Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

複数のクライアントの追加(Windowsのみ)

クライアントをWindowsベースNetVault Backupのサーバーに追加する場合、MSP管理者のみが以下の手順を使用して複数のMSPクライアントを同時に追加できます。

複数のクライアントをWindowsベースNetVault Backupサーバーに追加するには、次の手順を実行します。
1
[ナビゲーション]パネルで、[ガイド付き設定]をクリックして、次に[NetVault設定ウィザード]ページで[ソフトウェアのインストール/クライアントの追加]オプションを選択します。
3
[クライアントとして追加するマシン]ページで、[マシンを選択]をクリックし、配備ターゲットの追加方法を選択します。

FQDN または IP

展開ターゲットを手動で追加するには、この方法を選択します。

[マシンの詳細]タブで、クライアントのFQDNまたはIPアドレスを指定します。

[次へ]をクリックします。

Active Directory から

Active Directoryドメインからマシンを選択するには、この方法を選択します。

[AD の詳細]タブで、以下の詳細を指定します。

[ADサーバー・アドレス]:Active Directoryサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。
[ユーザー名]:すべてのターゲット・マシンのローカルのAdministratorsグループのドメイン・アカウントを指定します。
[パスワード]:ユーザー・アカウントのパスワードを指定します。

また、このユーザー名のパスワードをNetVault Backupに記憶する場合は、オプションで[資格情報を保存する]を選択します。

[接続]をクリックします。

Active Directoryオブジェクトのリストから、ターゲット・マシンを選択して、[次へ]をクリックします。

ファイルから

ファイルからターゲット・リストをインポートするには、この方法を選択します。

[ファイルからのマシンの追加]ダイアログ・ボックスで、[ファイルの選択]をクリックします。参照ウィンドウでファイルを選択したら、[OK]をクリックしてファイルをアップロードします。

ファイル形式についての詳細は、「展開ターゲットを指定するファイル形式」を参照してください。

インストール設定

[インストール設定]タブで、NetVault Backupパスワードを指定します。

クライアントにNetVault Backupパスワードが設定されていない場合は、マシンの管理者パスワードを指定します。

[次へ]をクリックします。

クライアント設定

[クライアント設定]タブで、以下の詳細を指定します。

クライアント詳細:クライアントの説明を入力します。
クライアント・グループ:1つ以上のクライアント・グループにクライアントを追加するには、対応するチェック・ボックスを選択します。

[次へ]をクリックします。

ファイアウォールの設定

クライアントがファイアウォール外のネットワーク上に存在している場合は、[ファイアウォールの設定]タブの[クライアントはファイアウォールの外側に存在]チェック・ボックスを選択し、TCP/IPポートを指定します。これらの設定についての詳細は、「ファイアウォール設定」を参照してください。

5
クライアント詳細を保存するには、[OK]をクリックします。
[検証]をクリックして、クライアントへの接続を確認します。エラーが報告されたら、[編集]をクリックし、該当のインストール・パラメータを変更します。
ユーザー定義のタスク名を割り当てる場合、[タスク名]ボックスに名前を入力します。
7
タスクを実行するには、[ソフトウェアのインストール/クライアントの追加]をクリックします。
[展開タスク・ステータス]ページからタスクの進行状況やステータスを監視できます。詳細は、「展開タスクの監視」を参照してください。

ファイアウォール設定

ファイアウォールの外側にあるNetVault Backupクライアントと通信するには、ファイアウォールの設定が必要です。MSP管理者およびテナント管理者は、これらの設定を使用して、ファイアウォールを経由するデータ転送チャネル、メッセージ・チャネル、およびブロードキャスト・チャネルの確立に使用するTCP/IPポートを指定できます。

MSP管理者およびテナント管理者は、クライアントの配備時や追加時にファイアウォールの設定を行ったり、[設定変更]ページからこれらの設定値を更新したりすることができます。また、MSP管理者およびテナント管理者は、NetVault Backup WebUIを使用して、新しいクライアントや既存のクライアントのファイアウォールの設定も行うことができます。

一般的なファイアウォールのポートがすべてのテナント管理者で使用されていなければなりません。すべてのクライアント・マシンに対して同じ設定を行う必要があります。

ファイアウォール設定の簡単な説明を以下の表に示します。

デバイス待ち受けポート

デバイス要求を待ち受けるためのポート。

ローカル接続されたデバイスがあるNetVault Backupマシン(NetVault Backupサーバー、SmartClientライセンスを持つNetVault Backupクライアントなど)に設定します。

要件:ドライブあたり2ポート。

デバイス接続ポート

プラグインが、リモート・ストレージ・デバイスに接続するために使用するポート。

リモートのデバイスに接続するクライアントに設定します。

要件:ドライブあたり2ポート。

NetVault Backupメッセージ・チャネルの待ち受けポート

データ転送時にメッセージを受信するためのポート。

NetVault Backupサーバーおよびクライアントの両方に設定します。NetVault Backupでは、サーバーとクライアント間のメッセージ・チャネル用に双方向接続が必要です。

