Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

バックアップ・リタイア・オプションの設定

1
[詳細設定]ページで、[バックアップ寿命]をクリックして、以下の設定を行います。

アーカイブ

アーカイブを作成する場合、このオプションを選択します。

アーカイブは増分または差分バックアップのベースとして使用できません。データのアーカイブ時は、常にフル・バックアップ・タイプを選択する必要があります。増分または差分バックアップ・タイプを選択した場合、リストア・ジョブは失敗します。

バックアップ

このオプションはデフォルトで選択されています。バックアップを作成する場合、このオプションを使用します。

バックアップ寿命

このオプションは、バックアップの保持期間を指定します。

バックアップは無期限に保持することもできますし、指定された期間が経過したらリタイアさせることもできます。NetVault Backupは、バックアップに対して世代ベースおよび時間ベースのリタイア方式をサポートしています。バックアップ・リタイア方式についての詳細は、「バックアップのリタイア」を参照してください。

リタイア・オプションは、バックアップ詳細設定セットで指定できます。または、[有効期限の変更]を使用して、既存のセーブセットの有効期限や世代数を設定または変更することもできます。[有効期限の変更]についての詳細は、「セーブセット有効期限のオプション設定」を参照してください。

[バックアップ寿命]オプションを設定するには、以下の手順に従います。

バックアップ寿命 — フル・バックアップ回数に基づく:世代ベースのリタイアを設定するには、[フル・バックアップ回数の超過後に破棄]オプションを選択します。関連するリストで、保持するフル・バックアップの最大数を入力または選択します。
バックアップ寿命 — 時間に基づく:時間ベースのリタイアを設定するには、[期間指定]オプションを選択します。期間を入力または選択し、関連するリストで、[日][週][月][年]のいずれかのオプションを選択します。
デフォルトでは、[バックアップ寿命]オプションは[次の期間を経過したら廃棄]に設定されており、リタイア期間は3か月に設定されています。

 

強制終了:デフォルトでは、バックアップに依存関係のあるバックアップが含まれる場合、そのリタイアはすべての依存関係のあるバックアップがリタイアする準備が整うまで延期されます。
このルールをすべてのバックアップにグローバルに適用するために、メディア・マネージャの設定を変更できます。詳細は、「依存関係にあるバックアップのリタイア・ルールの設定」を参照してください。[破棄のタイミングの管理]オプションが[Force Always]に設定されている場合は、このチェック・ボックスの状態に関係なく、[強制終了]オプションが使用されます。
バックアップを無期限に保持する:バックアップを無期限に保持するには、[フル・バックアップ回数に基づいて破棄しない]および[時間に基づいて破棄しない]オプションを選択します。

 

メモ: [フル・バックアップ回数の超過後に破棄]オプションと[次の期間を経過したら廃棄]オプションを両方ともフル・バックアップに設定すると、バックアップは、両方の条件が満たされたときに限りリタイアされます。たとえば、[フル・バックアップ回数の超過後に破棄]オプションをフル・バックアップ4回に、[次の期間を経過したら廃棄]オプションを30日に設定すると、フル・バックアップが5回行われて、なおかつ30日が経過してからバックアップはリタイアされます。

オフライン・インデックス期間指定

オンライン・バックアップ・インデックスにより、メディアをロードすることなく迅速にセーブセットのコンテンツをスキャンすることができます。ただし、これらのインデックスにより、NetVaultデータベース全体のサイズは拡大することがあります。データベースのサイズを管理するには、オンライン・インデックスを削除できます。

次のようにさまざまな方法を使用して、オンライン・インデックスを削除できます。

[オフライン・インデックス期間指定]オプションをバックアップ詳細設定セットで設定すると、指定期間後にオンライン・インデックスは自動的に削除されます。この方法については、このセクションで説明します。
[インデックス・オフライン前の非アクティブ日数]設定を使用して、指定した期間非アクティブであった場合にオンライン・インデックスを削除するグローバル・ポリシーを設定できます。詳細は、「バックアップ・インデックスのメディア・マネージャの設定」を参照してください。
[バックアップ・インデックスの管理]ページで1つまたは複数のバックアップのオンライン・インデックスを手動で削除できます。詳細は、「オンライン・インデックスの手動削除」を参照してください。

