Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

展開タスクのクローニング

クローン方式を使用して、既存のタスクか展開タスクを作成できます。タスクがクローンされた後に、そのタスクのインストール・パッケージ、ターゲット・クライアント、およびその他のインストール設定を変更でき
ます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[展開タスク・ステータス]をクリックします。
2
タスク・テーブルで、タスクを選択して、[クローン]をクリックします。

クライアントの追加

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

NetVault Backupサーバーへのクライアントの追加

バックアップまたはリストア操作でクライアントを使用するには、まずNetVault Backupサーバーへのクライアントの追加が必要です。設定ウィザードを使って、NetVault Backupクライアントを追加、設定できます。

1
[ナビゲーション]パネルで[クライアント管理]をクリックして、[クライアント追加]をクリックします。
Linuxベースのマシンの場合、[ガイド付き設定]リンクからウィザードを開始することもできます。[ナビゲーション]パネルで、[ガイド付き設定]をクリックして、次に[NetVault設定ウィザード]ページで[クライアントの追加]をクリックします。
ステータス:クライアントが現在オンラインかオフラインかを示す[ステータス]アイコンを表示します。
クライアント:クライアントに割り当てられているNetVault Backup名が表示されます。
バージョン:マシンにインストールされているNetVault Backupのバージョンが表示されます。
詳細:クライアントの詳細が表示されます。

クライアントはオンラインです。NetVault Backupサーバーにクライアントを追加できます。

クライアントはオンラインですが、パスワード保護されています。クライアントを追加するには、NetVault Backupパスワードが必要です。

クライアントはオフラインです。オンラインになったら、クライアントの追加を試せます。

メモ:別のサブネット上に存在しているクライアントは、このページには一覧表示されません。[マシン検索]オプションを使用して、そのようなクライアントを検索して追加できます。詳細は、「クライアントの検索」を参照してください。
[次へ]をクリックします。
5
クライアントがファイアウォール外のネットワーク上に存在している場合は、[クライアントはファイアウォールの外側に存在]チェック・ボックスを選択して、ファイアウォールの設定を行います。詳細は、「ファイアウォール設定」を参照してください。
[次へ]をクリックします。

複数のクライアントの追加(Windowsのみ)

クライアントをWindowsベースのNetVault Backupサーバーに追加する場合、以下の手順を使用して複数のクライアントを同時に追加できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ガイド付き設定]をクリックして、次に[NetVault設定ウィザード]ページで[ソフトウェアのインストール/クライアントの追加]オプションを選択します。
3
[NetVaultソフトウェアをインストールするマシン]ページで、[マシンを選択]をクリックし、展開ターゲットを追加する方法を選択します。

FQDN または IP

展開ターゲットを手動で追加するには、この方法を選択します。

[マシンの詳細]タブで、クライアントのFQDNまたはIPアドレスを指定します。

[次へ]をクリックします。

Active Directory から

Active Directoryドメインからマシンを選択するには、この方法を選択します。

[AD の詳細]タブで、以下の詳細を指定します。

[ADサーバー・アドレス]:Active Directoryサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。
[ユーザー名]:すべてのターゲット・マシンのローカルのAdministratorsグループのドメイン・アカウントを指定します。
[パスワード]:ユーザー・アカウントのパスワードを指定します。

[接続]をクリックします。

Active Directoryオブジェクトのリストから、ターゲット・マシンを選択して、[次へ]をクリックします。

ファイルから

ファイルからターゲット・リストをインポートするには、この方法を選択します。

[ファイルからのマシンの追加]ダイアログ・ボックスで、[ファイルの選択]をクリックします。参照ウィンドウでファイルを選択したら、[OK]をクリックしてファイルをアップロードします。

ファイル形式についての詳細は、「展開ターゲットを指定するファイル形式」を参照してください。

使用可能なマシンから

利用可能なマシンからクライアントを追加するには、この方法を選択し
ます。

[NetVaultマシンの詳細]タブで、追加するクライアントを選択します。

クライアントがパスワード保護されている場合、[マシンのパスワード]ボックスでNetVault Backupパスワードを指定します。

クライアントにNetVault Backupパスワードが設定されていない場合は、フィールドはブランクのままにします。

[次へ]をクリックします。

インストール設定

[インストール設定]タブで、NetVault Backupパスワードを指定します。

クライアントにNetVault Backupパスワードが設定されていない場合は、マシンの管理者パスワードを指定します。

[次へ]をクリックします。

クライアント設定

[クライアント設定]タブで、以下の詳細を指定します。

クライアント詳細:クライアントの説明を入力します。
クライアント・グループ:1つ以上のクライアント・グループにクライアントを追加するには、対応するチェック・ボックスを選択します。

[次へ]をクリックします。

ファイアウォールの設定

クライアントがファイアウォール外のネットワーク上に存在している場合は、[ファイアウォールの設定]タブの[クライアントはファイアウォールの外側に存在]チェック・ボックスを選択し、TCP/IPポートを指定します。これらの設定についての詳細は、「ファイアウォール設定」を参照してください。

5
クライアント詳細を保存するには、[OK]をクリックします。
[検証]をクリックして、クライアントへの接続を確認します。エラーが報告されたら、[編集]をクリックし、該当のインストール・パラメータを変更します。
ユーザー定義のタスク名を割り当てる場合、[タスク名]ボックスに名前を入力します。
7
タスクを実行するには、[ソフトウェアのインストール/クライアントの追加]をクリックします。
[展開タスク・ステータス]ページからタスクの進行状況やステータスを監視できます。詳細は、「展開タスクの監視」を参照してください。
Related Documents