要件:クライアントあたり3ポート。

1台のクライアント上で2つ以上のプラグインを同時に実行するには、プラグインごとに2ポートと、クライアントごとに追加の1ポートを設定します。たとえば、同時に2つのプラグインを実行するには、1台のクライアントに5ポート(2×2+1=5)を設定します。

NetVault Backupメッセージ・チャネルの接続ポート

データ転送時にメッセージを送信するためのポート。

NetVault Backupサーバーおよびクライアントの両方に設定します。NetVault Backupでは、サーバーとクライアント間のメッセージ・チャネル用に双方向接続が必要です。

要件:クライアントあたり3ポート。

1台のクライアント上で2つ以上のプラグインを同時に実行するには、プラグインごとに2ポートと、クライアントごとに追加の1ポートを設定します。たとえば、同時に2つのプラグインを実行するには、1台のクライアントに5ポート(2×2+1=5)を設定します。

NDMPコントロール・チャネルの接続ポート

NDMPメッセージ送信用ポート(NDMPコントロール・チャネル)。

NDMPファイラーとNetVault Backupサーバーがファイアウォールによって分離されている場合、(プラグインがインストールされている)NetVault Backupサーバーに設定します。

デフォルトでは、NetVault Backupは10000番ポートを使用します。この値は必要に応じて変更できます。

NDMPデータ・チャネルの待ち受けポート

NDMPムーバとして動作するNetVault Backupデバイスの待ち受け用ポート。

デバイスが接続されているNetVault Backupサーバーまたはクライアントに設定します。これらのポートは、ファイアウォールによってNDMPファイラーとストレージ・デバイスが2つのネットワークに分離されている場合、両者間のデータ転送に使用します。

マシン間の通信接続ポート設定

NetVault Backupクライアントを追加するとき、および追加後のクライアントの可用性を確認するとき、初期通信(ブロードキャスト・チャネル)の確立に使用するポート。

要件:クライアントあたり2ポート。

データ・チャネル、メッセージ・チャネル、およびブロードキャスト・チャネルのポートまたはポート範囲を指定するために、以下のフォーマットを使用できます。

重要:  

詳細は、以下のセクションを参照してください。

ファイアウォール・フィルタリング・ルール

サーバーおよびクライアント・マシンでファイアウォール・ルールを作成する場合、NetVault Backupからのトラフィックを送受信するために、以下のポートを開く必要があります。

サーバー

クライアント

TCP

NetVault Backupサーバーで指定されている、マシン間接続設定用の接続ポート

20031

クライアント

サーバー

TCP

NetVault Backupクライアントで指定されている、マシン間接続設定用の接続ポート

20031

サーバー

クライアント

TCP

NetVault Backupサーバーで指定されている、メッセージ・チャネル用接続ポート

NetVault Backupクライアントで指定されている、メッセージ・チャネル用待ち受けポート

クライアント

サーバー

TCP

NetVault Backupクライアントで指定されている、メッセージ・チャネル用待ち受けポート

NetVault Backupサーバーで指定されている、メッセージ・チャネル用接続ポート

サーバー

クライアント

UDP

20031

20031

クライアント

サーバー

UDP

20031

20031

サーバー

クライアント

TCP

NetVault Backupサーバーおよびクライアントで指定されている、デバイス用待ち受けポート

NetVault Backupクライアントで指定されている、デバイス用接続ポート

クライアント

サーバー

TCP

NetVault Backupクライアントで指定されている、デバイス用接続ポート

NetVault Backupサーバーおよびクライアントで指定されている、デバイス用待ち受けポート

ファイアウォールの設定の例

この例では、以下の設定のNetVault Backupシステムのネットワーク・ポート要件について説明します。

サーバー(ローカル接続されたストレージ・デバイスあり)

マシン間接続設定用の接続ポート

クライアントあたり最低2ポート

24

50300-50323

NetVault Backupメッセージ・チャネルの接続ポート

クライアントあたり最低3ポート

40

50200-50239

デバイス待ち受けポート

ドライブあたり最低2ポート

12

50100-50111

クライアント

マシン間接続設定用の接続ポート

クライアントあたり最低2ポート

(ポートはサーバー側で指定されるため、これらのポートは同じにできます)

24

50300-50323

NetVault Backupメッセージ・チャネルの待ち受けポート

クライアントあたり最低3ポート

40

50500-50539

デバイス接続ポート

ドライブあたり最低2ポート

12

50400-50411

このシステムのファイアウォール・フィルタリング・ルールを以下の表に示します。

サーバー

クライアント

TCP

50300-50323

20031

クライアント

サーバー

TCP

50300-50323

20031

サーバー

クライアント

TCP

50200-50237

50500-50537

クライアント

サーバー

TCP

50500-50537

50200-50237

サーバー

クライアント

UDP

20031

20031

クライアント

サーバー

UDP

20031

20031

サーバー

クライアント

TCP

50100-50111

50400-50411

クライアント

サーバー

TCP

50400-50411

50100-50111

Related Documents