インデックス保持期間をバックアップ詳細設定セットで指定するには、[オフライン・インデックス期間指定]オプションを選択します。インデックスを保持する期間を入力または選択し、関連するリストで[日][週][月]、または[年]オプションを選択します。

詳細設定の指定

1
[詳細設定]ページで、[詳細設定]をクリックして、以下の設定を行います。

暗号化の有効化

NetVault Backupには、2つの暗号化プラグインが用意されています。

NetVault Backup Plug-in for Standard Encryption(Plug-in for Standard Encryption
NetVault Backup Plug-in for Advanced Encryption(Plug-in for Advanced Encryption

これらのプラグインは、規制当局のバックアップ・セキュリティ要件を満たすために、CAST-128、AES-256、およびCAST-256アルゴリズムをサポートしています。これらのプラグインについての詳細は、『Quest NetVault Backup Plug-in for Standard Encryptionユーザーズ・ガイド』または『Quest NetVault Backup Plug-in for Advanecd Encryptionユーザーズ・ガイド』を参照してください。

クライアントにPlug-in for Standard EncryptionまたはPlug-in for Advanced Encryptionをインストールすると、以下のような作業を行えます。

ジョブ・レベルの暗号化オプションは、以下のような場合に便利です。

プライマリ・バックアップでジョブ・レベルの暗号化を実行するには、[暗号化の有効化]チェック・ボックスを選択します。セカンダリ・コピーでジョブ・レベルの暗号化を使用する方法についての詳細は、「セカンダリ・コピーのみ暗号化」を参照してください。

重複排除機能を有効化

デフォルトでは、重複排除機能が有効になっています。ターゲット・デバイスがデータの重複排除をサポートしていない場合は、このチェック・ボックスの選択を解除します。

重複排除をサポートしているデバイスへのバックアップの実行時に、以下のジョブに対してはこのチェック・ボックスの選択を解除することをお勧めします。

Plug-in for Consolidationを使って統合する増分バックアップ。このオプションを選択しないことで、統合プロセス時に重複排除された増分バックアップを元に戻すという不要なオーバーヘッドが発生するのを防ぐことができます。コンソリデート・フル・バックアップ時に重複排除処理を有効にすることができます。

バックアップ後の検証

メディアに書き込まれたストリーム長を検証し、バックアップ中にブロックが破棄されていないことを確認する場合に、このチェック・ボックスを選択します。

バックアップの検証は、実際のバックアップ完了後、フェーズ2ジョブとして実行されます。破棄されたブロックが検出された場合、検証フェーズでエラーが報告され、処理が失敗します。検証フェーズが失敗した場合、再びバックアップを実行する必要があります。

デフォルトの設定では、検証ジョブはNetVault Backupサーバーで実行されます。検証フェーズを実行するように別のクライアントを設定する方法についての詳細は、「検証プラグインのデフォルトの設定」を参照してください。

ネットワーク圧縮の使用

ネットワーク経由のデータ伝送時にネットワーク圧縮を使用する場合、このチェック・ボックスを選択します。

データはまずバックアップ・クライアント上で圧縮され、その後ネットワークに転送されます。ターゲット・デバイスが接続されているマシンでは、データが解凍された後に、メディアに書き込まれます。

ネットワーク圧縮は次のタイプのジョブでは機能しません。

NetVault Backup Plug-in for NDMP、NetVault Backup Plug-in for NetWare、およびNetVault Bare Metal Recovery製品を使ったバックアップ

セーブセット項目をリストア検索カタログに追加しない

選択したセーブセットのバックアップをカタログ化から除外するには、このチェック・ボックスを選択します。

セーブセットのカタログ化ステータス([はい]または[いいえ])を調べるには、[リストア・ジョブ作成 - セーブセットの選択]ページの[カタログ化]列を確認します。

