Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

レポートの使用

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

レポート作成

レポートには、[レポート表示]ページからアクセスすることができます。必要に応じてレポートを実行および表示したり、レポート・スケジュールを作成して指定の時刻にレポートを生成したりすることができます。また、NetVault Backupでは、イベントと通知を使用して、電子メールでレポートを送信したり、レポートを印刷したりすることもできます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[レポート参照]をクリックします。
2
[レポート表示]ページで、生成するレポートを選択します。利用可能な事前定義されたレポートについての詳細は、「利用可能なレポート」を参照してください。
3
すぐにレポートを実行して表示するには、[実行 & 参照]をクリックします。
使用するフィルタを設定して、[OK]をクリックします。フィルタ・オプションについての詳細は、「レポート用のフィルタの設定」を参照してください。

レポート用のフィルタの設定

何らかのフィルタ条件が含まれている通常レポートを実行すると、[レポート用のフィルタ設定]ダイアログ・ボックスが表示されます。1つ以上の条件を設定でき、それに基づいてレポート・システムが出力を生成します。使用するフィルタ・フィールドごとに、フィルタ演算子を選択し、比較値を指定する必要があります。

相対日付:TODAY-n[time variable]
例:TODAY-7DA
相対時刻:NOW-n[timevaribale]またはTODAY-n[time variable]
例:NOW-12HO
[状態]:このチェック・ボックスを選択すると、フィールドの状態をフィールドに格納されている値と比較することができます。フィールド状態の比較オプションは、NetVault Backupレポーティング・システムに精通した上級ユーザーが利用することを想定しています。
[正規表現]:このチェック・ボックスを選択すると、定数値ではなく正規表現と照合することができます。正規表現には、テキスト文字とワイルドカード文字を含めることができます。
[上と同じ]:[上と同じ]チェック・ボックスは、複数のレポート・コンポーネントに同じフィルタ・フィールドが適用される場合に表示されます。このチェック・ボックスを選択すると、前のフィールドで設定された値と同じ比較値を使用することができます。
4
フィルタを設定したら、[OK]をクリックしてダイアログ・ボックスを閉じます。

レポート・ジョブ定義の編集

レポート・ジョブ定義を編集してレポート・スケジュールの変更や、レポートのユーザー定義イベントの設定を行うことができます。NetVault Backupでは、生成したレポートを電子メールで配信したり、通知システムによってレポートを印刷したりすることができます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[レポート参照]をクリックします。
2
[レポート表示]ページで、編集するレポートを選択して、[レポート編集]をクリックします。
3
[レポート・ジョブ定義の編集]ページで、以下のオプションを設定します。

スケジュール

このオプションを使用して、指定の時刻にレポートを実行できます。スケジューリング・オプションは、定期的なレポート生成に役立ちます。

レポート・スケジュールを設定するには、既存のスケジュール・セットを選択するか、[新規作成]をクリックして、スケジュール・タイプとスケジュール方式を指定します。詳細は、「スケジュール・セットの作成」を参照してください。

スケジュール済みイベントでは、[レポート完了時イベント]ボックスでユーザー定義イベントを指定します。

レポート完了時イベント

ジョブが正常に完了した場合に発生させるイベントを指定します。

レポート失敗時イベント

ジョブが失敗した場合に発生させるイベントを指定します。

メモ:レポート・イベントは、レポート・スケジュールを指定した場合または[実行 & 通知]を使用する場合にのみ発生します。
4
[保存]をクリックして、[レポート・ジョブの保存]ダイアログ・ボックスで[OK]をクリックします。
ジョブを保存すると、設定済みイベントがReport Jobイベント・クラスに追加されます。レポートが生成されたとき、グローバル通知方法またはユーザー通知プロファイルを使用してイベント通知を受信できます。詳細は、「通知方法の使用による、電子メールでのレポート送信またはレポートの印刷」を参照してください。
Related Documents