Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

テープのロード

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。

メディアへの再利用のマーク付け

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
確認ダイアログが表示されたら、[OK]をクリックします。
4
メディアの再利用を手動でマーク設定した場合、NetVault Backupはそのメディア・ラベルとグループ関連付けを保持します。そのようなメディアを再利用するには、[ターゲット]タブの[メディア再利用]オプションを、[指定なし]または[指定したメディアと同じグループ]のいずれかに設定する必要があります。NVBUは、これらのメディアが再利用されると、既存のメディアのデータに上書きします。

テープ・ドライブの削除

次の手順を使用して、不要になったテープ・ドライブを削除できます。

テープ・ドライブを削除しても、ロードされているテープに関する情報はNetVaultデータベースから削除されません。テープはそのメディア・タイプをサポートするその他の任意のドライブで使用できます。同じNetVault Backupドメイン内でテープを使用する場合、スキャンは不要です。別のNetVault Backupドメインの場合、バックアップにアクセスするにはテープのスキャンが必要です。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[変更]をクリックします。
4
[デバイスの編集]ページで、削除するドライブをクリックします。
5
[選択されたドライブ]領域で、[ドライブの削除]をクリックします。
該当するドライブをクリックして、[削除]をクリックします。
6
[保存]をクリックします。

共有デバイスの追加

共有ドライバの追加は、[デバイス管理]ページのツリー・ビューを使用してのみ実行できます。

ドライブを共有するには、ファイバ・チャネル環境などの複数のマシンがデバイスに直接パスを設定できるインフラストラクチャが必要です。そのような環境では、複数のSmartClientでデバイスを共有し、直接アクセスすることによりリソースの活用を改善することができます。共有ドライブは複数のマシン(NetVault Backupサーバー、クライアント、ファイラーなど)で制御できますが、ライブラリ・アーム・チェンジャは1つのNetVault Backupクライアントの制御下に置かれたままになります。複数のNetVault Backupクライアントで共有する各デバイスでは、動的共有ドライブ(DSD)ライセンスが使用されます。

以下のセクションでは、NetVault Backupドメインに共有デバイスを追加する手順を説明します。手順を進める前に、ターゲットNetVault BackupクライアントがすべてNetVault Backupサーバーに追加されていることの確認が必要です。

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

Related Documents