Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

セーブセット詳細の表示

1
[ナビゲーション]パネルで、[ストレージの調査]をクリックします。
2
ディスク・ベースのストレージ・デバイスにセーブセットが保管されている場合は、[ディスク・ストレージの調査]をクリックします。リポジトリのテーブルからデバイスを選択して、[リポジトリ調査]をクリックします。
3
物理または仮想テープにセーブセットが保管されている場合は、[テープ・ストレージの調査]をクリックします。メディア・アイテムのリストからテープを選択し、[メディアの調査]をクリックします。
4
セーブセットのリストから、対象セーブセットを選択して、[セーブセット検査]をクリックします。
ジョブ:ジョブID番号およびインスタンスID番号
タイトル:ジョブ名
タグ:セーブセットに割り当てられているタグ
サーバー:NetVault Backupサーバーの名前
クライアント:セーブセットが生成されるNetVault Backupクライアントの名前。
プラグイン:セーブセットの作成に使用されたプラグインの名前。
日付:セーブセット作成日付。
有効期限:セーブセット有効期限の日時。
増分:増分バックアップであるかどうか。
アーカイブ:アーカイブ・オプションが選択されたかどうか。
サイズ:セーブセット・サイズ。
6
メディア・アイテムのリストを表示するには、[メディア・リスト]をクリックします。
バックアップ・サイズ:セーブセットの合計サイズがバイト数で表示されます。
[データ・セグメント]テーブル:このテーブルには、データ・セグメントを含むメディア・アイテムに関する情報が表示されます。メディア・ラベル、メディア・グループ・ラベル、ストリームID、開始バイト数、終了バイト数、メディアの場所などの詳細情報を参照できます。
[インデックス・セグメント]テーブル:このテーブルには、インデックス・セグメントを含むメディア・アイテムに関する情報が表示されます。メディア・ラベルおよびメディアの場所を参照できます。
[閉じる]をクリックしてダイアログ・ボックスを閉じます。

セーブセット有効期限のオプション設定

NetVault Backupは、バックアップに対して世代ベースおよび時間ベースのリタイア方式をサポートしています。これらのオプションは、バックアップ詳細設定セットで指定します。[有効期限の変更]を使用して、有効期限や世代数を後で設定または変更することもできます。

このセクションでは、[有効期限の変更]を使用してリタイア期間または最大世代数を設定する方法について説明します。[バックアップ寿命]オプションについての詳細は、「バックアップ・リタイア・オプションの設定」を参照してください。

バックアップに従属バックアップが含まれる場合は、以下を実行するように選択できます。

バックアップ・リタイア方式の詳細については、「バックアップのリタイア」を参照してください。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ストレージの調査]をクリックします。
2
ディスク・ベースのストレージ・デバイスにセーブセットが保管されている場合は、[ディスク・ストレージの調査]をクリックします。リポジトリのテーブルからデバイスを選択して、[リポジトリ調査]をクリックします。
3
物理または仮想テープにセーブセットが保管されている場合は、[テープ・ストレージの調査]をクリックします。メディア・アイテムのリストからテープを選択し、[メディアの調査]をクリックします。
4
セーブセットのリストから、対象セーブセットを選択して、[セーブセット検査]をクリックします。
5
[有効期限の変更]をクリックして、以下のオプションを設定します。

有効期限の変更

時間ベースのリタイアを設定するには、このチェック・ボックスを選択して、以下のいずれかの作業を行います。

[オン]オプションを選択して、それぞれのボックスに日時を入力するか、または選択します。
または、[無期限]オプションを選択して、バックアップを無期限に保持します。

生成サイクルの変更

世代ベースのリタイアを設定するには、このチェック・ボックスを選択して、以下のいずれかの作業を行います。

[次の期間を経過したら廃棄]オプションを選択して、関連するボックスにフル・バックアップ回数を入力または選択します。
または、[破棄しない]オプションを選択して、バックアップを無期限に保持します。

強制終了

デフォルトでは、バックアップに依存関係のあるバックアップが含まれる場合、そのリタイアはすべての依存関係のあるバックアップがリタイアする準備が整うまで延期されます。

このチェック・ボックスを選択すると、そのリタイア・スケジュールに従ってバックアップをリタイアすることができます。この動作を強制すると、依存関係のある増分および差分バックアップが早期にリタイアする場合があります。

このルールをすべてのバックアップにグローバルに適用するために、メディア・マネージャの設定を変更できます。詳細は、「依存関係にあるバックアップのリタイア・ルールの設定」を参照してください。メディア・マネージャの[破棄のタイミングの管理]オプションが[Force Always]に設定されている場合は、このチェック・ボックスの状態に関係なく、[強制終了]オプションが使用されます。

6
[OK]をクリックして設定を保存します。
重要: 
[有効期限日付の変更]オプションと[生成サイクルの変更]オプションを両方ともフル・バックアップに設定すると、バックアップは、両方の条件が満たされたときのみリタイアされます。たとえば、[フル・バックアップ回数の超過後に破棄]オプションをフル・バックアップ4回に、[次の期間を経過したら廃棄]オプションを30日に設定すると、フル・バックアップが4回行われて、なおかつ30日が経過してからバックアップはリタイアされます。

