Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

オーディタ・デーモンについて

オーディタ・デーモン(nvavp)は、NetVault Backupのすべてのユーザー活動の追跡および制御を行います。このプロセスは、NetVault Backupサーバー上で実行されます。オーディタ・デーモンは各ユーザー要求を検証し、割り当てられた権限に応じて要求を許可または拒否します。監査ログ・メッセージはNetVaultデータベースに保管されます。

デフォルトでは、オーディタ・デーモンは、ユーザーの要求が許可されるか拒否されるかにかかわらず、すべてのユーザー・アクティビティを記録します。31日間を過ぎたログ・メッセージは自動的に削除されます。オーディタ・デーモンを設定して、失敗したユーザー要求のみをログに記録できます。また、デフォルト設定を変更してログ・メッセージの最大寿命を変更できます。

オーディタ・デーモンの設定を変更するには、[設定変更]ページを使用します。

失敗したユーザー要求のみをログに記録するオーディタ・デーモンの設定

デフォルトでは、オーディタ・デーモンは、ユーザーの要求が許可されるか拒否されるかにかかわらず、すべてのユーザー要求を記録します。オーディタ・デーモンを設定して、失敗したユーザー要求のみをログに記録できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[システムおよびセキュリティ]で、[監査]をクリックします。[監査]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。
[監査情報で失敗した要求のみ記録する]:失敗したユーザー要求のみをログに記録するには、このチェック・ボックスを選択します。

監査ログのパージ・ポリシーの変更

31日より前の監査ログ・メッセージは自動的にデータベースからパージされます。ログ・デーモンの設定を使用して、ログ・メッセージの最大寿命を変更できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[システムおよびセキュリティ]で、[監査]をクリックします。[監査]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。

エントリを年代ごとに
パージ

ログ・メッセージの最大寿命セットよりも古いログ・エントリをパージするには、このチェック・ボックスを選択します。最大ログ寿命は、[エントリがこの日数よりも古くなった場合パージ]ボックスに指定されています。

このチェック・ボックスの選択を解除すると、ログ・メッセージの自動パージは無効になります。

エントリがこの日数よりも古くなった場合パージ

ログ・メッセージの最大寿命を入力または選択します。ログ保存期間は、日単位で入力します。デフォルト値は、31日間です。

パージ実行周期

監査ログの2つのパージ・イベント間の間隔を入力または選択します。この間隔は、時間(60分)単位で入力します。デフォルトの間隔は「24」時間です。

ファイアウォールの設定

ファイアウォールの外側にあるNetVault Backupクライアントと通信するには、ファイアウォールの設定が必要です。ファイアウォールの設定では、ファイアウォールを経由するデータ転送チャネル、メッセージ・チャネル、およびブロードキャスト・チャネルの確立に使用するTCP/IPポートを指定できます。

クライアント追加時にファイアウォールの設定を行ったり、これらの設定を[設定変更]ページで更新したりできます。また、NetVault Configurator(Windowsのみ)やTxtconfigユーティリティを使用して、新しいクライアントや既存のクライアントのファイアウォールの設定もできます。

a
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
b
NetVault Backupサーバーのデフォルト設定を行うには、[サーバー設定]をクリックし
ます。
NetVault Backupクライアントのデフォルト設定を行うには、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[ファイアウォール]をクリックします。
a
[スタート]メニューで[NetVault Configurator]をクリックします。
このプログラムには、[スタート]>[すべてのプログラム]>[Quest]>[NetVault Backup]>[NetVault Configurator]からアクセスできます。
b
[Configurator]ウィンドウで、[ファイアウォール]タブをクリックします。
a
ターミナル・ウィンドウまたはコマンド・プロンプト・ウィンドウで、「txtconfig」と入力し、EnterまたはReturnキーを押します。
b
[マシン]ページで、pを入力してメイン・メニューを表示し、[ファイアウォール]ページのオプション番号を押します。
詳細は、「ファイアウォール設定」を参照してください。
3
設定を保存するか、[次へ]をクリックして設定手順を完了します。
Related Documents