Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

転送バッファ・サイズの最適値

以下の表は、一部のドライブ・タイプで利用できる最適な値の例です。

新しい高速のテープ・ドライブ

例: LTOシリーズ、SDLT、およびSAIT

65537(64MiB + 1KiB)

一般レベルのスピードのテープ・ドライブ

例: DLT8000、DLT7000、AIT-3

32769(32MiB + 1KiB)

プロフェッショナル向けの古いテープ・ドライブ

例: DLT2000、DLT4000、AIT-2

16385(16MiB + 1KiB)

古い低容量のローエンド・ドライブ

例: EXB-8505、AIT-1、DAT

8193(8MiB + 1KiB)

テープ・ドライブのステータスの確認

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[確認]をクリックして、確認のダイアログ・ボックスで[OK]をクリックします。

テープ・ドライブのステータスの変更

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[オンライン]または[オフライン]をクリックします。
デバイスがオフラインの場合、[オンライン]をクリックしてオンラインに戻せます。
デバイスがオンラインの場合、[オフライン]をクリックしてオフラインにできます。

クリーニング・スロットの設定

クリーニング・テープをロードする前に、クリーニング・メディアを保持できるようにスロットを設定する必要があります。[デバイスの編集]ページで、クリーニング・スロットを設定できます。詳細は、「ライブラリの変更」を参照してください。

Related Documents