Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

ジョブ・マネージャのデフォルトの設定

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[サービス]で、[ジョブ・マネージャ]をクリックします。[ジョブ・マネージャ]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。

ジョブのキープ・アライブ・レート

キープ・アライブ・メッセージは、2台のNetVault Backupマシン間のネットワーク接続を確認し、その接続を維持するために使用されます。キープ・アライブ・レート設定は、サーバーで動作するジョブ・マネージャとクライアントで動作するデータ・プラグインの間で送信されるキープ・アライブ・メッセージの頻度を制御します。

デフォルト値は、5分間です。間隔を変更するには、新たな値を入力または選択します。キープ・アライブ・レートは分単位で指定します。

CLIユーティリティ「nvjobcreate」は終了
ステータスを返す

デフォルトでnvjobcreateユーティリティは、成功時にはジョブIDを、失敗時には「0」を返します。

このチェック・ボックスを選択すると、nvjobcreateユーティリティは成功時には終了コード「0」を、失敗時には「1」を返します。

nvjobcreateユーティリティが終了ステータスを返すように設定されているときにジョブID番号を特定するには、-jobidfileオプションを使用できます。ジョブID番号は指定したファイルに書き込まれます。このオプションについての詳細は、『Quest NetVault Backup CLIリファレンス・ガイド』を参照してください。

ログ・デーモンの設定

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

ログ・デーモンについて

ログ・デーモン(nvlogdaemon)は、NetVault Backupサーバー上で実行されます。このプロセスは、NetVault Backupサービスと一緒に開始されます。

ログ・デーモンは、さまざまなNetVault Backupプロセスが生成したログ・メッセージを管理し、これらのメッセージをNetVaultデータベースに書き込みます。ログ・メッセージには、問題の診断およびトラブルシューティングに使用できる情報が含まれています。また、ログ・デーモンは定期的にディスク領域の確認を実行し、使用量が「警告」または「重大」のしきい値に到達した場合にアラート・メッセージを出します。これらのチェックは、NetVault Backupホーム、Database、Logs、およびReportsディレクトリに適用されます。

ログ・デーモンの設定を変更するには、[設定変更]ページを使用します。

ディスク領域の警告しきい値の設定

ログ・デーモンは定期的にディスク領域の確認を実行し、使用量が「警告」または「重大」のしきい値に到達した場合にアラート・メッセージを出します。これらのチェックは、NetVault Backupホーム、Database、Logs、およびReportsディレクトリに実行されます。警告しきい値と重大しきい値は、それぞれ合計ディスク領域の85パーセントと95パーセントに設定されています。ディスク領域確認イベントのデフォルトの周期は「1」時間です。

ログ・デーモンの設定を使用して、ディスク空き容量チェックのアラートしきい値およびデフォルト間隔を変更できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[サービス]で、[ログ・デーモン]をクリックします。[ログ・デーモン]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。

ディスク・スペース警告
開始点

警告のしきい値を入力または選択します。デフォルト値は、合計ディスク・スペースの85パーセントです。

ディスク領域使用率が警告しきい値に到達または超過すると、次のイベントが発生します。

NetVault Backupは、Home Drive Becoming Full(ホーム・ドライブが満杯間近)イベントを生成します。

ディスク領域の重大
しきい値

重大のしきい値を入力または選択します。デフォルト値は、合計ディスク・スペースの95パーセントです。

ディスク領域使用率が重大しきい値に到達または超過すると、次のイベントが発生します。

NetVault Backupサービスが自動的にシャットダウンし、サービス・ステータスは[ディスクの空き容量不足により停止]に設定され
ます。

ディスク使用済み領域の
確認周期

各ディスク領域確認イベント間の間隔を入力または選択します。時間数で指定します。デフォルト値は、1時間です。

ディスク領域の確認を無効にするには、この値を0に設定します。

Related Documents