Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

クライアント詳細の表示

[クライアント管理]ページでは既存のクライアントをすべて参照できます。ページには、クライアント名、説明、ステータス、および製品バージョンが表示されます。クライアントの詳細情報を表示するには、クライアントを選択して、[管理]をクリックします。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
2
[クライアント管理]ページでは、サーバーに追加されているすべてのNetVault Backupクライアントを参照できます。ページには、仮想クライアントも表示されます。

[ステータス]:クライアントのタイプとクライアントが現在オンラインかオフラインかを示すステータス・アイコンが表示されます。
クライアント:クライアントに割り当てられているNetVault Backup名が表示されます。
バージョン:マシンにインストールされているNetVault Backupのバージョンが表示されます。
詳細:クライアントの詳細が表示されます。

クライアントが起動していて、動作しています。

クライアントはオンラインです。このクライアントは追加処理中か、追加後にそのクライアントのNetVault Backupパスワードが変更されていることを表します。

クライアントは使用できません。システムがオフラインか、またはNetVault Backupサービスが実行されていません。

クライアントのクラスタを構成する仮想クライアントを表します。仮想クライアントについての詳細は、「クライアント・クラスタの使用」を参照してください。

5
[NetVault Backupクライアント]テーブルで表示するクライアントを選択し、[管理]をクリックします。
6
[クライアント表示]ページでは、以下の詳細情報を参照できます。
クライアント・サマリ:クライアント・サマリ領域には以下の情報が表示されます。NetVault Backupマシン名、クライアントの説明、NetVault Backupのバージョン、マシンID、マシンのネットワーク名、IPアドレス、リリース情報、およびOSに関する情報。
サーバー・ライセンス表示:サーバー・ライセンスの機能を表示するには、このリンクをクリックします。クライアント、SmartClient、およびさまざまなタイプのデバイスのライセンス機能を参照できます。
ライセンス・キーの詳細:サーバーまたはクライアント、およびマシンにインストールされているライセンスされたプラグインのライセンス・キーの情報を表示するには、このリンクをクリックします。
インストール済みのプラグイン:[インストール済みソフトウェア]テーブルには、選択したクライアントにインストールされているプラグインが表示されます。表示される情報は、プラグイン名、バージョン番号、およびインストール日などです。

クライアントの詳細の設定

次の手順を使用して、クライアントの詳細を設定できます。クライアントの詳細を設定しておくと、クライアントの場所やマシンの役割をすぐに確認できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
2
[NetVault Backupクライアント]の表から適切なクライアントを選択して、[管理]をクリックします。
3
[クライアント表示]ページの[クライアント・サマリ]領域で、クライアントの詳細を参照できます。
クライアントの詳細を設定または変更するには、[編集]アイコンをクリックします。[詳細の編集]ダイアログ・ボックスで、クライアントの詳細を説明したテキストを入力します。

プラグインのインストール

NetVault Backupでは、サーバーおよびクライアント・マシンにインストールしてアプリケーション固有のデータを保護できるアドオン・プラグインが用意されています。設定ウィザードを使用すれば、複数のマシンにプラグインを同時にインストールできます。代わりに[クライアント管理]ページから単一のクライアントにプラグインをインストールすることもできます。

以下のセクションでは、NetVault Backupプラグインのインストールに使用できる各種手順について説明します。

プラグインのインストールに対するロールベースのアクセス

プッシュ・インストールを使用したインストール

X

 

 

クライアント管理ページからのインストール

X

X

 

Windowsベースのマシンでは、MSP管理者のみがプッシュ・インストール方式を使用して、プラグインを複数のマシンに同時にインストールできます。NetVault Backup WebUIからプッシュ・インストールを実行することができます。

プッシュ・インストール手順を開始する前に、以下の必要条件を満たしていることを確認します。

共有場所へのパッケージのコピー:クライアントとプラグイン・パッケージを共有場所にコピーします。現在、CIFS共有のみがパッケージ・ストアとしてサポートされています。NetVault Backupサーバーと、パッケージをインストールするすべてのターゲット・マシンがアクセス可能なパスである必要があります。
NetVault Backupでのパッケージ・ストアの設定:インストール・パッケージをコピーしたら、NetVault Backupで共有場所の詳細を設定できます。詳細は、「パッケージ・ストアの設定」を参照してください。
1
[ナビゲーション]パネルで、[ガイド付き設定]をクリックして、次に[NetVault設定ウィザード]ページで[ソフトウェアのインストール/クライアントの追加]をクリックします。
2
[ソフトウェアの選択/クライアントの追加]ページで[リモート・マシンにNetVaultソフトウェアをインストール]を選択します。
3
[パッケージ・ストア]リストで、展開するインストール・パッケージが含まれているリポジトリを選択します。
4
プラグイン・パッケージを追加するには、[NetVaultプラグイン・パッケージの追加]をクリックします。
[展開するパッケージの選択]ダイアログ・ボックスで、使用する「.npk」バイナリ・ファイルに対応するチェック・ボックスを選択し、[OK]をクリックします。
[次へ]をクリックします。
5
[NetVaultソフトウェアをインストールするマシン]ページで、[マシンを選択]をクリックし、[既存のNetVaultクライアントから]を選択します。
6
[NetVault マシンの詳細]タブで、追加するクライアントを選択し、[OK]をクリックします。
7
8
タスクを実行するには、[ソフトウェアのインストール/クライアントの追加]をクリックします。
[展開タスク・ステータス]ページからタスクの進行状況やステータスを監視できます。詳細は、「展開タスクの監視」を参照してください。

[クライアント管理]ページでは、単一のクライアントにプラグインをインストールできます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
2
[NetVault Backupクライアント]テーブルで、プラグインをインストールするクライアントを選択し、[管理]をクリックします。
4
[プラグイン・ファイルの選択]をクリックして、参照ウィンドウでプラグインの.npkインストール・ファイルの場所(インストール用CDまたはWebサイトからファイルをダウンロードして保存したディレクトリなど)に移動します。
5
プラグイン用のプラットフォーム固有のバイナリ・ファイルを選択し、[プラグインのインストール]をクリックしてインストールを開始します。
Related Documents