ディスク・ベースのストレージ・デバイスからのセーブセットの削除

セーブセットをディスクベースのストレージ・デバイスから削除すると、セーブセットのインデックスがNetVaultデータベースから削除され、デバイスからセーブセットのバックアップが削除されます。デバイスをスキャンして、削除されたバックアップをインポートすることはできません。

バックアップに従属バックアップが含まれる場合は、以下を実行するように選択できます。

重要:メディア・マネージャの[破棄のタイミングの管理]オプションが[Force Always]に設定されている場合は、ここでの選択に関係なく、セーブセットは即座に削除されます。このグローバル設定の詳細については、「依存関係にあるバックアップのリタイア・ルールの設定」を参照してください。
1
[ナビゲーション]パネルで、[ストレージの調査]をクリックします。
2
[ストレージの調査]ページで、[ディスク・ストレージの調査]をクリックします。リポジトリのテーブルからデバイスを選択して、[リポジトリ調査]をクリックします。
b
[セーブセット削除]をクリックします。
c
[セーブセット削除]ダイアログ・ボックスで、選択したセーブセットの重複も削除する場合は、[選択したセーブセットに関連付けられたすべてのコピーを削除します]チェック・ボックスを選択します。
d
[削除タイミングのオプションを選択します]で、セーブセットをすぐに削除するか、すべての従属セーブセットがリタイア日に達するまで削除を遅らせるかを指定します。
削除するにはマークを付けます:選択したセーブセットを削除対象としてマークするには、このオプションを使用します。依存関係にある増分バックアップまたは差分バックアップがセーブセットに存在しない場合、セーブセットはすぐに削除されます。依存関係にある増分バックアップまたは差分バックアップがバックアップに存在する場合、セーブセットは、依存関係にあるすべてのバックアップがリタイア日に達した後で削除されます。
すぐに強制削除:選択したセーブセットをすぐに削除するには、このオプションを使用します。選択したセーブセットに存在する、依存関係にある増分バックアップと差分バックアップも、リタイア日に達していなくてもすぐに削除されます。
e
[OK]をクリックします。
a
セーブセットのリストで、削除するセーブセットを選択して、[セーブセット検査]をクリックします。
b
[削除]をクリックします。
c
[セーブセット削除]ダイアログ・ボックスで、選択したセーブセットの重複も削除する場合は、[このセーブセットに関連付けられたすべてのコピーを削除します]チェック・ボックスを選択します。
d
[削除タイミングのオプションを選択します]で、セーブセットをすぐに削除するか、すべての従属セーブセットがリタイア日に達するまで削除を遅らせるかを指定します。
削除するにはマークを付けます:選択したセーブセットを削除対象としてマークするには、このオプションを使用します。依存関係にある増分バックアップまたは差分バックアップがセーブセットに存在しない場合、セーブセットはすぐに削除されます。依存関係にある増分バックアップまたは差分バックアップがバックアップに存在する場合、セーブセットは、依存関係にあるすべてのバックアップがリタイア日に達した後で削除されます。
すぐに強制削除:選択したセーブセットをすぐに削除するには、このオプションを使用します。選択したセーブセットに存在する、依存関係にある増分バックアップと差分バックアップも、リタイア日に達していなくてもすぐに削除されます。
e
[OK]をクリックします。

テープ・ベースのストレージ・デバイスからのセーブセットの削除

テープ・ベースのストレージ・デバイスからセーブセットを削除すると、基本的に、セーブセットのインデックスがNetVaultデータベースから削除されます。その後もメディアをスキャンして、NetVaultデータベースにバックアップ・インデックスをインポートし、バックアップを使用できます。

バックアップに従属バックアップが含まれる場合は、以下を実行するように選択できます。

重要:メディア・マネージャの[破棄のタイミングの管理]オプションが[Force Always]に設定されている場合は、ここでの選択に関係なく、セーブセットは即座に削除されます。このグローバル設定の詳細については、「依存関係にあるバックアップのリタイア・ルールの設定」を参照してください。
1
[ナビゲーション]パネルで、[ストレージの調査]をクリックします。
2
[ストレージの調査]ページで、[テープ・ストレージの調査]をクリックします。メディア・アイテムのリストからテープを選択し、[メディアの調査]をクリックします。
3
セーブセットのリストで、削除するセーブセットを選択して、[セーブセット検査]をクリックします。
4
[削除]をクリックします。
5
[セーブセット削除]ダイアログ・ボックスで、選択したセーブセットの重複も削除する場合は、[このセーブセットに関連付けられたすべてのコピーを削除します]チェック・ボックスを選択します。
6
[削除タイミングのオプションを選択します]で、セーブセットをすぐに削除するか、すべての従属セーブセットがリタイア日に達するまで削除を遅らせるかを指定します。
削除するにはマークを付けます:選択したセーブセットを削除対象としてマークするには、このオプションを使用します。依存関係にある増分バックアップまたは差分バックアップがセーブセットに存在しない場合、セーブセットはすぐに削除されます。依存関係にある増分バックアップまたは差分バックアップがバックアップに存在する場合、セーブセットは、依存関係にあるすべてのバックアップがリタイア日に達した後で削除されます。
すぐに強制削除:選択したセーブセットをすぐに削除するには、このオプションを使用します。選択したセーブセットに存在する、依存関係にある増分バックアップと差分バックアップも、リタイア日に達していなくてもすぐに削除されます。
7
[OK]をクリックします。

 

Related Documents