Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

依存関係にあるバックアップのリタイア・ルールの設定

デフォルトでは、バックアップ・シリーズからのバックアップのリタイアはすべての依存関係にあるバックアップがリタイアする準備が整うまで延期されます。バックアップは、依存関係にある最後のバックアップがリタイアされたときのみリタイアされます。[破棄のタイミングの管理]設定を使用してこの動作を変更し、リタイア・スケジュールに従って、バックアップを強制削除できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[サービス]で、[メディア・マネージャ]をクリックします。[メディア・マネージャ]ダイアログ・ボックスの[一般設定]で、以下の設定を行います。
[破棄のタイミングの管理]:以下のルールを使用して、依存関係にあるバックアップをリタイアできます。
[Force Always]:このルールを適用したとき、リタイア時間に達するとバックアップが削除されます。その結果、最初のバックアップがリタイアされると、増分バックアップ・シリーズまたは差分バックアップ・シリーズのすべてのバックアップが、リタイアされます。この動作を強制すると、依存関係のある増分および差分バックアップが早期にリタイアする場合があります。
[Keep Duplicates with Dependents]:このルールは、複製バックアップのリタイア動作を指定します。このルールを適用すると、依存のある重複は、依存関係にあるすべてのバックアップがリタイア日に達した後にのみリタイアされます。複製バックアップは、リタイア・スケジュールに従って削除のマークが付けられますが、依存関係にあるすべてのバックアップをリタイアする準備が整うまで削除は延期されます。
[Allow Duplicates with Dependents to Retire]:このルールは、複製バックアップのリタイア動作を指定します。このルールを適用すると、依存のある重複は、元のバックアップまたはその他のコピーがこれらのバックアップで利用可能な場合のみ、リタイア日に達したときに削除されます。元のバックアップまたはその他のコピーがない場合には、複製バックアップは削除対象としてマークされ、依存関係にある最後のバックアップがリタイアされたときに削除されます。

テープ・デバイスのメディア・マネージャの設定

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[サービス]で、[メディア・マネージャ]をクリックします。[メディア・マネージャ]ダイアログ・ボックスの[一般設定]で、以下の設定を行います。

デバイス・ウィンドウでデバイス・アクティビティを記述しない

[デバイス・アクティビティ]ページのステータスの更新を中止する場合、このチェック・ボックスを選択します。こうした設定は、複数のバックアップ・デバイスをNetVault Backupサーバーに追加している場合の負荷軽減に役立ちます。

存在するが非アクティブなドライブは表示しない

[デバイス・アクティビティ]ページでオフライン・デバイスを非表示にする場合、このチェック・ボックスを選択します。

メディア要求処理時に使用できるドライブおよびメディアのみ確認する

メディア要求の受信時に、使用可能なドライブとメディアのみをチェックする場合、このチェック・ボックスを選択します。こうした設定は、大規模なネットワーク環境にて自動チェックで生成されるネットワーク・トラフィックを軽減するのに役立ちます。ただし、同時に複数のジョブの実行が試みられる場合は、ジョブの開始に遅延が生じる可能性もあります。

メディア要求処理時に使用できるドライブのみ確認する

メディア要求の受信時に、使用可能なドライブのみをチェックする場合、このチェック・ボックスを選択します。

メディア要求処理時に使用できるメディアのみ確認する

メディア要求の受信時に、使用可能なメディアのみをチェックする場合、このチェック・ボックスを選択します。

[Prevent/Allow Media Remove]コマンドをドライブに発行しない

メディア・マネージャは、バックアップおよびリストアが行われる際にドライブでのテープ交換に関するPREVENT/ALLOW MEDIUM REMOVAL SCSIコマンドを発行します。使用するライブラリ・ソフトウェアが、テープの取り出しや排出をライブラリ自身が処理を行い、ドライブへの明示的なコマンド送信を必要としない場合は、このチェック・ボックスを選択することができます。このチェック・ボックスが選択されている場合、メディア・マネージャは、デバイス操作時におけるPREVENT/ALLOW MEDIUM REMOVAL SCSIコマンドの送信をスキップするようになります。

シリアル番号が変更された場合、デバイスを開かない

NetVault Backup用に最後に設定されてからシリアル番号が変更されたデバイスにコマンドを発行しないようにするには、このチェック・ボックスを選択します。

使用できないデバイス再試行間隔

NetVault Backupが使用できないデバイスの検出を試みる間隔を入力または選択します。この再試行間隔は、分単位で指定します。デフォルト値は、30分間です。

ジョブの実行中にライブラリの変更を許可する

使用中のライブラリ設定の変更をユーザーに許可する場合は、このチェック・ボックスを選択します。

Unknownメディアをスキャンしない

ライブラリにテープを追加して、ドアを閉じると(またはライブラリを再起動すると)、NetVault Backupはメディアのバーコードを読み込んでインベントリ情報を取得します。NetVault Backupがメディアのバーコードを見つけられない場合、そのテープは[UNKNOWN]とマークされます。NetVault Backupは、不明なテープをそれぞれ、バックアップとオンテープ・インデックスをスキャンするためにドライブの1つにロードします。大規模なシステムでは、これによりドライブ・リソースに対する負荷が増大する可能性があります。不明なテープをスキャンせずに「UNKNOWN」のまま放置する場合は、このチェック・ボックスを選択します。

この設定は、NetVault Backupサーバーに新たに追加されたすべてのライブラリに適用されます。既存のライブラリの設定は変更されません。この設定を既存のライブラリに適用するには、いったんライブラリを削除した後に、再度追加する必要があります。

