Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

Data Domainシステムの設定の変更

既存のData Domainシステムのユーザー名、パスワード、ストリーム制限、またはブロック・サイズを変更できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[更新]をクリックして、[デバイス詳細の更新]ダイアログ・ボックスで、必要な設定を変更します。

ユーザー名

バックアップおよびリストア目的でデバイスにログオンするために使用する、DD Boostユーザー・アカウントを指定します。デバイスをNetVault Backupサーバーに追加する前に、Data Domainシステム上にユーザー・アカウントの作成が必要です。

パスワード

ユーザー・アカウントのパスワードを指定します。

ストリーム制限

この設定のデフォルト値は、32ストリームです。この設定は、コンテナを追加したすべてのNetVault Backupサーバーに適用されます。データ・ストリーム数がコンテナに対して定義されている制限値を超えた場合、メディア・マネージャはエラー「デバイス上のストリームがあまりにも多過ぎます」を報告します。

ソフト・ストリーム制限には、1~256の任意の値を設定することができます。

複数のNetVault Backupサーバーにコンテナを追加した場合は、すべてのサーバーに同じソフト・ストリーム制限を設定します。

ブロックサイズ

データ転送のブロック・サイズを入力または選択します。ブロック・サイズはKiB単位で指定します。デフォルトのブロック・サイズは128KiB
です。

4
[更新]をクリックして設定を保存します。

ディスク・ベースのストレージ・デバイスのステータスの確認

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[確認]をクリックして、確認のダイアログ・ボックスでもう一度[確認]をクリックします。

ディスク・ベースのストレージ・デバイスのステータスの変更

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
デバイスがオフラインの場合、[オンライン]をクリックしてオンラインに戻せます。
4
デバイスがオンラインの場合、[オフライン]をクリックしてオフラインにできます。
[オフライン]方式を実行すると、デバイスがオフラインとしてマークされ、NetVault Backupで利用できなくなります。この方式を実行しても、システムは物理的にはオフラインになりません。

ディスク・ベースのストレージ・デバイスのスキャン

[スキャン]を使用して、ディスクベースのストレージ・デバイスに保管されているすべてのバックアップを照会し、指定されたNetVault Backupサーバーのデータベースにインデックスされていないバックアップをインポートできます。

バックアップをデータベースにインポートするには、NetVault BackupサーバーのNetVault Backupマシン名を、バックアップを実行した元のサーバーと同じにする必要があります。バックアップのスキャンに要する時間は、インポートするバックアップ数およびバックアップ・インデックスのサイズによって異なります。

同じまたは以前のバージョンのNetVault Backupで生成されたインデックスをスキャンできます。サーバーが同じインデックス・バージョンを使用していない場合、以前のバージョンのサーバーでより新しいバージョンのNetVault Backupで生成されたインデックスはスキャンできません。インデックス・バージョンがサポートされていない場合は、インデックスはインポートされず、メッセージがログに生成されます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。デバイスのリストからデバイスを探し、対応する[デバイス管理]アイコンをクリックします。
または、[ナビゲーション]パネルで、[ストレージの調査]をクリックします。[ディスク・ストレージの調査]をクリックして、リポジトリ・テーブルからデバイスを選択します。
2
[RAS デバイス管理]ページまたは[ディスク・ストレージの調査]ページで、[スキャン]をクリックします。
3
[デバイスのスキャン]ダイアログ・ボックスで、次のオプションを設定できます。
インポートされたバックアップ・データの保存期間:NetVaultデータベースにインポートされたバックアップ・データの保存期間を指定します。このオプションは、NetVaultデータベース内で使用可能でないバックアップのみに適用されます。
[スキャン]をクリックして、スキャン・プロセスを開始し、ダイアログ・ボックスを閉じます。
Related Documents