Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

クラスタ対応プラグインのインストールおよびアップグレード

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

前提条件

クラスタ対応プラグインのインストール手順を開始する前に、以下の必要条件を満たしていることを確認してください。

NetVault Backupサーバーのインストール:指定したマシンにNetVault Backupサーバー・ソフトウェアをインストールします。NetVault Backupサーバーは、クラスタ・セットアップに含まれない独立したマシンである必要があります。サーバー・ソフトウェアのインストールについての詳細は、『Quest NetVault Backupインストール・ガイド』を参照してください。
NetVault Backupクライアントのインストール:NetVault Backupクライアント・ソフトウェアを各クラスタ・ノードにインストールします。クライアント・ソフトウェアのインストールについての詳細は、『Quest NetVault Backupインストール・ガイド』を参照してください。
NetVault Backupクライアントの追加:クライアントをNetVault Backupサーバーに追加します。クライアントの追加についての詳細は、「クライアントの追加」を参照してください。
インストール・ファイルのコピー:クラスタ対応プラグインの「.npk」インストール用ファイルをNetVault Backupサーバーにコピーします。

クラスタ対応プラグインのインストール

クラスタ設定では、NetVault Backupサーバー上に仮想クライアントを作成することで、プラグインがインストールされます。クラスタ内のすべてのノードがグループ化されて、仮想クライアントを形成します。プロセス中に、プラグインは指定したクラスタ・ノードにインストールされます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックします。
2
[クライアント管理]ページで、[仮想クライアントの追加]をクリックします。
3
[仮想クライアント]ページで、以下の情報を指定します。
[仮想クライアント名]に、仮想クライアントの名前を入力します。名前は一意にする必要があります。スペースは、仮想クライアントでは認識されないため、アンダースコア記号(_)に置き換えられます。いったん仮想クライアント名を設定したら、変更することはできません。
[仮想クライアント・アドレス]にクラスタ・アプリケーションのIPアドレスを入力します。
パッケージ・リストから、プラグインのインストール・ファイルを選択します。このリストには、packagesディレクトリとそのサブディレクトリにコピーされるクラスタ対応「.npk」ファイルがすべて含まれています。以下の表に、インストール・ファイルのファイル名を示します。ここで、x-x- x-xは、バージョン番号、ビルド番号、およびプラットフォーム番号を表します。

Plug-in for FileSystem(Windows用)

win-x-x-x-x.npk

Plug-in for FileSystem(Linux用)

nvf-x-x-x-x.npk

Plug-in for FileSystem(Solaris(SPARC)用)

nvf-x-x-x-x.npk

Plug-in for Exchange

exs-x-x-x-x.npk

Plug-in for Hyper-V

hv-x-x-x-x.npk

Plug-in for Oracle

ora-x-x-x-x.npk

Plug-in for SQL Server

sql-x-x-x-x.npk

仮想クライアントにクラスタ・ノードを追加するには、[利用可能なクライアント]テーブルでクライアント・ノードを選択して、アイテムの左にある[追加]ボタンをクリックします。選択したクライアントが、[選択済みクライアント]テーブルに移動します。
仮想クライアントからクラスタ・ノードを削除するには、[選択済みクライアント]テーブルでクライアント・ノードを選択して、アイテムの左にある[削除]ボタンをクリックします。選択したクライアントが、[利用可能なクライアント]テーブルに移動します。
4
[仮想クライアントの作成]をクリックします。

クラスタ対応プラグインのアップグレード

クラスタ対応のプラグインをアップグレードするため、既存の仮想クライアントが削除され、最新バージョンのプラグインを使用して新しい仮想クライアントが作成されます。

Related Documents