Chat now with support
Chat with Support

NetVault 12.2 - ア ド ミ ニス ト レーターズ ・ ガイ ド マネージ ド ・ サービス ・ プ ロバイ ダ向け

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加(Windowsのみ) クライアントの管理 クライアント・グループの管理
カタログ検索の管理 ストレージ・デバイスの設定
ストレージ・デバイスについて SANの考慮事項 Quest DR Seriesシステム Quest QoreStor NetVault SmartDisk EMC Data Domainシステム Snapshot Array Manager 仮想テープ・ライブラリ 仮想単体ドライブ 共有仮想テープ・ライブラリ 物理テープ・デバイス
データのバックアップ nポリシーの管理 データのリストア NetVault Backupダッシュボードの管理 ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
ストレージ・デバイスを管理するためのロールベースのアクセス デバイス・アクティビティの監視 リスト・ビューでのディスクベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 Snapshot Array Managerの管理 リスト・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 リスト・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントとグループ・アカウントの管理 テナントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 レポーティング・ユーティリティの設定 NetVault Backup WebUIのデフォルト設定の構成 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース 診断データの管理 deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング
一般的なエラー
NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない NetVault Backup WebUIの予期しない動作 WebUIがInternet Explorerの互換表示で動作しない プッシュ・インストール中にNetVault Backupインストーラが失敗する VSSベースのバックアップが失敗する WindowsでのTCP/IPソケット・バッファ・サイズの変更 NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する アップグレードした後、WebUIページにコンソール・エラーが表示される ワークステーション属性が設定されている場合、ドメイン・ユーザーがNetVault Backupサーバーにログインできない ドメイン・ユーザーがDebian 9でNetVault Backupサーバーにログインできない プッシュ・インストールが正常に完了した後、ターゲット・マシンをクライアントとして追加すると失敗する NetVault Backupクライアント・ホストを手動でアンインストールした後、カタログ検索ページをインストール、アンインストール、または移動できない NetVault Backupサーバーの移行を同じまたは異なるサーバー名で実行した後、カタログ検索をインスト―ルまたはアンインストールできない
NetVault Backupのセーフ・モード

仮想クライアントに対するアクセスの確認

仮想クライアントに対するバックアップまたはリストア・ジョブを正常に完了するには、少なくとも1つのメンバー・クライアントがオンラインなおかつアクティブでなければなりません。[アクセス確認]オプションを使用して、メンバー・クライアントのアクセス性のステータスを判別できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
3
[仮想クライアント]ページで、[アクセス確認]をクリックします。
[OK]をクリックしてダイアログ・ボックスを閉じます。

現在の実際のクライアントの判別

[現在の実際のクライアント]オプションを使用して、どのマシンがクラスタ・アプリケーションの制御下にあるかを判別できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
3
[仮想クライアント]ページで、[現在の実際のクライアント]をクリックします。
[OK]をクリックしてダイアログ・ボックスを閉じます。

仮想クライアントの削除

クラスタ・セットアップ内でプラグインを使用しない場合は、仮想クライアントを削除することができます。仮想クライアントを削除した場合、NetVault Backupクライアントとして追加されたクラスタ・ノードはサーバーから削除されません。ただし、プラグインによるクラスタ・データのバックアップ機能は削除されます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
3
[仮想クライアント]ページで、[削除]をクリックします。
4
[確認]ダイアログ・ボックスで、[削除]をクリックします。

クラスタ対応プラグインを使用したバックアップ

Plug-in for FileSystemを使用したバックアップの実行手順は、通常および仮想クライアントとほぼ同じです。クラスタ対応バージョンのプラグインでは、標準バージョンと同じように使って、データ・アイテムを選択することができます。ただし、[NetVault Backupセレクション]ページで仮想クライアント・ノードを開くと、ノード下にはクラスタ対応プラグインのみが表示されます。プラグインのセレクション・ツリーに、共有ドライブとローカル・ドライブ、およびマウント・ポイントが表示されます。ユーザーは共有リソースに使われるドライブ文字とマウント・ポイントを控えておき、それに応じてデータを選択する必要があります。標準バージョンで設定できるバックアップ・オプションは、クラスタ対応バージョンでも利用できます。

Exchange Serverクラスタ環境、Oracle RACセットアップ、SQL Server Failover Cluster、MySQL Server Failover Cluster内でのデータのバックアップについての詳細は、対応するプラグインのユーザーズ・ガイドを参照してください。

以下の点に注意します。

メモ: クラスタのバックアップとリストアでは、[ジョブ・ステータス]ページに仮想クライアント名が表示され、実際のクライアント名は[ログ参照]ページに表示されます。

バックアップ時にフェイルオーバーが発生すると、ジョブは中断され、「ジョブの失敗」ステータスが返されます。[ジョブ・リトライ]スケジュール設定オプションを使うと、フェイルオーバーの終了後にジョブを再実行させることが可能です。

Plug-in for FileSystemを使用すると、Windowsでフェイルオーバーが発生した場合は、フェイルオーバーが発生した原因と失敗したジョブのステータスが直接関連付けられます。原因に応じて、ジョブは以下の終了ステータスを返します。

Related Documents