Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

セーブセットとバックアップ・ジョブの移行

詳細は、「Quest DR Seriesシステム」または「Quest QoreStor」を参照してください。
a
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
b
[デバイス管理]ページで、NetVault SmartDiskデバイスとQoreStorデバイスのステータスを確認します。
a
[ナビゲーション]パネルで、[ストレージの調査]をクリックします。
b
[ストレージの調査]ページで、[ディスク・ストレージの調査]をクリックします。
c
[ディスク・ストレージの調査]ページで、リポジトリ・テーブルで該当するデバイスを選択し、[リポジトリ調査]をクリックします。
d
[ディスク・ストレージ・リポジトリの調査]ページで、[セーブセット・テーブル]に記載されている情報を確認します。
e
ダイアログ・ボックスを閉じるには、[閉じる]をクリックします。
5
NetVault SmartDiskデバイスのデバイス管理アイコンをクリックします。
6
[RASデバイス管理]ページで、[移行の開始]をクリックします。
7
[ターゲット・デバイスの選択]ダイアログ・ボックスで、NetVault SmartDiskのセーブセットの移行先にするQoreStorデバイスを選択します。
9
移行の進捗状況を監視するには、[ログの確認]をクリックします。

[ログ参照]ページにすべてのNetVault Backupログが表示されます。NetVault SmartDiskのみを表示するには、テキスト・ボックスにNVSDと入力します。プロセスは移行されたセーブセットの割合で表示されます。

EMC Data Domainシステム

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

EMC Data Domainシステムについて

EMC Data Domainシステムは、ストレージ要件を10~30倍も減らすインライン重複排除機能を持つ、ディスク・ベースのストレージを提供しています。

NetVault Backupは、EMC DD Boostソフトウェアを使ったData Domainシステムのシームレスな統合手段を提供しており、バックアップ・ウィンドウを最小限に抑えて最適化されたディスク・ベースのバックアップを実行しながら、ストレージ/ネットワーク帯域幅の要件を減らすことができます。

DD Boostソフトウェアには、2つのコンポーネントが含まれています。

DD Boostライブラリ:このコンポーネントはNetVault Backupサーバー上で動作し、Data Domainシステム上で動作するDD Boostサーバーと通信するためのインターフェイスを提供しています。
DD Boostサーバー:このコンポーネントはData Domainシステム上で動作します。

DD Boostは、以下の機能を提供しています。

分散セグメント処理:DD Boostは、バックアップ・クライアントまたはバックアップ・サーバーの重複排除処理の一部の負荷を軽減し、このクライアントまたはサーバーは一意のデータ・セグメントのみをData Domainシステムに送信することができます。
高度な負荷分散とリンク・フェイルオーバー:この機能により、複数のEthernetリンクを単一のグループにまとめ、バックアップ・アプリケーションに単一のインターフェイスを登録することができます。Data Domainシステムは、複数インターフェイス上のバックアップ/リストア・ジョブの負荷を自動的に分散し、グループ内のいずれかのインターフェイスが停止した場合には、利用可能な他のインターフェイスにジョブを割り当てます。
ファイルのレプリケーション:ファイル・レベルのレプリケーションにより、複数のDD Boost対応Data Domainシステム間で重複排除されたデータを直接転送し、これにより、WANの必要帯域幅を最大99パーセント減らすことができます。Data Domainシステムは、バックアップ・サーバー上のリソースを何も使用せずに、複製コピーを作成および転送します。

Data Domainシステムの前提条件

NetVault BackupサーバーにData Domainシステムを追加する前に、以下の条件を満たしていることを確認します。

Data DomainシステムにDD Boostライセンスをインストールする:バックアップ/リストアにData Domainシステムを使用するには、必要なDD Boostライセンスをインストールして、Data DomainシステムでDD Boostを有効にする必要があります。
DD Boostユーザー・アカウントを作成する:バックアップおよびリストア目的でデバイスにログオンするために使用する、Data DomainシステムにDD Boostユーザー・アカウントを作成します。
必要なDD Boost機能の設定:Data Domainシステムで、使用する機能を設定します。DD Boost機能の有効化と設定についての詳細は、『DD OS Administration Guide』の「DD Boost」セクションを参照してください。
必要なファイアウォール・ポートを開く:DD Boostバックアップおよびレプリケーションをファイアウォールをまたいで実行するには、Data Domainシステムの以下のポートを開く必要があります。
WindowsにMicrosoft Visual C++ 2005 SP1再頒布可能パッケージをインストールする:WindowsベースのNetVault Backupサーバーに、Microsoft Visual C++ 2005 SP1再頒布可能パッケージをインストールします。この要件は、サポートしているすべてのWindowsプラットフォームに適用されます。Windows上にこのパッケージをインストールしないと、DD Boostライブラリのロードは失敗します。
ネットワーク・タイムアウトの設定:バックアップ/リストア・ジョブの完了までには、多くの場合長時間を要します。DD Boostライブラリは一時的なネットワーク中断から復帰することができますが、データ保護アプリケーションに設定されているタイムアウト値が小さすぎると、データ保護アプリケーション・システムのオペレーティング・システムが早期にジョブを中断してしまう可能性があります。これを防止するために、タイムアウトは、30分(1800秒)以上に設定することをお勧めします。
Related Documents