Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

デバイス・アクティビティの監視

[デバイス・アクティビティ]ページを使って、使用中のデバイスのデータ・フローとデータ転送レートを監視することができます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス・アクティビティ]をクリックします。
2
[デバイス・アクティビティ]ページでは、以下の詳細情報を参照できます。

デバイス・アクティビティ

左側にはクライアントからジョブへのデータ転送が、右側にはジョブからストレージ・デバイスへのデータ転送が表示されます。灰色の線は、データ・フローを表しています。線が太いほど、フロー・レートが高くなります。ボックスは、クライアント、ジョブ、およびデバイスを表しています。ボックスの高さが高いほど、フロー・レートが高くなります。

[詳細]で以下の設定を使って、データ・フローのビューを変更できます。

デバイス:すべてのジョブからのストレージ・デバイスへのデータ転送を表示する場合に、このオプションを選択します。
ジョブ・グループ:ジョブ・グループ(プラグインまたはポリシー)からストレージ・デバイスへのデータ転送を表示する場合に、このオプションを選択します。ジョブ・グループは、[グループ化]リストから選択できます。
ジョブ:クライアントからジョブおよびジョブからストレージ・デバイスへのデータ転送を表示する場合に、このオプションを選択します。
焦点、非焦点:これらのボタンを使用して、特定のデバイスのデータ・フローの詳細の表示/非表示を切り替えられます。デバイス・ボックスをクリックして、[焦点]をクリックします。デバイスの詳細を非表示にするには、[非焦点]をクリックします。
一時停止、再生:これらのボタンを使用して、データ・フローの更新を一時停止/再開できます。データ・フローの更新を停止するには、[一時停止]をクリックします。更新を再開するには、[再生]をクリックします。

古いNetVault Backupクライアント上で動作するバックアップの場合、転送レートは「不明」と表示されます。

サマリ

この領域には、アクティブなデータ転送総数、アクティブなクライアント数、アクティブなデバイス数、現在の全体のスループット、最もよく使われる転送、最もよく使われるターゲットが表示されます。

[デバイス・アクティビティ]領域のボックス(クライアント、ジョブ、またはストレージ・デバイスを表す)をクリックして、そのコンポーネントの情報を表示することができます。

[デバイス管理]ページでは、テーブル・ビューまたはツリー・ビューとしてストレージ・デバイスのリストを表示することができます。選択内容を保存するには、[この選択を記憶する]を選択します。デフォルトでは、テーブル・ビューが選択されます。

テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

ディスク・デバイス詳細の表示

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。

デバイスはオンラインで、使用可能です。

デバイスはオフラインです。NetVault Backupはデバイスを検出できますが、バックアップまたはリストア・ジョブのためにそれにアクセスできません。

デバイスは利用できません。NetVault Backupはデバイスを検出できません。

3
[RASデバイス管理]ページでは、以下の詳細情報を参照できます。
デバイス詳細:[デバイス詳細]領域には、以下の情報が表示されます。
名前:ストレージ・デバイス名。この名前はデバイスのLSU名(コンテナ名)、およびDNS名またはIPアドレスに基づいて命名されます。
ステータス:デバイスのステータス。[AVAILABLE]は、そのデバイスがバックアップおよびリストアに使用できることを表します。[オフライン]は、そのデバイスが使用不可で、バックアップまたはリストアに使用できないことを表します。
格納データ:デバイスに保管されているデータ量合計。
使用済み領域:このデバイスが追加されているNetVault Backupサーバーが使用している合計領域。
利用可能容量:ストレージ・デバイスで利用できるディスク領域の合計。
重複排除率:重複排除率は、以下のように計算されます。
DR Seriesシステムについては、[重複排除率]は表示されません。
名前:ストレージ・デバイス名。この名前はデバイスのホスト名とIPアドレスに基づいて命名されます。
ステータス:デバイスのステータス。[AVAILABLE]は、そのデバイスがバックアップおよびリストアに使用できることを表します。[オフライン]は、そのデバイスが使用不可で、バックアップまたはリストアに使用できないことを表します。
格納データ:デバイスに保管されているデータ量合計。
使用済み領域:このデバイスが追加されているNetVault Backupサーバーが使用している合計領域。
重複排除化データ:重複排除処理を行うために送信されたデータの合計量です。
ステージング中のデータ:ステージング・ストアに保存されているデータの量です。
利用可能容量:ストレージ・デバイスで利用できるディスク領域の合計。
重複排除率:重複排除率は、以下のように計算されます。
ステージング・ステータス:ステージング・ストアの現在のステータス。以下のいずれかを指定できます。
ストレージ・ステータス:ストレージ・スペースのステータスです。以下のいずれかを指定できます。
グループ:メディア・グループ名。[なし]は、デバイスがいずれのグループにも追加されていないことを示します。デバイスをストレージ・グループに追加するには、[編集]アイコンをクリックして、[メディア・グループの編集]ダイアログ・ボックスにメディア・グループ名を指定します。詳細を保存してダイアログ・ボックスを閉じるには、[保存]をクリックします。
バージョン:デバイスのバージョン番号。
ライセンス・タイプ:使用されているライセンス・タイプ。
ライセンス容量:ライセンスの容量。
ライセンスの有効期限:ライセンスの有効期限。
重複排除ライセンス済み:重複排除オプションがライセンスされているかどうか。
ガーベッジ・コレクション状態:ガーベッジ・コレクションの現在のフェーズ。
重複排除キュー長:重複排除されるのを待機している要素またはNetVault Backupセグメントの現在の数です。
アクティビティ・チャート:デバイスがバックアップまたはリストア・ジョブによって使用されている場合、アクティビティ・グラフが表示されます。
ジョブ詳細:アクティブなジョブに関して、以下の情報が表示されます。

DR Seriesシステムの設定の変更

既存のDell DR Seriesシステムのユーザー・パスワードまたはストリーム制限を変更できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[デバイス管理]をクリックします。
3
[更新]をクリックして、[デバイス詳細の更新]ダイアログ・ボックスで、必要な設定を変更します。

ユーザー名

デバイスへのログオンに使用するユーザー・アカウントを指定します。

DR Seriesシステムでは、ユーザー・アカウントは1つしか存在せず、そのアカウントのユーザーIDはbackup_userです。このアカウントに対して実行できる操作はパスワードの変更のみです。アカウントを作成したり、既存のアカウントを削除したりすることはできません。

パスワード

ユーザー・アカウントのパスワードを指定します。

ストリーム制限

この設定のデフォルト値は、32ストリームです。この設定は、コンテナを追加したすべてのNetVault Backupサーバーに適用されます。データ・ストリーム数がコンテナに対して定義されている制限値を超えた場合、メディア・マネージャはエラー「デバイス上のストリームがあまりにも多過ぎます」を報告します。

ソフト・ストリーム制限には、1~256の任意の値を設定することができます。

複数のNetVault Backupサーバーにコンテナを追加した場合は、すべてのサーバーに同じソフト・ストリーム制限を設定します。

4
[更新]をクリックして設定を保存します。
Related Documents