Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

ジョブの停止

Plug-in for FileSystemでは、任意の時点でジョブを停止し、後でその時点からジョブを再開できます。この機能を使用するには、ジョブを再開可能に設定しておく必要があります。

再開可能なジョブについての詳細は、『Quest NetVault Backup Plug-in for FileSystemユーザーズ・ガイド』を参照してください。

ジョブを停止すると、その時点までに処理されたすべてのアイテムのインデックスが生成され、バックアップ・メディアとNetVaultデータベースに書き込まれます。次にジョブ・ステータスが[ジョブは停止しました]に設定されます。プラグインが大きなバックアップ・インデックスを書き込んでいる場合、ジョブ・ステータスは継続的に「メディアへ書き込み中:バックアップ・インデックスの保存中」と報告されます。後でジョブを再開すると、残りのファイルとフォルダに対して増分バックアップ・ジョブが実行されます。

メモ:複数のジョブを同時に選択すると、[停止]および[再開]は動作しません。
1
[ナビゲーション]パネルで、[ジョブ・ステータス]をクリックします。
2
ジョブのリストでジョブを選択して、[停止]をクリックします。
3
確認ダイアログ・ボックスで、[OK]をクリックします。

ジョブの再開

[再開]により、ジョブを停止した時点からバックアップを再開することができます。この機能を使用するには、ジョブを再開可能に設定しておく必要があります。

次のプラグインがこの機能をサポートしています。

Plug-in for FileSystem: Plug-in for FileSystemでは、任意の時点でジョブを停止し、後でその時点からジョブを再開できます。この機能を使用するには、そのジョブでバックアップ・オプション[再開可能なバックアップを有効化]を設定する必要があります。このオプションについての詳細は、『Quest NetVault Backup Plug-in for FileSystemユーザーズ・ガイド』を参照してください。ジョブを停止すると、その時点までに処理されたすべてのアイテムのインデックスが生成され、ジョブ・ステータスが[ジョブが停止しました]に設定されます。後でジョブを再開すると、残りのファイルとフォルダに対して増分バックアップ・ジョブが実行されます。
Plug-in for VMwarePlug-in for VMwareでは、ジョブを再開して、以前に失敗した仮想マシンのみをバックアップできます。この機能を使用するには、そのジョブでバックアップ・オプション[再開可能なバックアップを有効化]を設定する必要があります。このオプションについての詳細は、『Quest NetVault Backup Plug-in for VMwareユーザーズ・ガイド』を参照してください。失敗した仮想マシンがある状態で、再開可能なバックアップが完了した場合、このプラグインでは、完了した仮想マシンのインデックスが生成され、ジョブ・ステータスが[ジョブが停止しました]に設定されます。ジョブを再開すると、このプラグインによって増分バックアップ・ジョブが実行され、失敗した仮想マシンがバックアップされます。
メモ:複数のジョブを同時に選択すると、[再開]は動作しません。
1
[ナビゲーション]パネルで、[ジョブ・ステータス]をクリックします。

ジョブの一時休止

スケジュールされたジョブが実行されないようにするため、ジョブを一時休止にすることができます。ジョブを一時休止にすると、ジョブが再開されるまでそのスケジュールは無効になります。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ジョブ・ステータス]をクリックします。
2
ジョブのリストでジョブを選択して、[スケジュールの保留]をクリックします。
3
確認ダイアログ・ボックスで、[OK]をクリックします。
スケジュールを一時停止すると、ジョブのステータスは[次のランタイム]列に[保留中]として示されます。

ジョブの再開

ジョブを一時休止にすると、ジョブが再開されるまでそのスケジュールは無効になります。[ジョブ・ステータス]ページからジョブのスケジュールを再開できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ジョブ・ステータス]をクリックします。
2
ジョブのリストでジョブを選択して、[スケジュールの再開]をクリックします。
3
確認ダイアログ・ボックスで、[OK]をクリックします。
スケジュールが再開されると、[次のランタイム]列が更新され、次のインスタンスの実行がスケジュールされている日時が表示されます。
Related Documents