Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

NetVault Backupセットについて

NetVault Backupセットは、バックアップおよびリストア・ジョブの作成に使用されます。

セットを使用すると、データの選択内容、バックアップおよびリストア・オプション、スケジュール・オプション、デバイスおよびメディア・オプション、および他の詳細なバックアップ・オプションとリストア・オプションを保管できます。セットでは、データ・アイテムを手動で選択したり、バックアップ・オプションとリストア・オプションをジョブごとに設定したりする手間が省け、同じデータ選択とオプションを複数のジョブに迅速かつ簡単に適用できます。

たとえば、バックアップ・セレクション・セットにデータ選択項目を保存し、このセットをフル、増分、差分バックアップ・ジョブの作成に使用すると、同じデータ・セットをすべてのジョブに使用できます。また、スケジュール・セットの曜日、日付、または時刻を変更して、自動的に複数のジョブのジョブ・スケジュールを変更することや、ターゲット・セットを変更することにより、バックアップ用の新規デバイスを指定することができます。

NetVault Backupで使用できるセットの種類を以下の表に示します。

バックアップ・セレクション・セット

このセットは、バックアップ・ジョブのデータ選択を指定するために使用されます。選択できるデータ・アイテムは、使用しているプラグインによって異なります。

これらのセットについての詳細は、該当するプラグインのユーザーズ・ガイドを参照してください。

プラグイン・オプション・セット

このセットは、バックアップ方法、バックアップの種類、その他のバックアップ・オプションを指定するために使用します。

ジョブで使用可能なバックアップ・オプションは、使用しているプラグインによって異なります。これらのセットについての詳細は、該当するプラグインのユーザーズ・ガイドを参照してください。

スケジュール・セット

このセットは、バックアップおよびリストア・ジョブのスケジュール・オプションを指定するために使用されます。これらのオプションでは、ジョブの実行時期と、ジョブの実行間隔を定義します。

NetVault Backupには、以下の事前定義されたスケジュール・セットが含まれています。

ソース・セット

このセットは、ソース・デバイス・オプションを指定するために使用します。

以下のジョブに対しては、ソース・セットが必要です。

Plug-in for Consolidationジョブ
Plug-in for Data Copyジョブ

NetVault Backupには、以下の事前定義されたソース・セットが含まれます。

ターゲット・セット

このセットは、バックアップ・ジョブのターゲット・デバイスおよびメディア・オプションを指定するために使用されます。

NetVault Backupには、以下の事前定義されたターゲット・セットが含まれています。

バックアップ詳細設定セット

このセットを使用して、バックアップ・リタイア設定、セカンダリ・コピーのジョブ定義、ユーザー定義イベント、その他の詳細オプションを指定します。

NetVault Backupには、以下の事前定義された詳細設定セットが含まれています。

リストア・セレクション・セット

このセットは、リストア・ジョブのデータ選択を指定するために使用されます。

選択できるデータ・アイテムは、使用しているプラグインによって異なります。詳細は、該当するプラグインのユーザーズ・ガイドを参照してください。

リストア詳細設定セット

このセットを使用して、リストアのタイプ、ユーザー定義イベント、その他の詳細リストア・オプションを指定します。

NetVault Backupは、以下の事前定義されたリストア詳細設定セットを提供しています。

バックアップおよびリカバリ戦略

データのバックアップの主な目的は、データ消失による損害から迅速にリカバリして、通常の運用を再開させることです。そのためには、データの可用性を最大化し、データの消失とダウンタイムを最低限に抑えながら、コスト、リソース、および他の要因とビジネス要件とのバランスを保てる、優れたバックアップ戦略が必要になります。

良好なバックアップ計画を作成するには、ハードウェア障害、データ損傷、人為的なミス、またはデータセンターの消失などの、可能性がある障害を検討して、そのような状況から回復するための、適切なバックアップ手段と機能を採用する必要があります。

