Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

ジョブ・アクティビティの表示

[ジョブ・ステータス]ページからジョブの進行状況やステータスを監視できます。このページを使用して、ジョブを管理したり、さまざまなジョブ関連のタスクを実行したりすることもできます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ジョブ・ステータス]をクリックします。
2
[ジョブ・ステータス]ページでは、以下の詳細情報を参照できます。

ジョブ・アクティビティ・グラフ

この領域には、現在のジョブ、ポリシー・ジョブ、ポリシー・ジョブ、および定期ジョブのサマリが棒グラフの形式で表示されます。

現在アクティビティ:棒はそれぞれ、アクティブ、待機中、保留中、およびスケジュール済みのジョブの数を表しています。
ポリシー:棒はそれぞれ、正常完了した、警告付きで完了した、および失敗したポリシー・ジョブの数を表しています。ポリシーの[正常]カウントは、ポリシー内のすべてのジョブが正常な場合に、正常完了したポリシー・ジョブの数を示しています。ポリシー内の1つ以上のジョブで警告またはエラーが発生した場合は、0カウントが表示されます。
定期ジョブ:棒はそれぞれ、正常完了した、警告付きで完了した、および失敗した定期ジョブの数を表しています。

アクティビティ・チャート領域内のバーをクリックして、アクティビティ・テーブル内のカテゴリのジョブ詳細を表示することができます。たとえば、[現在アクティビティ]領域で[アクティブ]バーをクリックすると進行中のジョブが表示されます。同様に、[定期ジョブ]領域で[エラー]バーをクリックすると、失敗した定期ジョブが表示されます。

アクティビティ・テーブルをデフォルトの表示形式に戻すには、[現在のすべてのアクティビティを表示します]リンクをクリックします。

ジョブ・アクティビティ・テーブル

デフォルトでは、テーブルには現在のすべてのジョブ・アクティビティ(すべてのアクティビティ・カテゴリ)が一覧表示されます。

[すべてのアクティビティ]カテゴリでは、開始日時、ジョブ・タイトル、クライアント名、ジョブ・タイプ、ジョブID番号(インスタンスやフェーズも表示される)、次回実行時間(次のインスタンスの実行がスケジュールされている日時)、進行状況(現在の転送速度または平均転送速度)、実行ステータスに関する情報を参照できます。

表示形式を変更したり、テーブル内に表示されるレポートをフィルタしたりすることもできます。

表示形式を変更するには:異なるジョブ・カテゴリのジョブの詳細を表示するには、アクティビティ・チャート領域内で該当するバーをクリックします。たとえば、警告を伴って完了したジョブを表示するには、[定期ジョブ]領域の[警告]バーをクリックします。

レコードのフィルタ:[アクティビティ]テーブルに表示されるレコードをフィルタするには、[ビュー]アイコンをクリックして以下のフィルタ・オプションを設定します。

プラグイン・タイプ:特定のプラグインのジョブを表示するには、[すべてのジョブ]をクリックして、プラグインを選択します。
期間フィルタ:[ジョブ状態保持日数]設定により、[ジョブ・ステータス]ページに表示されるレコードが決まります。
メモ:期間フィルタは現在のセッションに対してのみ適用されます。この設定では、[ジョブ・ステータス]ページのジョブ・ステータス・レコードが非表示にされるだけです。データベースのレコードは削除されません。

ジョブの管理

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

ジョブの即時実行

既存のジョブを即座に実行するために、[今すぐ実行]を使用することができます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ジョブ・ステータス]または[ジョブ定義管理]をクリックします。
2
ジョブのリストでジョブを選択して、[今すぐ実行]をクリックします。
3
確認ダイアログ・ボックスで、[OK]をクリックします。

バックアップ・ジョブにフェーズ2が含まれている場合にフェーズ1を選択すると、フェーズ1とフェーズ2の両方のジョブが実行されます。フェーズ1は直ちに実行され、正常に完了するとフェーズ2のスケジュール設定が行われ、ジョブ定義に従って実行されます。

ジョブの中止

[ジョブ・ステータス]ページで、アクティブなジョブをキャンセルできます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ジョブ・ステータス]をクリックします。
2
ジョブのリストでジョブを選択して、[中止]をクリックします。
3
確認ダイアログ・ボックスで、[OK]をクリックします。
Related Documents