セカンダリ・コピーの作成

1
[詳細設定]ページで、[セカンダリ・コピー]をクリックします。
2
[セカンダリ・コピーの作成]チェック・ボックスをクリックして、以下の項目を設定します。

コピー・オプション選択

セカンダリ・コピーの作成に使用する方法を選択します。利用可能な方法を以下に示します。

これらの方法についての詳細は、「セカンダリ・コピー」を参照してください。

メモ: NetVault Backup Server 10.0.5以降では、Plug-in for Data Copyでインデックス・バージョン4を作成します。これは、以前のNetVault Backupと互換性がありません。NetVault Backup 10.0.1またはそれ以前のバージョンを実行するクライアントは、このインデックス・ファイルを読み込めません。NetVault Backup Server 10.0.5以降で生成されたデータ・コピー・セーブセットをリストアするには、クライアントでNetVault Backup 10.0.5以降の実行が必要です。

コピー・ジョブ実行先

デフォルトでは、セカンダリ・コピー・ジョブはNetVault Backupサーバーで実行されます。特定のクライアント上でジョブを実行させるには、ターゲット・クライアントをクリックします。

このオプションは、ローカルに接続された物理または仮想テープ・デバイスのあるクライアントでバックアップを実行する場合に使用することができます。

重要: [[パフォーマンスを向上させるため、データ・コピー操作を実行するには、テナントがMSPに提供されるクライアント・マシンを選択することを推奨します。

スケジュール・セット使用

既存のスケジュール・セットを選択するか、または[新規作成]をクリックして、スケジュール・タイプとスケジュール方式を設定します。詳細は、「スケジュール・セットの作成」を参照してください。

メモ: [繰り返し][トリガ]のスケジュール・タイプを使用してセカンダリ・コピー・ジョブを実行することはできません。セカンダリ・コピー・ジョブを実行できるのは、フェーズ1ジョブが正常に完了した後のみです。[繰り返し][トリガ]のスケジュール・タイプにより、ソース・セーブセットが使用可能になる前に開始するようにセカンダリ・コピー・ジョブが設定されるという状況になることがあります。

ターゲット・セット使用

既存のターゲット・セットを選択するか、または[新規作成]をクリックして、ジョブのターゲット・デバイスとメディア・オプションを設定します。詳細は、「ターゲット・セットの作成」を参照してください。

ソース・セット使用

既存のソース・セットを選択するか、[新規作成]をクリックして、ジョブのソース・デバイス・オプションを設定します。詳細は、「バックアップ・ジョブのソース・セットの作成」を参照してください。

データ・コピーの最大ストリーム数

データ・コピー・ジョブで生成できる最大同時ストリーム数を入力または選択します。デフォルトでは、単一のデータ・ストリームが生成されて、データ・アイテムが順番にコピーされます。

メディア要求タイムアウト

NetVault Backupがバックアップ・メディアを待機する時間を入力または選択します。このタイムアウト値は、分単位で指定します。デフォルト値は、10分間です。

指定した期間内に必要なメディア・アイテムが利用できなかった場合、ジョブは自動的に中止されます。

この値をゼロ(0)に設定すると、メディアが指定されるか、ジョブが手動で中止されるまで、セカンダリ・コピー・ジョブは無期限に待機します。

設定可能な最大のタイムアウト期間は1440分(24時間)です。この設定により、NetVault Backupで日次ジョブの次のインスタンスが実行される前に、現在のインスタンスが中止されます。

メモ: (Plug-in for Data Copyを使用して作成した)フェーズ1のデータ・コピー・ジョブのメディア要求タイムアウトは、ターゲット・セットの[メディア要求タイムアウト]設定ではなく、バックアップ・オプション・セットの[メディア要求タイムアウト]設定で制御されます。フェーズ2(セカンダリ・コピー)データ・コピーおよび複製ジョブのメディア要求タイムアウトは、バックアップ詳細設定セットで指定された[メディア要求タイムアウト]によって管理されます。

セカンダリ・コピーのみ暗号化

セカンダリ・コピーでジョブ・レベルの暗号化を実行するには、[暗号化の有効化]チェック・ボックスを選択します。

このオプションは、[データ・コピー]を選択した場合にのみ利用できます。このオプションを使用するには、クライアントへのPlug-in for Standard EncryptionまたはPlug-in for Advanced Encryptionのインストールが必要です。