一般的にバックアップ計画には、使用するバックアップ手段、バックアップの実行時期と間隔、バックアップの保管方法、バックアップの保持期間、バックアップ・メディアの再利用方法を定義する必要があります。

バックアップ・ジョブ作成

MSP管理者、テナント管理者、およびテナント・ユーザーは、許可されたクライアントのバックアップ・ジョブを作成して送信することができます。このウィザードには、[ナビゲーション]パネルの[ガイド付き設定]または[バックアップ・ジョブ作成]リンクからアクセスできます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[バックアップ・ジョブ作成]をクリックします。
[ナビゲーション]パネルで、[ガイド付き設定]をクリックして、次に[NetVault設定ウィザード]ページで[バックアップ・ジョブ作成]をクリックします。
2
[ジョブ名]に、ジョブの名前を入力します。ジョブの進行やデータのリストア状態を監視する際に識別しやすい、分かりやすい名前を割り当てます。
3
[セレクション]リストで、既存のバックアップ・セレクション・セットを選択するか、または[新規作成]をクリックして、バックアップするアイテムを選択します。
4
[プラグイン・オプション]リストで、既存のバックアップ・オプション・セットを選択するか、または[新規作成]をクリックして、使用するオプションを設定します。
5
[スケジュール]リストで、既存のスケジュール・セットを選択するか、または[新規作成]をクリックして、スケジュール・タイプとスケジュール方式を設定します。詳細は、「スケジュール・セットの作成」を参照してください。
デフォルトでは事前定義されたセット「即時」が選択されています。ジョブを即時実行する場合は、このセットを使用します。
6
Plug-in for ConsolidationおよびPlug-in for Data Copyジョブを作成する場合は、[ソース・ストレージ]リストが表示されます。
[ソース・ストレージ]リストで、既存のソース・セットを選択するか、[新規作成]をクリックして、ジョブのソース・デバイス・オプションを設定します。詳細は、「バックアップ・ジョブのソース・セットの作成」を参照してください。
デフォルトでは事前定義されたセット「任意のデバイス」が選択されています。
7
[ターゲット・ストレージ]リストで、既存のターゲット・セットを選択するか、または[新規作成]をクリックして、ジョブのターゲット・デバイスとメディア・オプションを設定します。詳細は、「ターゲット・セットの作成」を参照してください。
デフォルトでは、事前定義されたセット「デフォルトのバックアップ・ターゲット・オプション」が選択されています。
8
[詳細設定]リストで、既存の詳細設定セットを選択するか、または[新規作成]をクリックして、使用するオプションを設定します。詳細は、「バックアップ詳細設定セットの作成」を参照してください。
デフォルトでは事前定義されたセット「デフォルトのバックアップ・ターゲット・オプション」が選択されています。
ジョブをスケジュールする:ジョブ実行をスケジュールするには、[保存 & 実行]をクリックします。
[ジョブ・ステータス]ページではジョブの進捗をモニタしたり、[ログ]ページではログを参照表示することができます。詳細は、「ジョブ・アクティビティの表示」および「ログ・メッセージの参照」を参照してください。
ジョブをスケジューリングせずに定義を保存:スケジュールしないでジョブ定義を保存するには、[保存]をクリックします。
このジョブは、[ジョブ定義管理]ページから、表示、編集、または実行することができます。詳細は、「ジョブ定義管理」を参照してください。実行しない限り、[ジョブ・ステータス]ページにこのジョブは表示されません。

スケジュール・セットの作成

スケジュール・セットは、バックアップおよびリストア・ジョブのスケジュール・オプションを指定するために使用します。これらのオプションでは、ジョブの実行時期と、ジョブの実行間隔を定義します。スケジュール・セットは、[バックアップ・ジョブ作成]ページと[リストア・ジョブ作成]ページから作成できます。

1
ジョブ設定ウィザードを開始して、[セレクション]リストの隣りにある[新規作成]をクリックします。
2
[スケジュール・セットの作成]ページで、次のオプションを設定します。

