Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

ウィジェットの追加

ダッシュボードに複数のウィジェットを追加することができます。すべてのウィジェットをダッシュボードに追加すると、それ以上ウィジェットを追加することができなくなります。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ダッシュボード]をクリックします。
2
デフォルトのダッシュボード・ページで、略記号のアイコンをクリックし、[ウィジェットの追加]をクリックします。

ウィジェットの配置

ウィジェットをドラッグ・アンド・ドロップして、ダッシュボードの特定の位置に移動することができます。ダッシュボードの位置を移動してから複数のユーザーと共有すると、そのユーザーも再度、共有ダッシュボードを再配置できます。共有ユーザーによって行われた再配置は、他の共有ユーザーにも表示されます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ダッシュボード]をクリックします。

ウィジェット・フィルタ・オプション

ウィジェットの上部にあるフィルタ・アイコンをクリックすると、次のウィジェット・フィルタ・オプションが表示されます。1つ以上のフィルタを使用して、指定した条件に一致するレコードを表示できます。

ジョブ・ステータス

クライアント:特定のクライアントのジョブをフィルタできます。

プラグイン:特定のプラグインを使用して実行されたジョブをフィルタできます。

ジョブ・タイプ:ジョブ・タイプでジョブをフィルタできます。ジョブ・タイプとしてバックアップ、リストア、またはレポートを選択できます。

グループ化:日、週、月、四半期、または年でジョブをグループ化できます。

レコード制限:ウィジェットに表示するレコードの数を設定できます。デフォルトでは、7個のレコードが表示されます。

期間:特定の期間に完了したジョブをフィルタできます。

開始:特定の開始日時を指定してジョブをフィルタするには、次の手順を実行します。
終了:特定の終了日時を指定してジョブをフィルタするには、次の手順を実行します。

ポリシーの選択:ポリシー名でポリシー・ジョブをフィルタできます。

ジョブ実行時間

クライアント:特定のクライアントのジョブをフィルタできます。

プラグイン:特定のプラグインを使用して実行されたジョブをフィルタできます。

ポリシー:ポリシー名でポリシー・ジョブをフィルタできます。

ジョブ・タイプ:ジョブ・タイプでジョブをフィルタできます。ジョブ・タイプとしてバックアップ、リストア、またはレポートを選択できます。

レコード制限:ウィジェットに表示するレコードの数を設定できます。デフォルトでは、10個のレコードが表示されます。

期間:特定の期間に完了したジョブをフィルタできます。

開始:特定の開始日時を指定してジョブをフィルタするには、次の手順を実行します。
終了:特定の終了日時を指定してジョブをフィルタするには、次の手順を実行します。

メディアの使用容量

容量の表示単位:メディアの使用容量を、バイト、KB、MB、GB、TB、またはPB単位で表示できます。

レコード制限:ウィジェットに表示するレコードの数を設定できます。デフォルトでは、40個のレコードが表示されます。

メディア・グループの選択:メディア・グループに基づいてレコードをフィルタできます。デフォルトでは、すべてのメディア・グループが選択されています。

クライアント・ステータス

クライアント:特定のクライアントのクライアント・ステータスを表示できます。デフォルトでは、すべてのクライアントが選択されています。

使用できないメディア

理由の選択:ASF、不良、外部、フル、オフライン、その他、読み取り専用、使用不可など、メディアを使用できない理由を設定できます。デフォルトでは、すべての理由が選択されています。

レコード制限:ウィジェットに表示するレコードの数を設定できます。デフォルトでは、100個のレコードが表示されます。

メディア・グループの選択:メディア・グループに基づいてレコードをフィルタできます。デフォルトでは、すべてのメディア・グループが選択されています。

デバイス・ステータス

デバイス・タイプ:デバイスのタイプとして、[RASデバイス]、[テープ・ドライブ]、または[テープ・ライブラリ]を設定します。デフォルトでは、すべてのデバイス・タイプが選択されています。

ポリシー・ステータス

ポリシー・ステータス:完了、失敗、または警告ステータスでポリシーをフィルタできます。デフォルトでは、すべてのステータスが選択されています。

ポリシーの状態:アクティブ、休眠、休止、または休止中状態でポリシーをフィルタできます。デフォルトでは、すべての状態が選択されています。

イベント・ストリーム

間隔の選択:5分、10分、30分、1時間、8時間、12時間、または24時間の時間間隔でイベントをフィルタできます。デフォルトでは、時間間隔は10分に設定されています。

イベント・タイプの選択:[エラーのみ]、[キー・イベント]、または[すべてのイベント]のタイプでイベントをフィルタできます。デフォルトでは、[エラーのみ]のイベント・タイプが選択されています。

ログ・ストリーム

間隔の選択:5分、10分、30分、1時間、8時間、12時間、または24時間の時間間隔でログをフィルタできます。デフォルトでは、時間間隔は10分に設定されています。

レベルの選択:バックグラウンド、エラー、情報、ジョブ・メッセージ、サーバー、または警告のレベルでログをフィルタできます。デフォルトでは、すべてのレベルが選択されています。

クラスの選択:データベース、デバイス、ジョブ、メディア、プラグイン、スケジュール、システム、またはUIのクラスでログをフィルタできます。デフォルトでは、すべてのクラスが選択されています。

実行中のジョブ

クライアント:特定のクライアントのジョブをフィルタできます。

プラグイン:特定のプラグインを使用して実行されたジョブをフィルタできます。

ポリシー:ポリシー名でポリシー・ジョブをフィルタできます。

ジョブ・タイプ:ジョブ・タイプでジョブをフィルタできます。ジョブ・タイプとしてバックアップ、リストアまたは

レポートのジョブ・タイプを選択できます。

レコード制限:ウィジェットに表示するレコードの数を設定できます。これには、

デフォルトで、10件のレコードが表示されます。

期間:特定の期間に完了したジョブをフィルタできます。

開始:特定の日時からジョブのフィルタを開始するには:
開始日を入力するか、ボックスの隣りにあるボタンをクリックして、開始日を選択します。
開始時刻を入力するか、ボックスの隣りにあるボタンをクリックして、開始時刻を選択します。
次のように変更してください。特定の日時までのジョブをフィルタするには:
終了日を入力するか、ボックスの隣りにあるボタンをクリックして、終了日を選択します。
終了時刻を入力するか、ボックスの隣りにあるボタンをクリックして、終了時刻を選択します。

ジョブの管理

Related Documents