Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

共有メモリの設定

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
NetVault Backupサーバーのデフォルト設定を行うには、[サーバー設定]をクリックします。
NetVault Backupクライアントのデフォルト設定を行うには、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。
3
[サービス]で、[プロセス・マネージャ]をクリックします。[プロセス・マネージャ]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。

各プロセスのトレース・バッファに割り当てられた共有メモリ

各NetVault Backupプロセスの個別のトレース・バッファに割り当てる、共有メモリの量を指定します。

個別のトレース・バッファの共有メモリを増やすには、新しい値を入力または選択します。共有メモリはKB単位で割り当てます。

プロセス・テーブルに使用される共有メモリ

現在のすべてのNetVault Backupプロセスの詳細を管理する、プロセス・テーブルに割り当てる共有メモリの量を指定します。

多くのプロセスを実行するNetVault Backupマシンでは、プロセス・テーブルの共有メモリ量を増やしてパフォーマンスを最適化することができます。共有メモリを増やすには、新しい値を入力または選択します。共有メモリはKB単位で割り当てます。

Windowsの場合、共有メモリは動的に割り当てられます。

LinuxおよびUNIXの場合、プロセス・テーブルの共有メモリは共有メモリ・プールから割り当てられます。プロセス・テーブルの共有メモリを増やすには、まず共有メモリ・プールを増やす必要があります。共有メモリは、システム設定ファイルでshmmax変数を設定することによって増やすことができます。共有メモリ・プール増設についての詳細は、OSの関連文書を参照してください。

RASデバイスの設定

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

NetVault SmartDiskの接続設定

接続設定により、NetVault Backupが再試行を行ってNetVault SmartDiskへのTCP接続を確立する期間と、再試行を行う間隔を指定できます。

デフォルトでは、接続再試行メカニズムは無効にされています。ほとんどの場合、NetVault SmartDiskの接続を設定する必要はありません。バックアップ中に「ポートのバインドに失敗した」というエラーが報告された場合に、これらの設定を行って接続再試行メカニズムを有効にします。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[サービス]で、[RASデバイス]をクリックします。[RASデバイス]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。
[SmartDisk接続の再試行時間制限]:この設定は、初回の試行が失敗した後、NetVault BackupサーバーがNetVault SmartDiskデバイスへの接続を確立しようとする時間を指定します。
[SmartDisk接続の再試行間隔(秒)]:この設定は、再試行を行う間隔を指定します。再試行間隔には、0~60秒の任意の値を設定できます。

スケジュール・マネージャの設定

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

Related Documents