Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

プロトコルを無効にするWebサービスの設定

Webサービス設定を変更して受信用Webサービス接続設定のプロトコルを無効にし、1つまたは複数のプロトコルを許可されないようにすることができます。この設定を行うには、[設定変更]ページを使用します。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[サービス]で、[Webサービス]をクリックします。[Webサービス]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。
[受信Webサービス接続で無効にするプロトコル]:受信Webサービス接続で無効にするプロトコルを入力します。ただし、入力したプロトコルが受信Webサービス接続のプロトコルと一致しない場合、無効になるプロトコルはありません。複数のプロトコルを無効にするには、値をカンマ区切りで入力します。デフォルトでは、このフィールドは空白で、あらゆるプロトコルが許可されています。

Webサービス監査の有効化

Webサービス監査はデフォルトで無効になっています。Webサービス監査を有効化するには、[設定変更]ページを使用します。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[サービス]で、[Webサービス]をクリックします。[Webサービス]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。
[Webサービス監査の有効化]:Webサービス要求を追跡するには、このチェック・ボックスを選択します。Webサービス監査を有効にすると、NetVault Backupにより、NetVault Backupインストール・ディレクトリに監査ログ・ファイル「webservice-audit.txt」が作成され、Webサービス要求が記録されます。

クライアント操作のタイムアウト期間の設定

クライアント操作(セレクション・ツリー・ノードの参照やオープンなど)のときに発生するタイムアウト・エラーを解決するように、Webサービスの設定を変更できます。これらは、[NetVaultサーバー設定]ページから設定することができます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[サービス]で、[Webサービス]をクリックします。[Webサービス]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。

物理クライアントのショート・タイムアウト

クライアントのプラグイン・リストの要求など、短期間の操作をWebサービスが待つ時間。

デフォルトのタイムアウト期間は「30」秒です。10~120秒の任意の値に変更できます。

物理クライアントのミディアム・タイムアウト

サーバー(たとえば、データベース・サーバー)の削除など、中期間の操作をWebサービスが待つ時間。

デフォルトのタイムアウト期間は「60」秒です。60~120秒の任意の値に変更できます。

物理クライアントのロング・タイムアウト

セレクション・ツリーのデータ追加など、長期間の操作をWebサービスが待つ時間。

デフォルトのタイムアウト期間は「300」秒です。120~600秒の任意の値に変更できます。

セーブセット削除要求のタイムアウト期間の設定

セーブセット削除要求のタイムアウト期間は、デフォルトで600秒に設定されています。Webサービス・ワーカー・プロセス(nvwsworker)は、メディア・マネージャに削除要求を送信する場合、送信してから600秒待ちます。メディア・マネージャがこの期間内に要求を完了することができない場合、このWebサービス・ワーカー・プロセスはタイムアウトし、エラー(「メディア・マネージャから応答がありませんでした」)を報告します。このエラーが返された場合は、webservice.cfgファイルでSavesetRemoveTimeout設定を変更してください。

1
テキスト・エディタでwebservice.cfgファイルを開きます。このファイルは、NetVault Backupインストール・ディレクトリの下にあるconfigディレクトリにあります。
2
[WebService]セクションで、SavesetRemoveTimeout設定の値を設定します。
Related Documents