以下の点に注意します。

プライマリ・コピーが暗号化されている場合、データ・コピー方式では、[セカンダリ・コピーのみ暗号化]チェック・ボックスが選択されているかどうかに関係なく、暗号化されたセーブセットが自動的に作成されます。したがって、このオプションが役立つのは、暗号化されていないプライマリ・コピーを暗号化してセカンダリ・コピーを作成するときだけです。
データ・コピーで[セカンダリ・コピーのみ暗号化]チェック・ボックスを選択した場合、暗号化されたプライマリ・バックアップは再暗号化されません。

プライマリ・バックアップでジョブ・レベルの暗号化を使用する方法についての詳細は、「暗号化の有効化」を参照してください。

移動(オリジナル・バックアップの破棄)

コピーを作成する代わりにバックアップを移動するには、このチェック・ボックスを選択します。データをコピーした後で、NetVault Backupがオリジナルのバックアップのインデックスを削除します。

メモ: Plug-in for FileSystemバックアップのコピーを作成する際には、関連付けられた増分または差分バックアップのないフル・バックアップについてのみ[移動]オプションを選択できます。増分または差分バックアップに関係があるフル・バックアップに対してこのオプションを選択すると、NetVault Backupがセカンダリ・コピーを正常に作成しますが、プライマリまたはオリジナル・バックアップのインデックスは削除されません。そのようなバックアップについては、コピーの作成後に、手動でプライマリまたはオリジナルのバックアップをリタイアする必要があります。

ストリームにメディア共有を許可

このチェック・ボックスはデフォルトで選択されていません。このオプションは、[バックアップの複製]と併用できます。

マルチストリーム・バックアップの複製を作製するときは、このオプションを使用して、複数のデータ・ストリームを順次データ・ストリームに変換できます。このチェック・ボックスを選択しない場合は、各ストリームが別々に書き込まれます。

ディスクベースのデバイスを使用して複製バックアップをリストアする場合は、マルチストリームが適しています。その場合、このチェック・ボックスを選択する必要はありません。

テープ・デバイスの場合に[ストリームにメディア共有を許可]チェック・ボックスを選択しないと、各データ・ストリームは、別々のメディアをターゲットにします。ストリームの書き込みに使用されたテープは、利用可能なメディアから除外されます。テープに十分な容量が残っていないと、ジョブが失敗します。複製バックアップのリストアにテープ・デバイスを使用する場合に、このチェック・ボックスを選択すると、使用するメディアを最小限にすることができます。

この機能をサポートするデバイス間で最適レプリケーションを使用

最適レプリケーション機能により、データ・コピーまたは複製操作時に、同じタイプのあるデバイスから別のデバイスに、重複排除されたデータを直接転送することができます。これによりセカンダリ・コピーを効率的に作成することができます。また、以下の利点があります。

以下のストレージ・デバイスが、最適レプリケーションをサポートしています。

Quest DR Seriesシステム:最適化したレプリケーションを実施するには、ソースおよびターゲットのQuest DR Seriesシステムの両方で、同じリリース・バージョンのDR OSが稼働している必要があります。異なるリリースのOSが稼働しているシステム間でのレプリケーションはサポートされていません。
NetVault SmartDiskデバイス:レプリケーションの最適化を実行するには、NetVault SmartDisk 2.0以降が必要です。
DD Boost対応Data Domainシステム:2つのDD Boost対応Data Domainシステム間でのセカンダリ・コピー・バックアップで、DD Boostが提供する管理ファイル・レベルの複製機能を使用します。

ターゲット・メディア取得前にソース・メディアを選択

このチェック・ボックスを選択すると、NetVault Backupは、データ・コピーおよび複製バックアップ用にターゲット・メディアの取得を試行する前にソース・メディアを取得しようとします。

オリジナルの寿命を使用

このオプションはデフォルトで選択されています。オリジナルのセーブセットのリタイア期間を使用する場合は、このオプションを選択したままにします。

次の期間を経過したら廃棄

複製セーブセットまたはデータ・コピー・セーブセットに異なるリタイア期間を設定するには、このオプションを選択します。

バックアップを保持する期間を入力または選択し、関連するリストで[日][週][月]、または[年]オプションを選択します。コピーについては、時間ベースのリタイア期間だけを設定できます。

