Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

バックアップ・リタイア・スキャンのデフォルト間隔の設定

時間ベースのリタイアでは、時間コンポーネント(HH:MM)は実際のリタイア時間を表してはいません。このコンポーネントは、バックアップのリタイア期限のみを表しています。実際のリタイア時間は、メディア・マネージャがメディア・データベースをスキャンして、リタイアする必要があるバックアップを特定するまでの間隔により決まります。デフォルトのスキャン間隔は60分です。そのため、リタイア時間が10:20に設定されている場合、実際のリタイア時間は11:00となります。

バックアップ・リタイア・スキャンのデフォルト間隔は、mediamgr.cfgファイルで変更できます。

1
mediamgr.cfgファイルをテキスト・エディタで開きます。このファイルは、NetVault Backupインストール・ディレクトリの下にあるconfigディレクトリにあります。
デフォルトでは、mediamgr.cfgファイルに[Defaults:Retirement Check Granularity in Mins]セクションは含まれていません。デフォルトの間隔を変更するには、このセクションを追加して間隔を指定する必要があります。セクションを追加しない場合は、デフォルトの間隔(60分)が使用されます。
メモ:この値を0に設定すると、セーブセットは、詳細設定セットまたは[有効期限の変更]ダイアログ・ボックスで指定した時間に基づいてリタイアされます。

Dell DR Seriesシステムの代替インデックス読み取りブロック・サイズの設定

Dell DR Seriesシステムに保管されているバックアップが標準外のブロック・サイズを使用してバックアップされたものである場合、スキャン・プロセスは、デバイスからそのバックアップのインデックスを読み取ることができません。このようなバックアップのインデックスをインポートするには、mediamgr.cfgファイルに代わりのインデックス読み取りブロック・サイズを設定します。

代替ブロック・サイズは、現在のブロック・サイズを使用したインデックス・スキャンに失敗した場合にのみ使用されます。代替ブロック・サイズが使用されると、次のメッセージがNetVault Backupログに追加されます。「Scanned index for job '<job name>' found using alternate block size <xx>, after a failed scan using original request block size <yy>.」

1
テキスト・エディタでmediamgr.cfgファイルを開きます。このファイルは、NetVault Backupインストール・ディレクトリの下にあるconfigディレクトリにあります。

ネットワーク・マネージャの設定

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

ネットワーク・マネージャについて

ネットワーク・マネージャ(nvnmgr)およびコミュニケーション・マネージャ(nvcmgr)は、プロセス間メッセージング・システムをサポートしています。どちらも、LinuxおよびUNIXシステムではプロセスとして動作しますが、Windowsではnvpmgrプロセス内部のスレッドとして動作します。

これらのプロセスは、次の機能を実行します。

ネットワーク・マネージャの設定を変更するには、[設定変更]ページを使用します。

Related Documents