Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

仮想クライアントの変更

仮想クライアントを作成したら、クラスタ・ノードの追加と削除、またはクラスタ・アプリケーションのIPアドレスの変更を行えます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
3
[仮想クライアント]ページで、必要な設定を変更します。
クラスタ・アプリケーションのIPアドレスを変更するには、[仮想クライアント・アドレス]に新しいアドレスを入力します。
仮想クライアントにクラスタ・ノードを追加するには、[利用可能なクライアント]テーブルでそれを選択して、項目の左にある[追加]ボタンをクリックします。選択したクライアントが、[選択済みクライアント]テーブルに移動します。
仮想クライアントからクラスタ・ノードを削除するには、[選択済みクライアント]テーブルでそれを選択して、アイテムの左側にある[削除]ボタンをクリックします。選択したクライアントが、[利用可能なクライアント]テーブルに移動します。
4
変更した設定を保存するには、[仮想クライアントの保存]をクリックします。

仮想クライアントに対するアクセスの確認

仮想クライアントに対するバックアップまたはリストア・ジョブを正常に完了するには、少なくとも1つのメンバー・クライアントがオンラインなおかつアクティブでなければなりません。[アクセス確認]オプションを使用して、メンバー・クライアントのアクセス性のステータスを判別できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
3
[仮想クライアント]ページで、[アクセス確認]をクリックします。
[OK]をクリックしてダイアログ・ボックスを閉じます。

現在の実際のクライアントの判別

[現在の実際のクライアント]オプションを使用して、どのマシンがクラスタ・アプリケーションの制御下にあるかを判別できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
3
[仮想クライアント]ページで、[現在の実際のクライアント]をクリックします。
[OK]をクリックしてダイアログ・ボックスを閉じます。

仮想クライアントの削除

クラスタ・セットアップ内でプラグインを使用しない場合は、仮想クライアントを削除することができます。仮想クライアントを削除した場合、NetVault Backupクライアントとして追加されたクラスタ・ノードはサーバーから削除されません。ただし、プラグインによるクラスタ・データのバックアップ機能は削除されます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
3
[仮想クライアント]ページで、[削除]をクリックします。
4
[確認]ダイアログ・ボックスで、[削除]をクリックします。
Related Documents