Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

クラスタ対応プラグインを使用したバックアップ

Plug-in for FileSystemを使用したバックアップの実行手順は、通常および仮想クライアントとほぼ同じです。クラスタ対応バージョンのプラグインでは、標準バージョンと同じように使って、データ・アイテムを選択することができます。ただし、[NetVault Backupセレクション]ページで仮想クライアント・ノードを開くと、ノード下にはクラスタ対応プラグインのみが表示されます。プラグインのセレクション・ツリーに、共有ドライブとローカル・ドライブ、およびマウント・ポイントが表示されます。ユーザーは共有リソースに使われるドライブ文字とマウント・ポイントを控えておき、それに応じてデータを選択する必要があります。標準バージョンで設定できるバックアップ・オプションは、クラスタ対応バージョンでも利用できます。

Exchangeサーバー・クラスタ環境、Oracle RACセットアップ、SQL Serverフェイルオーバー・クラスタ内でのデータのバックアップについての詳細は、対応するプラグインのユーザー・ガイドを参照してください。

以下の点に注意します。

メモ:クラスタのバックアップとリストアでは、[ジョブ・ステータス]ページに仮想クライアント名が表示され、実際のクライアント名は[ログ参照]ページに表示されます。

バックアップ時にフェイルオーバーが発生すると、ジョブは中断され、「ジョブの失敗」ステータスが返されます。[ジョブ・リトライ]スケジュール設定オプションを使うと、フェイルオーバーの終了後にジョブを再実行させることが可能です。

Plug-in for FileSystemを使用すると、Windowsでフェイルオーバーが発生した場合は、フェイルオーバーが発生した原因と失敗したジョブのステータスが直接関連付けられます。原因に応じて、ジョブは以下の終了ステータスを返します。

クラスタ対応プラグインを使用したリストア

Plug-in for FileSystemを使用したリストアの実行手順は、通常および仮想クライアントとほぼ同じです。バックアップは、実際のクライアント・ノードではなく仮想クライアント・ノードからリストアされます。リストア・ジョブを実行すると、プラグインはクラスタ・サービスとやり取りをして制御ノードを判断し、このマシンをリストアのターゲットとします。

Exchangeサーバー・クラスタ環境、Oracle RACセットアップ、SQL Serverフェイルオーバー・クラスタ内でのデータのリストアについての詳細は、対応するプラグインのユーザーズ・ガイドを参照してください。

メモ:クラスタのバックアップとリストアでは、[ジョブ・ステータス]ページに仮想クライアント名が表示され、実際のクライアント名は[ログ参照]ページに表示されます。

NetVault Backupのデフォルトの設定

デフォルトの設定について

NetVault Backupのいくつかの設定はデフォルトで動作しますが、ご利用の環境に合わせてカスタマイズすることができます。これらの設定は、[ナビゲーション]パネルの[設定変更]リンクから表示および変更できます。以下のサービスおよびコンポーネントについては、デフォルト設定を利用できます。

プラグイン

サービス

システムおよびセキュリティ

ユーザー・インターフェイス

メモ:NetVault Backupの設定は、[クライアント管理]リンクからも表示および変更できます。
1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
3
[クライアント表示]ページで、[設定]をクリックします。
Related Documents