Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

テープ・ドライブの削除

次の手順を使用して、不要になったテープ・ドライブを削除できます。

テープ・ドライブを削除しても、ロードされているテープに関する情報はNetVaultデータベースから削除されません。テープはそのメディア・タイプをサポートするその他の任意のドライブで使用できます。同じNetVault Backupドメイン内でテープを使用する場合、スキャンは不要です。別のNetVault Backupドメインの場合、バックアップにアクセスするにはテープのスキャンが必要です。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[テープ・ドライブ管理]ページで[削除]をクリックして、確認のダイアログ・ボックスで[OK]をクリックします。

ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

テープ・ドライブ詳細の表示

[デバイス管理]ページには、NVBUサーバーに追加されたすべてのデバイスが表示されます。現在のデバイスのステータスは、以下のアイコンが表されています。

デバイスはオンラインで、使用可能です。

デバイスは使用中です。NetVault Backupはデバイスを検出できますが、バックアップまたはリストア・ジョブのためにそれにアクセスできません。

デバイスは現在オフラインです。NetVault Backupはデバイスを検出できますが、バックアップまたはリストア・ジョブのためにそれにアクセスできません。

赤い×印

デバイスは使用不可です(SCSIケーブルが接続されていない、デバイスが取り外されている、またはその他の理由によります)。NetVault Backupは、このデバイスを検出できません。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。ツリー・ビューを選択します。
詳細:ドライブに関する全般情報が表示されます。
名前:ドライブ名。
マシン:マシン名。
ドライブのステータス:オンラインまたはオフライン。
メディアのステータス:アンロードまたは空。
ドライブ統計:ドライブの使用統計が表示されます。
総データ書き込み量:ドライブを使用して書き込まれたデータの合計量。
総データ読み込み量:ドライブを使用して読み込まれたデータの合計量。
書き込みエラー:報告された書き込みエラー数。
読み込みエラー:報告された読み取りエラー数。
最終書き込み日:ドライブの書き込み操作が最後に実行された日付。
最終読み込み日:ドライブの読み込み操作が最後に実行された日付。
名前:ライブラリ名。
物理スロットの位置:物理スロット番号。
論理スロットの位置:論理スロット番号。
クリーニング:ドライブのクリーニング統計が表示されます。
最終クリーニング日:ドライブのクリーニング操作が最後に実行された日付。
最終クリーニング以降の経過時間:最後の自動または手動クリーニング操作からの経過
時間。
クリーニング実行回数:ドライブがクリーニングされた回数。
最終クリーニング以降のデータ転送量:最後のクリーニング操作以後のデータの読み取りまたは書き込み量。
最終クリーニング以降の使用時間:最後のクリーニング操作以降、読み取りまたは書き込み操作にドライブが使用した時間数。
最終クリーニング以降のソフト・エラー:最後のクリーニング操作からの、報告された読み取りまたは書き込みエラー数。
総データ書き込み量:ドライブを使用して書き込まれたデータの合計量。
総データ読み込み量:ドライブを使用して読み込まれたデータの合計量。
総書き込みエラー:報告された書き込みエラー数の合計。
総読み込みエラー:報告された読み取りエラー数の合計。
書き込み時間:書き込み操作に要した時間。
読み込み時間:読み込み操作に要した時間。
4
[OK]をクリックして[詳細]ダイアログ・ボックスを閉じます。
名前:ライブラリ名。
物理スロットの位置:スロットの物理位置。
論理スロットの位置:スロットの論理位置。
ロック済み:このオプションは、メディアがスロット内に存在するか、スロットが予約されている場合に表示されます。
メディア:このセクションは、前出のドライブのメディア・セクションと同様です。
6
[OK]をクリックして[詳細]ダイアログ・ボックスを閉じます。

物理テープ・ドライブの設定

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[設定]をクリックします。
4
[ドライブの編集]ダイアログ・ボックスの以下のタブで、設定を行います。
NDMP設定:ここで、NDMPパラメータを使用できます。Questサポートの担当者から指示された場合を除き、このタブのパラメータのデフォルト設定は変更しないでください。これらの設定についての詳細は、「NDMPの設定項目」を参照してください。
設定:ここで必要なパラメータを設定します。Questサポートの担当者から指示された場合を除き、このタブのパラメータのデフォルト設定は変更しないでください。これらの設定についての詳細は、「テープ・ドライブの一般設定」を参照してください。
パフォーマンス:これらの設定についての詳細は、「ドライブ・パフォーマンス設定」を参照してください。
統計値:これらの設定についての詳細は、「統計情報収集設定」を参照してください。
SCSI設定:さまざまなタイプのSCSIコマンドのデフォルト・タイムアウト値はゼロに設定されており、以下の間隔に対応しています。
ジェネリック・クリーニング:テープ・ドライブのジェネリック・クリーニングの設定を行うには、このオプションを選択します。これらの設定についての詳細は、「ジェネリック・クリーニングの設定」を参照してください。
Related Documents