Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

リストア・ジョブのプレ/ポスト・スクリプトの設定

プレ・スクリプトとポスト・スクリプト・オプションを使って、ジョブの開始前またはジョブの完了後に、ユーザーが定義したスクリプトを実行することができます。これらのスクリプトは、ジョブ開始前のデータベースのマウント解除やシャット・ダウン、またはジョブ完了後のデータベースのマウントまたは起動などの、タスクの実行に使用することができます。

プレ・スクリプトまたはポスト・スクリプトを設定する前に、以下の情報を確認してください。

スクリプトは、たとえばWindowsの.batやLinuxの.shなど、任意の実行ファイルである必要があります。
プレ・スクリプトとポスト・スクリプトにはランタイム・パラメータを含めることができます。これらのパラメータは、環境変数NV_USER_ARGに保存されます。スクリプトでは、他のNetVault Backup環境変数も使用することができます。利用できる環境変数のリストについては、「NetVault Backupの環境変数」を参照してください。
psmail:このスクリプトを使用して、指定したメール・アドレスにジョブ完了ステータスを送信します。
psmail_logs:このスクリプトを使用して、指定したメール・アドレスにジョブ完了ステータスとジョブのログを送信します。
LinuxおよびUNIXの場合、事前定義されたスクリプトのファイル名に拡張子はありません。Windowsの場合、スクリプト・ファイル名の拡張子は「.bat」です。これらのスクリプトを実行するには、[ポストスクリプト]ボックスで以下の設定値を指定します。
LinuxおよびUNIX:psmailまたはpsmail_logs
Windowspsmail.batまたはpsmail_logs.bat
1
[詳細設定]ページで、[プレ & ポストスクリプト]をクリックして、以下の設定を行います。

プレスクリプト

ジョブの開始前にユーザー定義のスクリプトを実行することができます。このスクリプトを使って、データベースのマウント解除やシャットダウンなどの、リストアの前処理を実施することができます。

プレ・スクリプトを実行するには、以下の手順に従います。

[プレスクリプト]ボックスに、スクリプト・ファイル名を指定します。
[ユーザー・パラメータ]ボックスに、ランタイム・パラメータの値を指定します。値は有効でなければならず、スクリプト内の使用方法に準拠している必要があります。NetVault Backupは、このユーザー・パラメータについて有効性チェックを行いません。

ポストスクリプト

ジョブの完了後にユーザー定義のスクリプトを実行することができます。このスクリプトを使って、ジョブ完了後のデータベースのマウントや開始などの、リストアの後処理を実施することができます。

ポスト・スクリプトを実行するには、以下の手順に従います。

[ポストスクリプト]ボックスで、スクリプト・ファイル名を指定します。
[ユーザー・パラメータ]ボックスに、ランタイム・パラメータの値を指定します。値は有効でなければならず、スクリプト内の使用方法に準拠している必要があります。NetVault Backupは、このユーザー・パラメータについて有効性チェックを行いません。

プレスクリプト

成功

成功

成功

失敗

失敗

失敗

リストア・ジョブ

成功

成功

失敗

実行されません

実行されません

実行されません

ポストスクリプト

成功

失敗

成功

成功

未設定

失敗

総合的なジョブ・ステータス

ジョブは正常に終了します。

ジョブは終了しましたが、ポスト・スクリプト・エラーがあります。

ジョブは失敗しましたが、プレ・スクリプトおよびポスト・スクリプトは実行されます。エラーが報告されます。

ジョブは失敗し、プレ・スクリプト・エラーが報告されましたが、ポスト・スクリプトは実行されました。

ジョブは失敗し、プレ・スクリプト・エラーが報告されました。

ジョブが失敗しました。プレ・スクリプト・エラーおよびポスト・スクリプト・エラーが報告されました。

リストア・ジョブに対するユーザー定義イベントの設定

リストア・ジョブを作成するとき、NetVault Backupでは、ジョブが正常に完了した場合、警告付きで完了した場合、または失敗したときに発生するユーザー定義イベントを設定できます。個々のジョブの完了ステータスについて通知を受けるときにこれらのオプションを使用できます。

また、個々のバックアップ・ジョブ、リストア・ジョブ、レポート・ジョブ、およびログ・メッセージに対してユーザー定義のイベントを発生させることもできます。NetVault Backup内で事前定義またはユーザー定義のイベントが発生したときには、さまざまな通知方法を使用して通知を受け取ることができます。

[リストア詳細設定セット]では、ユーザー定義イベントを設定できます。ユーザー定義イベントを作成した後は、任意のジョブまたはバックアップ・ポリシーに対してそのイベントを発生させることができます。NetVault Backupにより、ユーザー定義のイベントは、Jobs — User definedイベント・クラスに追加されます。その後、イベント発生時に通知を受け取るため、イベントごとに1つまたは複数の通知方法を設定できます。

1
[詳細設定]ページで、[イベント]をクリックして、以下の設定を行います。

ジョブ成功

ジョブの正常完了時に発生させるイベントを入力または選択します。

ジョブに警告発生

ジョブが警告付きで完了した場合に発生させるイベントを入力または選択します。

ジョブ失敗

ジョブの失敗時に発生させるイベントを入力または選択します。

オンライン・バックアップ・インデックスの管理

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

オンライン・インデックスの管理について

オンライン・バックアップ・インデックスにより、メディアをロードすることなく迅速にセーブセットのコンテンツをスキャンすることができます。ただし、これらのインデックスにより、NetVaultデータベース全体のサイズは拡大することがあります。データベース・サイズを管理するため、オンライン・インデックスを削除または圧縮することができます。

次のセクションでは、オンライン・インデックスの削除および圧縮に使用できる方法を簡単に説明します。

以下の方法を使用して、バックアップのオンライン・インデックスを削除できます。

[オフライン・インデックス期間指定]オプションをバックアップ詳細設定セットで設定すると、指定期間後にオンライン・インデックスは自動的に削除されます。詳細は、「バックアップ・リタイア・オプションの設定」を参照してください。
[インデックス・オフライン前の非アクティブ日数]設定を使用して、指定した期間非アクティブであった場合にオンライン・インデックスを削除するグローバル・ポリシーを設定できます。詳細は、「バックアップ・インデックスのメディア・マネージャの設定」を参照してください。
[バックアップ・インデックスの管理]ページから、1つまたは複数のバックアップのオンライン・インデックスを手動で削除できます。詳細は、「オンライン・インデックスの手動削除」を参照してください。

セーブセットのインデックスは、必要に応じてバックアップ・メディアからロードできます。

バックアップのリタイア時には、NetVault Backupにより、そのバックアップに関するすべての情報がNetVaultデータベースから削除されます。リタイアされたセーブセットのインデックスを取得するためにメディアをスキャンすると、NetVaultデータベースに新しいインデックスとしてロードされます。オンライン・インデックスを削除しても、NetVault Backupにはセーブセットに関する情報の一部が保持されます。この情報により、NetVault Backupでは、バックアップ・メディアからセーブセット・インデックスをすばやく再ロードできます。

オンライン・インデックスは、30日間非アクティブ状態になった場合、自動的に圧縮されます。このポリシーをカスタマイズするために、[インデックス圧縮前の非アクティブ日数]設定を変更できます。詳細は、「バックアップ・インデックスのメディア・マネージャの設定」を参照してください。

また、[バックアップ・インデックスの管理]ページから、1つまたは複数のバックアップのオンライン・インデックスを手動で圧縮できます。詳細は、「オンライン・インデックスの手動圧縮」を参照してください。

Related Documents