Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

メール・サーバーの通知設定

電子メールで通知を送信するには、送信メール・サーバー(SMTP)を設定する必要があります。SMTP設定は、[設定変更]ページから設定できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス][通知]をクリックします。[通知]ダイアログ・ボックスの[メール・サーバー]で、以下のオプションを設定します。

電子メール送信サーバー(SMTP)

メール・サーバーのマシン名またはIPアドレスを指定します。

ポート番号

デフォルトのSMTP待ち受けポートは、ポート番号25です。メール・サーバーが別のポートで待ち受けするように設定されている場合は、ポート番号を指定します。

NetVaultの電子メール・アドレス

通知の送信者のメール・アドレスを入力します。

NetVaultの名前

メール通知の送信者名を入力します。

認証の実行

認証を行う場合は、このチェック・ボックスを選択します。メール・サーバーがLOGINまたはPLAINプロトコルをサポートしている場合にのみ、この設定を使用することができます。

認証アカウント

SMTP認証に使用するユーザー・アカウントを指定します。このオプションは、[認証の実行]チェック・ボックスを選択した場合にのみ必要になります。

ユーザー・アカウントが指定されていない場合、[NetVaultの電子メール・アドレス]に指定されているユーザー名が認証に使用されます。たとえば、[NetVaultの電子メール・アドレス]ボックスに「User-A@mycompany.com」と指定した場合、NetVault Backupでは「User-A」を使ってSMTP認証が行われます。

認証パスワード

SMTP認証アカウントのパスワードを指定します。

確認認証パスワード

確認のためパスワードを再入力します。

nvsendmailの代わりにhostnameを使用

nvsendmailでEHLOおよびHELOコマンドを使用する代わりに完全修飾ドメイン名(FQDN)を使用する場合、このチェック・ボックスを選択します。NetVault Backupではメール・サーバー・メッセージ内のホスト名が使用されるため、ホスト名をFQDN形式で表示するには、システムをFQDNで設定する必要があります。

通知用SysOpメールIDの設定

Sysopメール通知方法を使用するには、SysOpメール・アドレスを設定する必要があります。電子メール・アドレスは、[設定変更]ページから設定できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス][通知]をクリックします。[通知]ダイアログ・ボックスの[一般通知]で、以下の設定を行います。

システム管理者の電子
メール・アドレス

Sysop(管理者)のメール・アドレスを入力します。複数の電子メール・アドレスを区切るには、カンマ(,)を使用します。

システム管理者の名前

Sysopまたは管理者の名前を入力します。

通知用のデフォルト・プリンタの設定

Windowsで[レポート印刷]方法を使用するには、デフォルトのプリンタを設定するか、通知方法を設定するときにNVPRINTER変数を設定することができます。デフォルト・プリンタは、[設定変更]ページから設定できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス][通知]をクリックします。[通知]ダイアログ・ボックスの[デフォルト・プリンタ]で、以下の設定を行います。
[デフォルトのプリンタ名]:[レポート印刷]通知方法のデフォルト・プリンタを設定するには、プリンタ名を入力します。Windows内でプリンタを識別するために用いられている文字列を正確に指定する必要があります。

通知用のネットワーク・マネージャ・ホストの設定

SNMP Trap方法を使用できるようにするには、ネットワーク・マネージャ・ホストを設定する必要があります。これらの設定を行うには、[設定変更]ページを使用します。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス][通知]をクリックします。[通知]ダイアログ・ボックスの[SNMPトラップ]で、以下の設定を行います。

トラップ・ターゲット・
ホスト

SNMPトラップ送信先のネットワーク・マネージャ・ホスト用に、ネットワーク名またはFQDN(完全修飾ドメイン名)を入力します。

ポート番号

SNMPトラップのデフォルトの待ち受けポートは、ポート番号162です。ホストが別のポートで待ち受けするように設定されている場合は、そのポート番号を指定します。

コミュニティ・ストリング

SNMPコミュニティ文字列はある種のパスワードで、ネットワーク・マネージャ・ホストとエージェントの間で送信されるメッセージの認証に使用されます。コミュニティ・ストリングは、SNMPマネージャとSNMPエージェント間で転送されるすべてのパケットに含まれます。

コミュニティ・ストリングは「public」に設定されており、ほとんどのネットワーク・デバイス用にこの読み取り専用コミュニティ文字列がデフォルトで設定されています。SNMPトラップ用にこのデフォルトの文字列を変更し、新しいパスワードを設定することをお勧めします。

Related Documents