Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

テープの入口/出口ポートへのエクスポート

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
2
デバイスのリストから、テープを含むライブラリを開き、[スロット]リンクまたは対応する[スロットの管理]ボタンをクリックしてスロット・ブラウザを開きます。
3
4
[ポート]テーブルでテープを選択し、[ポートを開く]をクリックします。
[ポートを開く]コマンドを実行すると、NetVault Backupはライブラリにソフトウェア・ロックをかけて、これからポート・ドアが開くことを認識します。
6
[スロット・ブラウザ]ページで、[ドアを閉じる]をクリックします。
[ドアを閉じる]コマンドを実行すると、NetVault Backupはポート・ドアが物理的に閉じられたことを認識して、ライブラリに対するロックを解除します。

ACSLSライブラリまたはNDMPライブラリの再起動

ACSLSまたはNDMPライブラリでネットワーク上の問題が発生する場合は、以下の手順に従ってライブラリを再起動します。[再起動]方式は、ネットワークおよびソケット接続を削除することで再起動し、ライブラリを再度追加します。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[テープ・ライブラリ管理]ページで、[再起動]をクリックします。
4
確認ダイアログ・ボックスで、[OK]をクリックします。

シャドウ・テープのインポート(NetApp VTL)

NetApp VTLのシャドウ・テープ・オプションにより、物理テープを取得することなく、可能であればいつでもシャドウ・テープ・プールから迅速にテープをインポートすることができます。

シャドウ・テープを使用する場合、以下の操作を実行する必要があります。

仮想テープが含まれるファイラーとライブラリに[シャドウ・テープの有効化]オプションを設定します。シャドウ・テープの有効化についての詳細は、関連するNetApp VTLのドキュメントを参照してください。

シャドウ・テープが有効化されていると、仮想テープが物理テープへエクスポートされると常に仮想テープはシャドウ・テープ・プールに移動します。バックアップ・アプリケーションからシャドウ・テープ・プールは見えず、仮想ライブラリの一部としては記載されません。しかし、後ほど物理テープがインポートされると、すばやくアクセスして利用することができます。また、物理テープがオフサイトに保管されている、または利用できない場合も、読み取りに利用できます。

NetApp VTL は、シャドウ・テープが使用する領域を管理します。また、新しいバックアップ・データ用に領域が必要になった場合は、シャドウ・テープを削除することができます。管理者は、シャドウ・テープの保持期間を設定することができます。まだ保持期間を過ぎていない場合、NetApp VTLはシャドウ・テープを削除する前に通知を送信します。

以下の点に注意します。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[テープ・ライブラリ管理]ページで、[メディアのインポート]をクリックします。
4
[メディア・バーコード]リストでインポートするテープのバーコードを選択または入力します。
5
[インポート]をクリックします。

テープ・ライブラリの削除

次の手順を使用して、不要になったテープ・ライブラリを削除できます。

テープ・ライブラリを削除する場合、NetVaultデータベースからメディア情報は削除されません。メディアはそのメディア・タイプをサポートするその他の任意のライブラリで使用できます。同じNetVault Backupドメイン内でメディアを使用する場合、スキャンは不要です。別のNetVault Backupドメインの場合、バックアップにアクセスするにはメディアのスキャンが必要です。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[テープ・ライブラリ管理]ページで[削除]をクリックして、確認のダイアログ・ボックスで[OK]をクリックします。
Related Documents