Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

一般設定

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

デフォルト・ディレクトリのリロケート

ディスクの空き領域不足が生じた場合は、データベース、トレース、ログ、レポート、統計、および一時ディレクトリを別のドライブやボリュームに再配置して問題を軽減できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
NetVault Backupサーバーのデフォルト設定を行うには、[サーバー設定]をクリックします。
NetVault Backupクライアントのデフォルト設定を行うには、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。
3
[システムおよびセキュリティ]で、[全般]をクリックします。[一般設定]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。

データベース・ディレクトリ

このディレクトリは、モジュール・リスト、ライセンス・キー、およびNetVaultデータベースを保管します。

データベース・ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\db、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/dbです。

データベース・ディレクトリを移動する方法については、「NetVault Databaseディレクトリの移動」を参照してください。

トレース・ディレクトリ

このディレクトリには、NetVault Backupトレース・ログが保管されます。

トレース・ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\trace、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/traceです。ディレクトリをリロケートするには、パスを入力します。指定したパスは、ターゲット・ドライブまたはボリューム上に存在している必要があります。NetVault Backupサーバーがパスを見つけられない場合、ディレクトリのリロケートは失敗します。

ログ・ディレクトリ

このディレクトリには、NetVault Backupログ・ファイルが保管されます。

ログ・ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\logs、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/logsです。ディレクトリをリロケートするには、パスを入力します。指定したパスは、ターゲット・ドライブまたはボリューム上に存在している必要があります。NetVault Backupサーバーがパスを見つけられない場合、ディレクトリのリロケートは失敗します。

テンポラリ・ディレクトリ

このディレクトリには、各種NetVault Backup操作時に生成された一時ファイルが保管されます。

テンポラリ・ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\tmp、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/tmpです。ディレクトリをリロケートするには、パスを入力します。指定したパスは、ターゲット・ドライブまたはボリューム上に存在している必要があります。NetVault Backupサーバーがパスを見つけられない場合、ディレクトリのリロケートは失敗します。

レポート・ディレクトリ

このディレクトリには、レポート・テンプレートが保管されます。

レポート・ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\reports、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/reportsです。ディレクトリをリロケートするには、パスを入力します。

新しいパスを設定する前に、ディレクトリのコンテンツをその新しいパスにコピーする必要があります。ディレクトリのコンテンツを再配置せずに新しいパスを設定すると、エラー・メッセージ(「プロバイダ'NVBUPhysicalClient'が失敗しました」)が表示され、NetVault Backupサービスの再起動に失敗します。

統計情報ディレクトリ

このディレクトリには、nvstatsmngrプロセスが収集したデータが保管されます。

統計情報ディレクトリのデフォルト・パスは、Windowsでは<NetVault Backupホーム>\stats、Linuxでは<NetVault Backupホーム>/statsです。ディレクトリをリロケートするには、パスを入力します。指定したパスは、ターゲット・ドライブまたはボリューム上に存在している必要があります。NetVault Backupサーバーがパスを見つけられない場合、ディレクトリのリロケートは失敗します。

NetVault Databaseディレクトリの移動

NetVault Databaseディレクトリを移動するには、以下のセクションで説明する手順を使用します。

LinuxベースのNetVault BackupサーバーのDatabaseディレクトリを変更するには:
a
ターミナル・ウィンドウで「txtconfig」と入力し、EnterキーかReturnキーを押します。
b
[マシン]ページで、pを押して、メイン・メニューを表示し、[サービス]ページのオプション番号を押します。
2
netvault-pgsqlサービスを停止します。次のコマンドを使用できます。
3
dbディレクトリを手動で新しい場所に移動します。
a
[マシン]ページでpキーを押してメイン・メニューを表示し、[一般設定]ページのオプション番号を押します。
b
[データベース・ディレクトリ]設定のオプション番号を押して、フル・パスを入力します。
c
sキーを押して設定を保存してからqキーを押してTxtconfigを終了します。
5
/etc/init.d/netvault-pgsqlファイルで、データベース・パスを変更します。
chmod 700 <新しいDBパス>
7
次のコマンドを使用して、netvault-pgsqlサービスを開始します。/etc/init.d/netvault-pgsql start
WindowsベースのNetVault BackupサーバーのDatabaseディレクトリを変更するには:
1
[Configurator]ウィンドウから、NetVault Backupサービスを停止します。([サービス]タブをクリックして、[サービスの停止]をクリックします。)
2
Windowsサービス管理コンソールで、netvault-pgsqlサービスを停止します。
3
dbディレクトリを手動で新しい場所に移動します。netvault-pgsqlサービスを実行するユーザーに新しいデータベース・ディレクトリの所有権があることを確認します。
4
[コンフィギュレータ]ウィンドウで、[一般設定]タブをクリックします。[データベース・ディレクトリ]ボックスで、フル・パスを指定します。
6
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\
netvault‑pgsql
キーを展開し、データベース・ディレクトリの新しいパスを反映するため、ImagePathプロパティの値を変更します。
7
Windowsサービス管理コンソールで、netvault-pgsqlサービスを右クリックして、[プロパティ]を選択します。[全般]タブで、実行可能パラメータへのパスで新しいデータベース・パスが表示されることを確認します。
8
netvault-pgsqlサービスを開始します。
9
[Configurator]ウィンドウから、NetVault Backupサービスを開始します。([サービス]タブをクリックして、[サービスの開始]をクリックします。)

TCP/IPバッファ・サイズの設定

通常、TCP/IPソケットのバッファ・サイズはデフォルト設定のままで問題ないため、変更しないよう注意してください。どのようなバッファ・サイズが最適であるかについては、使用するOSの解説書を参照してください。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
NetVault Backupサーバーのデフォルト設定を行うには、[サーバー設定]をクリックします。
NetVault Backupクライアントのデフォルト設定を行うには、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。
3
[システムおよびセキュリティ]で、[全般]をクリックします。[一般設定]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。

最小ネットワーク送信
バッファサイズ

TCP/IPソケットの送信バッファの最小サイズを決定します。

デフォルト値は、1KBです。バッファ・サイズを調整するには、新たな値を入力または選択します。バッファ・サイズはキロバイト単位で設定する必要があります。

最大ネットワーク送信
バッファサイズ

TCP/IPソケットの送信バッファの最大サイズを決定します。

デフォルト値は、16384KBです。バッファ・サイズを調整するには、新たな値を入力または選択します。バッファ・サイズはキロバイト単位で設定する必要があります。

最小ネットワーク受信
バッファサイズ

TCP/IPソケットの受信バッファの最小サイズを決定します。

デフォルト値は、1KBです。バッファ・サイズを調整するには、新たな値を入力または選択します。バッファ・サイズはキロバイト単位で設定する必要があります。

最大ネットワーク受信
バッファサイズ

TCP/IPソケットの受信バッファの最大サイズを決定します。

このオプションのデフォルト値は、16384KBです。バッファ・サイズを調整するには、新たな値を入力または選択します。バッファ・サイズはキロバイト単位で設定する必要があります。

Related Documents