Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

ネットワーク・マネージャのデフォルト・ポートの設定

ネットワーク・マネージャは、クライアントのTCPとUDPソケットのオープンにポート番号20031を使用するよう設定されています。他のアプリケーションがこのポートを使用中の場合、NetVault Backupサービスは起動後すぐに失敗します。このエラーが発生した場合は、ネットワーク・マネージャのデフォルト・ポートを変更する必要があります。

以下の手順を使用して、NetVault Backupサーバーおよびすべてのクライアントのデフォルト・ポートを変更します。

1
テキスト・エディタでnvnmgr.cfgファイルを開きます。このファイルは、NetVault Backupインストール・ディレクトリの下にあるconfigディレクトリにあります。
UdpPort=<ポート番号>
TcpPort=<ポート番号>

コミュニケーション・マネージャのデフォルト・ポートの設定

コミュニケーション・マネージャは、クライアントでのTCPソケットのオープンにポート20032を使用するよう設定されています。他のアプリケーションがこのポートを使用中の場合、NetVault Backupサービスは起動後すぐに失敗します。このエラーが発生した場合は、コミュニケーション・マネージャのデフォルト・ポートを変更する必要があります。

以下の手順を使用して、NetVault Backupサーバーおよびすべてのクライアントのデフォルト・ポートを変更します。

1
テキスト・エディタでconfigure.cfgファイルを開きます。このファイルは、NetVault Backupインストール・ディレクトリの下にあるconfigディレクトリにあります。
2
[machine]セクションで、以下の行を追加します。
Comms TcpPort=<ポート番号>

プロセス・マネージャの設定

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

プロセス・マネージャについて

プロセス・マネージャ(nvpmgr)はすべてのNetVault Backupマシン上で実行されます。

このプロセスはその他のすべてのNetVault Backupプロセスの管理を行い、一時的に起動されるNetVault Backupプロセスの生成、削除を行います。プロセス・マネージャでは、プロセス・テーブルおよびトレース・バッファの共有メモリ領域の割当も管理されます。

プロセス・マネージャの設定を変更するには、[設定変更]ページを使用します。

Related Documents