Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

ジョブ定義の削除

ジョブ定義が不要になった場合は、NetVaultデータベースから削除できます。ジョブがアクティブな場合は、ジョブをキャンセルするまで、その定義は削除できません。同様に、ジョブが後から実行するようにスケジュールされている場合は、ジョブ・スケジュールをキャンセルするまで、その定義は削除できません。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ジョブ定義管理]をクリックします。
3
[削除]をクリックして、確認のダイアログ・ボックスで[OK]をクリックします。

ジョブ履歴の表示

[ジョブ履歴]ページで完了したジョブを参照できます。このページには、そのジョブ用に実行されたすべてのインスタンスが表示されます。ジョブ履歴を表示する場合、1つ以上のフィルタを使用して、指定した条件に一致するジョブを表示できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ジョブ履歴]をクリックします。
2
[ジョブ履歴]ページには、NetVaultデータベース内に存在する使用可能なジョブ履歴レコードが表示されます。
メモ:また、[ジョブ・ステータス]ページからこのページにアクセスすることもできます。[ジョブ・ステータス]ページでジョブを選択し、[履歴の表示]をクリックすると、そのジョブの過去のインスタンスをすべて表示できます。
ジョブ・タイトル:ジョブの名前またはタイトルです。
終了時刻:ジョブの終了時刻。
ジョブID:ジョブID番号(インスタンスID番号やフェーズID番号も表示される)。
ジョブ・タイプ:バックアップまたはリストア。
プラグイン:ジョブの実行に使用しているプラグイン名。
セレクション・セット:バックアップまたはリストアのセレクション・セット。
クライアント:ジョブが実行されたNetVault Backupクライアントの名前。
実行ステータス:実行ステータス([成功]、[失敗]、[中断]など)。
リストをフィルタリングするには、[フィルタ・オプション]をクリックします。[フィルタ・オプション]ダイアログ・ボックスで、使用するオプションを設定します。複数のフィルタ・オプションを使用できます。

ジョブ・タイトル

ジョブ名が指定した文字列に一致するジョブを表示できます。

ジョブID

ジョブID番号でジョブをフィルタできます。

ジョブ・フェーズ

フェーズID番号(1または2)でジョブをフィルタできます。

ジョブ・インスタンス

インスタンスID番号でジョブをフィルタできます。

クライアント

特定のクライアントのジョブを表示できます。

プラグイン

特定のプラグインを使用して実行されたジョブを表示できます。

ジョブ・タイプ

ジョブ・タイプでジョブをフィルタできます。ジョブ・タイプとしてバックアップ、リストア、またはレポートを選択できます。

実行ステータス

実行ステータス(成功、失敗、中断、その他)でジョブをフィルタでき
ます。

開始時刻

特定の時刻に開始されたジョブを表示できます。

終了時刻

特定の時刻に完了したジョブを表示できます。

6
[ジョブ履歴]ページでは、最初に最大10,000レコードがロードされます。取得されたレコードの合計数は、テーブルの右下隅に表示されます。詳細は、「NetVault Backup WebUIのレコードとカスタマイズ・テーブルのソート 」を参照してください。
[さらにロード]をクリックすると、使用可能な場合は、次のレコード・セットをロードできます。ロード・アクションごとに、最大10,000レコードが取得されます。それ以上ロードするレコードがない場合は、このボタンは無効になります。

 

ログの監視

NetVault Backupログについて

すべてのNetVault Backupプロセスでログ・メッセージが生成されます。このログ・メッセージには、さまざまな操作のステータスに関する情報が表示され、エラー状態が報告されます。これらのメッセージはNetVaultデータベースに保管されます。ログ・メッセージは、[ログ参照]ページから参照できます。

NetVault Backupは、ログ・デーモンを使用して、ログ・メッセージの管理およびデータベースへの書き込みを行います。ログ・デーモンは、NetVault Backupサーバー上で実行されます。

ログ・メッセージには、問題の診断およびトラブルシューティングに使用できる情報が含まれています。問題を報告する場合、Questテクニカル・サポートからログ・ダンプ・ファイルの提供を求められることがあります。[ログ参照]ページの[ダウンロード]または[エクスポート]を使用して、ログ・ダンプ・ファイルを生成できます。詳細は、「ログのダウンロード」または「ログのエクスポート」を参照してください。

ログとは異なり、トレースはデフォルトでは無効化されています。問題を調査する場合、Questテクニカル・サポートからサーバーまたはクライアント・マシンでトレースを有効にするように求められることがあります。

診断情報は、トレース・ファイルに書き込まれます。プロセスごとに固有のトレース・ファイルが生成されます。デフォルトでは、トレース・ファイルは、NetVault Backupインストール・ディレクトリのtrace-containerディレクトリに保管されます。詳細は、「診断トレース」を参照してください。

30日より前のログ・メッセージは自動的にデータベースからパージされます。ログ・デーモンの設定を使用して、ログ・メッセージの最大寿命を変更できます。また、[ログ参照]ページの[ログの削除]を使用して、ログ・メッセージを手動で削除することもできます。

Related Documents