Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

テーブル固有のパージ・ポリシーの作成

デフォルトで、レポート・データベース・マネージャでは31日を超えたすべてのレコードが削除されます。個別のレポート・テープルのカスタム寿命またはサイズに基づくパージ・ポリシーを使って、この動作を上書きできます。

NetVault Backupは、レポート・テーブルのdriveevents、events、mediacapacities、mediarequests、mediatransfers、driveperformance、およびjobfiletalliesをサポートしています。これらのテーブルは、バックアップ、メディア使用量、ドライブ・アクティビティによって生成された統計データを保存するために使用されます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス][レポート]をクリックします。[レポート]ダイアログ・ボックスの[テーブル]で、以下の設定を行います。

グローバル・パージ・グループの一部をテーブルのデフォルトにします

デフォルトでは、グローバル・パージ・ポリシーはレポート・データベース内のすべてのテーブルに適用されます。テーブル固有のポリシーは、データベース・レベルでグローバル・ポリシーを無効にする場合のみ適用されます。

データベース・レベルでグローバル・パージ・ポリシーを無効にするには、このチェック・ボックスの選択を解除します。

テーブル<テーブル名>パージ方法

以下のオプションの1つを選択します。

[使用領域別]:領域の使用状況が指定したサイズ制限を超えたときにレコードを削除する場合に選択します。
[日付別]:指定した時間制限よりも古いレコードを削除する場合に選択します。
[グローバル・ポリシーを使用]:テーブルにグローバル・パージ・ポリシーを適用する場合に、このオプションを選択します。

テーブル<テーブル名>パージ適用容量

レポート・テーブルの最大ファイル・サイズを入力または選択します。ファイル・サイズはMB単位で指定します。デフォルト値は、10MBです。

テーブル<テーブル名>パージ適用期間

レポート・データベースに保管されているレコードの最大寿命を入力または選択します。レコード保存期間は日数で指定します。デフォルト値は、31日間です。

NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成

NetVault Backup WebUIの[デフォルトのテーブル・ページサイズ](グローバルのデフォルト値は自動)、[ナビゲーション]パネル(グローバルのデフォルト値は自動非表示)、[ページ/テーブル・アクション](グローバルのデフォルト値はボタン)、[時間形式](グローバルの時間形式は24時間)、[UIテーマ](グローバルのデフォルト値はライト)のデフォルト設定を構成することができます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス]で、[WebUIのデフォルト]をクリックします。[WebUIのデフォルト]ダイアログ・ボックスの[ナビゲーション・バー]で、以下の設定を行います。
自動非表示:デフォルトでは、[ナビゲーション]パネルは自動非表示に設定されています。NetVault Backup WebUIの[ナビゲーション]パネルの自動非表示設定を削除するには、このチェック・ボックスを選択解除します。
1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス]で、[WebUIのデフォルト]をクリックします。[WebUIのデフォルト]ダイアログ・ボックスの[ページ/テーブル・アクション]で、以下の設定を行います。
アクションの表示方法:デフォルトでは、アクションのオプションは、NetVault Backup WebUIページの下部にボタンとして表示されます。アクションのオプションをページ・レベルおよびテーブル・レベルのコンテキスト・メニューとして表示するには、[コンテキスト・メニュー]を選択します。
1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス]で、[WebUIのデフォルト]をクリックします。[WebUIのデフォルト]ダイアログ・ボックスの[UIテーマ]で、以下の設定を行います。
デフォルト・テーマ:デフォルトで、NetVault Backup WebUIのカラー・テーマは[ライト]に設定されています。デフォルトのカラー・テーマを変更するには、[ダーク]を選択します。
1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス]で、[WebUIのデフォルト]をクリックします。[WebUIのデフォルト]ダイアログ・ボックスの[デフォルト時間]で、以下の設定を行います。
時間形式:デフォルトで、NetVault Backup WebUIには24時間形式が設定されています。デフォルトの時間を変更するには、[12時間(AM/PM)]を選択します。
1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス]で、[WebUIのデフォルト]をクリックします。[WebUIのデフォルト]ダイアログ・ボックスの[デフォルトのテーブル・ページサイズ]で、以下の設定を行います。
テーブル・ページサイズ:デフォルトでは、テーブルのページ・サイズは、[自動]に設定されています。アプリケーション設定のページ・サイズは、次のオプションに変更することができます。また、ページ・サイズ数を手動で入力することもできます。
25:テーブルに表示するレコード数を25に設定します。
50:テーブルに表示するレコード数を50に設定します。
100:テーブルに表示するレコード数を100に設定します。
500:テーブルに表示するレコード数を500に設定します。
1000:テーブルに表示するレコード数を1000に設定します。

固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定

VSSベースのバックアップを実行する場合、NetVault BackupはVSSで指定したデフォルトVSSプロバイダを使用します。固有のVSSプロバイダを使用するために、vss.cfgファイルでプロバイダIDを設定できます。

1
VSSベースのバックアップを実行するNetVault Backupクライアントで、vss.cfgファイルを開きます。このファイルは、NetVault Backupインストール・ディレクトリの下にあるconfigサブディレクトリにあります。
vss.cfgファイルがサーバーまたはクライアント・マシン上に存在しない場合、そのファイルをconfigディレクトリに手動で作成します。
重要:  

Txtconfigを使用するデフォルトの設定

Txtconfigユーティリティは、サーバーおよびクライアント・マシンのさまざまな設定をカスタマイズするためのテキスト・ベースのユーザー・インターフェイスを提供します。このユーティリティはサポートされているすべてのオペレーティング・システム上で使用できます。Txtconfigユーティリティは、NetVault Backupインストール・ディレクトリのbinディレクトリに保存されています。

フランス語またはドイツ語バージョンのNetVault Backupを実行しているWindowsベースのマシンでTxtconfigを開始する前に、コマンド・プロンプト・ウィンドウでフォント・タイプとコード・ページを設定する必要があります。

フォント・タイプをLucida Consoleに設定:コマンド・プロンプト・ウィンドウを開きます。左上部の[コントロール・メニュー]アイコンをクリックするかまたはタイトル・バーを右クリックして、[プロパティ]を選択します。[プロパティ]ダイアログ・ボックスで、[フォント]タブをクリックし、[フォント]リストで[Lucida Console]を選択します。
コード・ページを1252に設定:Txtconfigを実行するコマンド・プロンプト・ウィンドウに次のコマンドを入力します。

これらの設定は、コマンド・プロンプト・ウィンドウにテキストを正確に表示する必要があります。

EnterまたはReturnキーを押します
3
Txtconfigユーティリティを起動すると、[マシン]ページが表示されます。このページでは、以下の詳細を表示できます。マシン名、マシンID、ネットワーク名、IPアドレス、NetVault Backupのバージョン、OSのバージョン、およびOSプラットフォーム。
4
メイン・メニューを表示するには、pを押します。メイン・メニュー・ページでは、以下のメニュー項目を使用できます。
Related Documents