バックアップ・インデックスのメディア・マネージャの設定

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[サービス]で、[メディア・マネージャ]をクリックします。[メディア・マネージャ]ダイアログ・ボックスの[一般設定]で、以下の設定を行います。

インデックス圧縮前の非アクティブ日数

オンライン・インデックスは、30日間非アクティブ状態になった場合、自動的に圧縮されます。インデックス圧縮までのデフォルトの非アクティブ期間を変更するには、新たな値を入力または選択します。

オンライン・インデックスの自動圧縮を無効にするには、このオプションに「0」を設定します。

圧縮対象インデックスのスキャン間隔時間

この設定には、メディア・マネージャが圧縮できるバックアップ・インデックスを識別するために、メディア・データベースをスキャンする間隔を指定します。デフォルト値は、12時間です。デフォルトの間隔を変更するには、新たな値を入力または選択します。

インデックス圧縮のためのメディア・マネージャのスキャンを無効にするには、このオプションに「0」を設定します。

一括圧縮/圧縮解除/オフライン化する最大インデックス数

この設定により、同時に圧縮、解凍、またはオフラインにすることができるバックアップ・インデックスの最大数を指定します。デフォルト値は、200インデックスです。デフォルトの設定を変更するには、新たな値を入力または選択します。

圧縮インデックス解凍に必要な最小スペース

圧縮されたバックアップ・インデックスは、対応するセーブセットの参照またはリストア時に自動的に解凍されます。デフォルトで、インデックス解凍用の最小スペースは、「500」MBに設定されています。このスペースは、NetVaultデータベースが存在するパーティションまたはドライブで予約されています。インデックス解凍の最小スペースを変更するには、新たな値を入力または選択します。このサイズ要件は、メガバイト単位で指定します。

次の場合、解凍要求は失敗します。

回答要求が失敗すると、エラー・メッセージが表示されます。要求が手動で発行された場合、[リストア・ジョブ作成]ページにメッセージが表示されます。インデックス解凍が自動的に行われる場合、このメッセージは[ログ参照]ページに表示されます。

インデックス・オフライン前の非アクティブ日数

指定した非アクティブ期間の経過後にオンライン・インデックスを自動削除するには、値を入力または選択します。非アクティブ期間は日数で指定します。デフォルト値は0で、オンライン・インデックスは自動的に削除されません。

オフライン対象インデックスのスキャン間隔時間

この設定には、メディア・マネージャがオフラインにできるバックアップ・インデックスを識別するために、メディア・データベースをスキャンする間隔を指定します。デフォルトの間隔は「24」時間です。デフォルトの間隔を変更するには、新たな値を入力または選択します。

オンライン・インデックス削除のためのメディア・マネージャのスキャンを無効にするには、このオプションに「0」を設定します。

オフラインからロードした場合のインデックスの寿命

nvrestore CLIユーティリティは、リストア・ジョブに必要な場合、自動的にオフライン・インデックスをインポートします。

この設定により、NetVaultデータベース内にnvrestoreユーティリティがインポートしたインデックスを保持する時間を指定します。デフォルト値は、1日間です。デフォルトの設定を変更するには、インデックスを保持する日数を入力または選択します。この値は、日数で指定する必要があります。

RASデバイスのメディア・マネージャの設定

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[サービス]で、[メディア・マネージャ]をクリックします。[メディア・マネージャ]ダイアログ・ボックスの[一般設定]で、以下の設定を行います。

タイムアウト期間経過後のオフラインRASデバイス

RASデバイスが応答していないと判断するときのタイムアウト値。デフォルト値は、7200秒間です。デフォルトの設定を変更するには、新たな値を入力または選択します。タイムアウト期間が経過すると、NetVault Backupはデバイス・ステータスをオフラインに設定します。

RASデバイスをオンラインにする場合の試行(再試行)回数

NetVault Backupが、オンラインに戻そうとしてオフラインのRASデバイスへの接続を試みるときの回数。デフォルト値は、3です。この値を0に設定すると、デバイスをオンラインに戻す試みは行われません。

タイムアウト期間経過後のオンラインRASデバイス・バッチのキャンセル

NetVault Backupが、RASデバイスをオンラインに戻すためのメディア・マネージャのバッチ処理をキャンセルするまでに、そのRASデバイスからの応答を待つ時間。デフォルト値は、300秒間です。

RASデバイスの転送開始バッチのタイムアウト時間

RASデバイスがデータ転送を開始するまでのNetVault Backup側の待ち時間。デフォルト値は、30秒間です。10~300秒の任意の値に変更できます。

RASセグメントの削除バッチのタイムアウト時間

この設定により、ディスク・ベース・ストレージ・デバイスからバックアップのセグメントおよびインデックスを削除するバッチ要求についてタイムアウト間隔を指定します。デフォルト値は、300秒間です。この間隔内にタスク完了の応答を受信しなかった場合、メディア・マネージャは現在の要求をキャンセルし、新しい要求を送信します。

大きなセーブセットを削除すると、タイムアウト期間が経過する前に要求を完了できるように、タイムアウト間隔を長くすることができます。タイムアウト間隔は、300~3600秒を指定できます。

1回のバッチで削除できる最大RASセグメント数

デフォルトでは、メディア・マネージャは、1回の反復につき最大500個のRASセグメントを削除します。この設定の値は、100~100000を指定できます。

1回のバッチで削除できる最大RASインデックス数

デフォルトでは、メディア・マネージャは、1回の反復につき最大500個のRASセグメントを削除します。この設定の値は、100~100000を指定できます。

Related Documents