Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

プッシュ・インストールについて

プッシュ・インストール方式では、1つまたは複数のソフトウェア・パッケージをリモート・マシンにインストールできます。この方法を使用して、NetVault Backupクライアント・ソフトウェアとNetVault Backupプラグインを複数のマシンにインストールしたり、アップグレードしたりできます。プッシュ・インストール方式は、Windowsベースのマシンでのみ利用できます。

NetVault Backup WebUIからプッシュ・インストール・タスクを実行できます。タスクが開始すると、展開エージェントがリモート・マシンにインストールされます。エージェントは、共有場所からインストール・パッケージをコピーし、マシンに対してサイレント・インストールを実行します。また、エージェントはステータス・メッセージをサーバーに送信します。タスク・ステータスはWebUIから参照できます。パッケージが正常にマシンにインストールされると、WebUIで自動的に新しいクライアントがNetVault Backupサーバーに追加され
ます。

デフォルトでは、NetVault Backupは最大50個のプッシュ・インストール・プロセスを同時に実行できます。デフォルト設定を変更して、同時プロセス数を増やすことができます。詳細は、「展開マネージャのデフォルトの設定」を参照してください。

前提条件

プッシュ・インストール手順を開始する前に、以下の必要条件を満たしていることを確認します。

共有場所へのパッケージのコピー:クライアントとプラグイン・パッケージを共有場所にコピーします。現在、CIFS共有のみがパッケージ・ストアとしてサポートされています。NetVault Backupサーバーと、パッケージをインストールするすべてのターゲット・マシンがアクセス可能なパスである必要があり
ます。
NetVault Backupでのパッケージ・ストアの設定:インストール・パッケージをコピーしたら、NetVault Backupで共有場所の詳細を設定できます。詳細は、「パッケージ・ストアの設定」を参照してください。
複数のネットワーク・アドレスを使用するNetVault Backupサーバーでの優先ネットワーク・アドレスの設定:複数のネットワーク・アドレスを使用するNetVault Backupサーバーで、[優先して使用するネットワーク・アドレス]を設定して、リモート・クライアントがステータス・メッセージを正しいアドレスに送信できるようにします。この設定についての詳細は、「複数のネットワーク・アドレスを使用するマシンのネットワーク・アドレス設定」を参照してください。
プッシュ・インストールに必要なポートをトラフィックが通過できるようにファイアウォールの設定を確認:クライアントおよびプラグイン・パッケージをリモート・マシンにプッシュするには、ポート135経由でRPCを使用して、NetVault Backupサーバーでリモート・マシンとの初期WMIセッションを確立します。後続のすべてのWMIトラフィックでは、49152~65535の範囲の動的ポートが使用されます。

パッケージ・ストアの管理

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

パッケージ・ストアの設定

パッケージ・ストアは、プッシュ・インストールのためのNetVault Backupクライアントおよびプラグイン・バイナリ・ファイルを保管するために使用される共有場所です。現在、CIFS共有のみがパッケージ・ストアとしてサポートされています。CIFS共有のパスおよびユーザー認証情報を指定して、NetVault Backupでパッケージ・ストアを設定できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ガイド付き設定]をクリックして、次に[NetVault設定ウィザード]ページで[ソフトウェアのインストール/クライアントの追加]をクリックします。
2
[ソフトウェアの選択/クライアントの追加]ページで[リモート・マシンにNetVaultソフトウェアをインストール]を選択します。
3
[ストアの管理]をクリックして、以下の詳細を指定します。

ストア名

パッケージ・ストアの表示名を指定します。

ストア名は一度設定すると、その後変更ができないことに注意してくだ
さい。

タイプ

CIFSを選択します。

場所

CIFS(Common Internet File System)共有のUNC(Uniform Naming Convention)パスを指定します。

パスの指定形式を以下に示します。

\\<server>\<share name>

NetVault Backupサーバーと、パッケージをインストールするすべてのターゲット・マシンがアクセスできるパスになっていることを確認します。

メモ:サーバーIPアドレスを使用して、ローカル・パッケージ・ストアが設定されている場合(例:\\10.11.12.3\PkgStore)、パッケージ・ストアの追加または更新時にユーザー認証情報は検証されません。無効な認証情報を指定しても、エラーが報告されません。ただし、認証に失敗すると、展開タスクが失敗し、ストアからパッケージを取得できません。そのため、ローカル・ストアへのパスを設定する場合はサーバー名を使用することをお勧めします(例:\\WinServer1\PkgStore)。

ユーザー名

CIFS共有へのアクセスに使用できるユーザー・アカウントを指定します。

パスワード

ユーザー・アカウントのパスワードを指定します。

4
[追加]をクリックしてストアを追加し、[終了]をクリックします。
Related Documents