます。ポリシー名、ID(ジョブIDのみを表示)、インスタンス(ジョブ・インスタンスのみを表示)、フェーズ(ジョブ・フェーズのみを表示)、選択セット、プラグイン・オプション・セット、スケジュール・セット、ソース・セット、ターゲット・セット、詳細オプション・セット、期間(バックアップ/リストア/レポート作成の操作を完了するために、時:分:秒で時間を表示します)。詳細は、「NetVault Backup WebUIでのレコードのソート」を参照してください。

以下のジョブ・ステータスのライト・アイコンは、終了ステータスに基づいて現在のステータスおよび最後の終了ステータスの列に表示されます。

:中断、異常終了、失敗、実行されませんでした
:警告、停止、およびメディア待ち
:確認済み

以下の行の背景色は、現在のステータスに基づいてジョブに対して表示されます。

:実行中
:スケジュール済み

表示形式を変更したり、テーブル内に表示されるレポートをフィルタしたりすることもできます。

表示形式を変更するには:異なるジョブ・カテゴリのジョブの詳細を表示するには、アクティビティ・チャート領域内で該当するバーをクリックします。たとえば、警告を伴って完了したジョブを表示するには、[定期ジョブ]領域の[警告]バーをクリックします。

フィルタ・オプションの設定([ジョブ・ステータス]ページのテーブル・フィルタ・オプションについて詳しくは、Table 7を参照してください)、ページ・サイズ設定、列のソート順、およびテーブルに適用されているフィルタの表示、レコードのエクスポート、またはテーブル設定の編集を行うには、テーブルの右下隅にあるアイコンをクリックします。
4
[検索]オプションを使用して、テーブル・データをフィルタし、列の値に指定した文字列を含むエントリをすばやく見つけることができます。また、検索フィルタ文字列にはワイルドカード(?または*)を含めることもできます。

ジョブ・カレンダーの表示

カレンダー上でジョブを月ごと、週ごと、日ごとに表示できます。スケジュールが重複しないようにするため、ジョブをカレンダー形式で表示すると便利です。ジョブを作成する前にカレンダーを確認することをお勧めします。[ジョブ・カレンダー]ページからジョブの進行状況やステータスを監視できます。このページを使用して、ジョブを管理したり、さまざまなジョブ関連のタスクを実行したりすることもできます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ジョブ・カレンダー]をクリックします。
2
[ジョブ・カレンダー]ページでは、以下の情報を参照できます。

[設定]アイコン

このアイコンをクリックすると、ジョブ・カレンダーの設定が表示されます。ページの右側に、以下のオプションを含む[カレンダー設定]ドロワが表示されます。

ステータスでフィルタリング:このエリアには、ジョブ・ステータスに基づいて以下のフィルタリング・オプションが表示されます。
スケジュール済み:スケジュール済みのジョブを表示するには、このボタンをクリックします。
アクティブ:進行中のジョブを表示するには、このボタンをクリックします。
成功:正常に完了したジョブを表示するには、このボタンをクリックします。
削除:警告付きで完了したジョブを表示するには、このボタンをクリックします。
エラー:失敗したジョブを表示するには、このボタンをクリックします。
タイムスロット・サイズ:週次および日次ビューでは、[タイムスロット・サイズ]フィールドを使用し、カレンダー上のジョブの時間の粒度を設定できます。

ジョブ・カレンダー

このエリアには、[ステータスでフィルタリング]設定および[タイムスロット・サイズ]設定に基づいてカレンダー上のジョブが表示されます。

カレンダー上でジョブを月ごと、週ごと、日ごとに表示できます。デフォルトでは、ジョブ・カレンダーの週次ビューが表示されます。月次ビューを表示するには[月]を、日次ビューを表示するには[日]をクリックします。

月次ビュー:その月のジョブを表示します。このビューではジョブの高さは固定されています。

週次ビュー:その週のジョブを表示します。このジョブの高さはそのジョブを実行するために必要な時間に対応します。

日次ビュー:その日のジョブを表示します。このジョブの高さはそのジョブを実行するために必要な時間に対応します。

ジョブ・カレンダーの赤線は、現在の時間を示しています。

ポインタをジョブの上に移動すると、ジョブ・タイトル、開始時間、終了時間などのジョブ・サマリが表示されます。

ジョブの管理

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

Related Documents