即時

ジョブを即時実行する場合は、このオプションを選択します。

1 回のみ

ジョブを指定日に1回実行するには、このオプションを選択して、次の各オプションを設定します。

開始時刻:ジョブの開始時刻を入力または選択します。
開始:スケジュールが有効になる日付を入力または選択します。
スケジュール方法:スケジュール方法と必要なオプションを設定します。利用可能な方法を以下に示します。[特定日]、[特定曜日]、[特定日付]、および[指定日]です。詳細は、「スケジュール方法と繰り返さないジョブ用のオプション」を参照してください。

繰り返し

定期的に実行される繰り返しのジョブ・スケジュールを作成する場合は、このオプションを選択して、次の各オプションを設定します。

開始時刻:ジョブの開始時刻を入力または選択します。
開始:スケジュールが有効になる日付を入力または選択します。
スケジュール方法:スケジュール方法と必要なオプションを設定します。利用可能な方法を以下に示します。[毎日]、[特定曜日]、[特定日付]、および[毎]です。詳細は、「スケジュール方法と繰り返すジョブ用のオプション」を参照してください。

[繰り返し]スケジュール・タイプを使用してセカンダリ・コピー・ジョブを実行することはできません。

トリガ

外部スクリプトからジョブをスケジュールする場合に、このオプションを選択します。

このオプションのもっとも一般的な使用方法は、サードパーティ製スケジューラやオートメーション・インターフェイスなど、NetVault Backupスケジューラとは独立してジョブを実行することです。

トリガ・ジョブをスケジュールするためには、以下の手順に従います。

nvtriggerユーティリティは、NetVault Backupインストール・ディレクトリのbinディレクトリに保存されています。path変数でこのパスが設定されていない場合は、完全なファイル・パスを指定します。または、スクリプト内に適切なディレクトリに変更するコマンドを指定します。

 

スケジュール・セットを作成する際には、[トリガ]オプションを選択します。[トリガ名]ボックスには、外部スクリプト・ファイルのnvtriggerコマンドで指定したのと同じトリガ名を入力します。
メモ: [トリガ]スケジュール・タイプを使用してセカンダリ・コピー・ジョブを実行することはできません。
3
[ジョブ・オプション]で、以下の設定を行います。

ジョブのリトライ

この設定は、ジョブ失敗後の、ジョブの自動再スケジュールに用いられます。

ジョブのリトライ・スケジュールを設定するには、以下の手順に従います。

[ジョブ・リトライ]チェック・ボックスを選択し、値ボックスに1~10の値を入力または選択します。1ジョブに対して最大10回のリトライ回数を設定することができます。
[リトライ間隔]ボックスで、2回の試行間の間隔を入力または選択します。デフォルトで、ジョブは失敗後即座に実行されるようにスケジュールされています。

ジョブ優先順位

スケジュール・マネージャがデフォルトの優先順位を各ジョブ・タイプ(バックアップ、リストア、およびレポート)に割り当てます。これらのデフォルト設定は、バックアップ、リストア、およびレポートのすべてのジョブにグローバルに適用されます。この優先順位設定は、2つ以上のジョブが同時に実行するようにスケジュールされているときの、リソース割当の優先順位付けに用いられます。

デフォルトでは、スケジュール・マネージャによって次の優先度レベルが割り当てられます。

個別のジョブのグローバルな優先順位設定に優先する設定を行うには、スケジュール・セット内に[ジョブ優先順位]オプションを設定します。

[ジョブ優先順位]に、1~100の値を入力または選択します。「1」は最高優先度を、「100」は最低優先度を表しています。優先度レベル0のジョブは、バックグラウンド・タスクとして実行されます。

すべてのジョブの優先度レベル設定をグローバルに変更する方法についての詳細は、「デフォルトのジョブ優先順位の設定」を参照してください。

4
[保存]をクリックして、[新規セットの作成]ダイアログ・ボックスにセットの名前を入力します。
[保存]をクリックして、スケジュール・セットを保存します。
Related Documents