強制終了

このチェック・ボックスは、[次の期間を経過したら廃棄]オプションを選択すると表示されます。

デフォルトでは、セカンダリ・コピーに依存関係にあるバックアップが含まれる場合、そのリタイアはすべての依存関係にあるバックアップがリタイアする準備が整うまで延期されます。

このチェック・ボックスを選択すると、そのリタイア・スケジュールに従ってセカンダリ・コピーをリタイアすることができます。この動作を強制すると、依存関係のある増分および差分バックアップが早期にリタイアする場合があります。

このルールをすべてのバックアップにグローバルに適用するために、メディア・マネージャの設定を変更できます。詳細は、「依存関係にあるバックアップのリタイア・ルールの設定」を参照してください。[破棄のタイミングの管理]オプションが[Force Always]に設定されている場合は、このチェック・ボックスの状態に関係なく、[強制終了]オプションが使用されます。

バックアップ・ジョブ用プレ・スクリプトおよびポスト・スクリプトのオプションの設定

プレ・スクリプトとポスト・スクリプト・オプションを使って、ジョブの開始前またはジョブの完了後に、ユーザーが定義したスクリプトを実行することができます。これらのスクリプトは、ジョブ開始前のデータベースのマウント解除やシャット・ダウン、またはジョブ完了後のデータベースのマウントまたは起動などの、タスクの実行に使用することができます。

プレ・スクリプトまたはポスト・スクリプトを設定する前に、以下の情報を確認してください。

スクリプトは、たとえばWindowsの.batやLinuxの.shなど、任意の実行ファイルである必要があります。
プレ・スクリプトとポスト・スクリプトにはランタイム・パラメータを含めることができます。これらのパラメータは、環境変数NV_USER_ARGに保存されます。スクリプトでは、他のNetVault Backup環境変数も使用することができます。利用できる環境変数のリストについては、「NetVault Backupの環境変数」を参照してください。
psmail:このスクリプトを使用して、指定したメール・アドレスにジョブ完了ステータスを送信します。
psmail_logs:このスクリプトを使用して、指定したメール・アドレスにジョブ完了ステータスとジョブのログを送信します。
これらのスクリプトを実行するには、[ポストスクリプト]ボックスで以下の設定値を指定します。
LinuxおよびUNIX:psmailまたはpsmail_logs
Windowspsmail.batまたはpsmail_logs.bat
1
ターゲット・クライアントの[詳細設定]ページで、[プレ & ポストスクリプト]をクリックして、以下の設定を行います。

プレスクリプト

ジョブの開始前にユーザー定義のスクリプトを実行することができます。このスクリプトを使って、データベースのマウント解除やシャットダウンなど、バックアップの前処理を実施することができます。

プレ・スクリプトを実行するには、以下の手順に従います。

[プレスクリプト]ボックスに、スクリプト・ファイル名を指定します。
[ユーザー・パラメータ]ボックスに、ランタイム・パラメータの値を指定します。値は有効でなければならず、スクリプト内の使用方法に準拠している必要があります。NetVault Backupは、このユーザー・パラメータについて有効性チェックを行いません。

ポストスクリプト

ジョブの完了後にユーザー定義のスクリプトを実行することができます。このスクリプトを使って、ジョブ完了後のデータベースのマウントや開始など、バックアップの後処理を実施することができます。

ポスト・スクリプトを実行するには、以下の手順に従います。

[ポストスクリプト]ボックスで、スクリプト・ファイル名を指定します。
[ユーザー・パラメータ]ボックスに、ランタイム・パラメータの値を指定します。値は有効でなければならず、スクリプト内の使用方法に準拠している必要があります。NetVault Backupは、このユーザー・パラメータについて有効性チェックを行いません。

プレスクリプト

成功

成功

成功

失敗

失敗

バックアップ・ジョブ

成功

成功

失敗

実行されません

実行されません

ポストスクリプト

成功

失敗

成功

成功

失敗

総合的なジョブ・ステータス

ジョブは正常に終了します。

ジョブは終了しましたが、ポスト・スクリプト・エラーがあります。

ジョブは失敗しましたが、ポスト・スクリプトは実行されました。エラーが報告されます。

ジョブは失敗し、プレ・スクリプト・エラーが報告されました。

ジョブは失敗し、プレ・スクリプトおよびポスト・スクリプト・エラーが報告されました。

Related Documents