Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

ファイアウォールの設定

ファイアウォールの外側にあるNetVault Backupクライアントと通信するには、ファイアウォールの設定が必要です。ファイアウォールの設定では、ファイアウォールを経由するデータ転送チャネル、メッセージ・チャネル、およびブロードキャスト・チャネルの確立に使用するTCP/IPポートを指定できます。

クライアント追加時にファイアウォールの設定を行ったり、これらの設定を[設定変更]ページで更新したりできます。また、NetVault Backup WebUIやTxtconfigユーティリティを使用して、新しいクライアントや既存のクライアントのファイアウォールの設定もできます。

a
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
b
NetVault Backupサーバーのデフォルト設定を行うには、[サーバー設定]をクリックします。
NetVault Backupクライアントのデフォルト設定を行うには、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[ファイアウォール]をクリックします。
a
ターミナル・ウィンドウまたはコマンド・プロンプト・ウィンドウで、「txtconfig」と入力し、EnterまたはReturnキーを押します。
b
[マシン]ページで、pを入力してメイン・メニューを表示し、[ファイアウォール]ページのオプション番号を押します。
詳細は、「ファイアウォール設定」を参照してください。
3
設定を保存するか、[次へ]をクリックして設定手順を完了します。

一般設定

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

デフォルト・ディレクトリのリロケート

ディスクの空き領域不足が生じた場合は、データベース、トレース、ログ、レポート、統計、および一時ディレクトリを別のドライブやボリュームに再配置して問題を軽減できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
NetVault Backupサーバーのデフォルト設定を行うには、[サーバー設定]をクリックします。
NetVault Backupクライアントのデフォルト設定を行うには、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。
3
[システムおよびセキュリティ]で、[全般]をクリックします。[一般設定]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。

データベース・ディレクトリ

このディレクトリは、モジュール・リスト、ライセンス・キー、およびNetVaultデータベースを保管します。

データベース・ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\db、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/dbです。

データベース・ディレクトリを移動する方法については、「NetVault Databaseディレクトリの移動」を参照してください。

トレース・ディレクトリ

このディレクトリには、NetVault Backupトレース・ログが保管されます。

トレース・ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\trace、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/traceです。ディレクトリをリロケートするには、パスを入力します。指定したパスは、ターゲット・ドライブまたはボリューム上に存在している必要があります。NetVault Backupサーバーがパスを見つけられない場合、ディレクトリのリロケートは失敗します。

ログ・ディレクトリ

このディレクトリには、NetVault Backupログ・ファイルが保管されます。

ログ・ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\logs、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/logsです。ディレクトリをリロケートするには、パスを入力します。指定したパスは、ターゲット・ドライブまたはボリューム上に存在している必要があります。NetVault Backupサーバーがパスを見つけられない場合、ディレクトリのリロケートは失敗します。

テンポラリ・ディレクトリ

このディレクトリには、各種NetVault Backup操作時に生成された一時ファイルが保管されます。

テンポラリ・ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\tmp、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/tmpです。ディレクトリをリロケートするには、パスを入力します。指定したパスは、ターゲット・ドライブまたはボリューム上に存在している必要があります。NetVault Backupサーバーがパスを見つけられない場合、ディレクトリのリロケートは失敗します。

レポート・ディレクトリ

このディレクトリには、レポート・テンプレートが保管されます。

レポート・ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\reports、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/reportsです。ディレクトリをリロケートするには、パスを入力します。

新しいパスを設定する前に、ディレクトリのコンテンツをその新しいパスにコピーする必要があります。ディレクトリのコンテンツを再配置せずに新しいパスを設定すると、エラー・メッセージ(「プロバイダ'NVBUPhysicalClient'が失敗しました」)が表示され、NetVault Backupサービスの再起動に失敗します。

統計情報ディレクトリ

このディレクトリには、nvstatsmngrプロセスが収集したデータが保管されます。

統計情報ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\stats、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/statsです。ディレクトリをリロケートするには、パスを入力します。指定したパスは、ターゲット・ドライブまたはボリューム上に存在している必要があります。NetVault Backupサーバーがパスを見つけられない場合、ディレクトリのリロケートは失敗します。

NetVault Databaseディレクトリの移動

NetVault Databaseディレクトリを移動するには、以下のセクションで説明する手順を使用します。

LinuxベースのNetVault BackupサーバーのDatabaseディレクトリを変更するには:
システムでsystemdがサポートされている場合:
systemctl stop netvaultコマンドを実行します。
システムでsystemdがサポートされていない場合:
a
ターミナル・ウィンドウで「txtconfig」と入力し、EnterキーかReturnキーを押します。
b
[マシン]ページで、pを押して、メイン・メニューを表示し、[サービス]ページのオプション番号を押します。
2
netvault-pgsqlサービスを停止します。
システムでsystemdがサポートされている場合:
systemctl stop netvault-pgsqlコマンドを実行します。
システムでsystemdがサポートされていない場合:
/etc/init.d/netvault-pgsql stopコマンドを実行します。
3
dbディレクトリを手動で新しい場所に移動します。
4
Txtconfigユーティリティ、データベース・ディレクトリ・パスを変更します。
a
[マシン]ページでpキーを押してメイン・メニューを表示し、[一般設定]ページのオプション番号を押します。
b
[データベース・ディレクトリ]設定のオプション番号を押して、フル・パスを入力します。
c
sキーを押して設定を保存してからqキーを押してTxtconfigを終了します。
5
NetVault Backupインストール・ディレクトリで、configディレクトリを開き、pgdb.cfg設定ファイルをテキスト・エディタで開きます。
InstallInfo]セクションで、datadirを変更してpgsql.の新しいパスを指定するようにします。
/usr/lib/systemd/system/netvault-pgsql.serviceファイル。
7
新しいパスから、pgsqlディレクトリの所有者およびグループのファイル権限を変更します。
8
netvault-pgsqlサービスを開始します。
システムでsystemdがサポートされている場合:
systemctl start netvault-pgsqlコマンドを実行します。
システムでsystemdがサポートされていない場合:
/etc/init.d/netvault-pgsql startコマンドを実行します。
WindowsベースのNetVault BackupサーバーのDatabaseディレクトリを変更するには:
1
Windowsサービス管理コンソールで、netvault-pgsqlサービスおよびNetVaultプロセス・マネージャ・サービスを停止します。
2
dbディレクトリを手動で新しい場所に移動します。netvault-pgsqlサービスを実行するユーザーに新しいデータベース・ディレクトリの所有権があることを確認します。
3
NetVault Backupインストール・ディレクトリで、configディレクトリを開き、次にconfigure.cfgファイルをテキスト・エディタで開きます。
4
NetVault Backupインストール・ディレクトリで、configディレクトリを開き、pgdb.cfgファイルをテキスト・エディタで開きます。
InstallInfo]セクションで、datadirを変更してpgsql.の新しいパスを指定するようにします。
6
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\
netvault‑pgsql
キーを展開し、データベース・ディレクトリの新しいパスを反映するため、ImagePathプロパティの値を変更します。
7
Windowsサービス管理コンソールで、netvault-pgsqlサービスを右クリックして、[プロパティ]を選択します。[全般]タブで、実行可能パラメータへのパスで新しいデータベース・パスが表示されることを確認します。
8
netvault-pgsqlおよびNetVaultプロセス・マネージャ・サービスを開始します。
Related Documents