Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

NetVault Backupサービスの開始/停止

NetVault Backupサービスは、サーバーおよびクライアント・マシンで自動的に開始されるように設定されています。NetVault Configurator、Txtconfigユーティリティ、またはCLIを使って、NetVault Backupサービスを手動で開始または停止できます。

a
[スタート]メニューで[NetVault Configurator]をクリックします。このプログラムには、[スタート]>[すべてのプログラム]>[Quest]>[NetVault Backup]>[NetVault Configurator]からアクセスできます。
b
[Configurator]ウィンドウで、[サービス]タブをクリックします。
c
NetVault Backupサービスの現在の状態に応じて、[サービスを停止する]または[サービスを開始する]をクリックして、[OK]をクリックします。
a
ターミナル・ウィンドウまたはコマンド・プロンプト・ウィンドウで、「txtconfig」と入力し、EnterキーまたはReturnキーを押します。
b
[マシン]ページで、pを押して、メイン・メニューを表示し、[サービス]ページのオプション番号を押します。

HTTPまたはHTTPSを使用したWebサービスの有効化

デフォルトでは、WebサービスはHTTPSを使用して有効化します。Webサービスの設定を変更して、ポートまたはプロトコルを変更できます。また、これらの設定によって、HTTPS通信のセキュリティ認証ファイルやプライベート・キー・ファイルを指定することもできます。

次のインターフェイスを介して、Webサービスの設定を変更できます。NetVault Backup WebUI([設定変更]ページを使用)、NetVault Configurator(Windowsのみ)、またはTxtconfig。

a
b
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
c
[NetVaultサーバー設定]ページの[サービス]で、[Webサービス]をクリックします。
a
[スタート]メニューで[NetVault Configurator]をクリックします。このプログラムには、[スタート]>[すべてのプログラム]>[Quest]>[NetVault Backup]>[NetVault Configurator]からアクセスできます。
b
[Configurator]ウィンドウで、[Webサービス]タブをクリックします。
a
ターミナル・ウィンドウまたはコマンド・プロンプト・ウィンドウで、「txtconfig」と入力し、EnterキーまたはReturnキーを押します。
b
[マシン]ページで、pを押して、メイン・メニューを表示し、[Webサービス]ページのオプション番号を押します。

HTTP 設定

HTTP経由でWebサービスにアクセスするには、以下の設定を行います。

HTTPを使用したWebサービスの有効化:このチェック・ボックスを選択します。

HTTPS 設定

HTTPS経由でWebサービスにアクセスするには、以下の設定を行います。

HTTPSを使用したWebサービスの有効化:このプロトコルはデフォルトで選択されています。
Webサービス接続を受信するためのHTTPSの待ち受けポート:デフォルトでは、NetVault BackupではHTTPS用にポート8443が使用されます。このポートが他のサーバーやアプリケーションによって使用されている場合は、別のポートを設定します。
WebServiceセキュリティ認証ファイル:HTTPSを使用するには、SSL証明書の指定が必要です。
NetVault Backupは自己署名証明書(server.crt)を提供します。これは、NetVault Backupインストール・ディレクトリのetcディレクトリ内にあります。この証明書は、大半のブラウザで警告を生成します。
WebServiceプライベート・キー・ファイル:HTTPS通信に使用する秘密鍵ファイルを指定します。
デフォルトのキー・ファイルは、server.keyです。このファイルは、NetVault Backupインストール・ディレクトリ内のetcディレクトリにあります。
NetVault WebUI:設定を適用してWebUIダイアログ・ボックスを閉じるには、[実行]をクリックします。
NetVault Configurator:[OK]をクリックして変更を適用し、コンフィギュレータを終了します。
Txtconfig:sキーを押して設定を保存してからqキーを押してTxtconfigを終了します。

NetVault Backupへのログイン

https://<マシン名>:8443
Enterキーを押します。
admin:NetVault Backupの管理者アカウントです。
default:NetVault Backupでさまざまな操作を実行するために使用できる標準のユーザー・アカウントです。

NetVault Backupをインストールしたら、adminまたはdefaultユーザー・アカウントを使って、NetVault Backupにログインできます。デフォルトで、これらのユーザー・アカウントにはパスワードが割り当てられていません。NetVault Backupユーザー権限についての詳細は、「ユーザー・アカウントの管理」を参照してください。

3
ユーザー名を保存するには、[このアカウントを記憶する]チェック・ボックスを選択します。
4
[ログイン]をクリックします。
ログインすると、ブラウザ・ウィンドウに[サーバー・モニタ]ページが表示されます。

NetVault Backup WebUIの概要

NetVault Backup WebUIは、[ヘッダー]パネル、[ナビゲーション]パネル、および[操作]パネルから構成されています。

 

WebUIのパネルの簡単な説明を以下の表に示します。

[ヘッダ]パネル

このパネルには、以下の項目が含まれています。

動画チュートリアル:現在ロードされているページの動画チュートリアルにアクセスできます。新規のブラウザ・ウィンドウまたはタブにリンク先が開きます。
言語:使用可能な言語のリストが表示されます。ここで、NetVault Backup WebUIの表示と入力の言語を選択できます。
ユーザー:[ユーザー]アイコンとユーザー名が表示されます。NetVault Backupを終了するには、この領域の上にマウスのポインタを移動して[サインアウト]をクリックします。
[情報]ボタン:[バージョン情報]ダイアログ・ボックスを表示します。

[ナビゲーション]パネル

このパネルには、NetVault Backupの各種側面を設定、管理、監視するためのリンクが用意されています。ナビゲーション・リンクは、以下のセクションに分類されています。

このパネルについての詳細は、「[ナビゲーション]パネル」を参照してください。

[操作]パネル

すべてのNetVault Backup操作を実行するためのメイン領域です。[操作]パネルには、[ナビゲーション]パネルで選択した項目に応じて、さまざまなWebUIページが表示されます。

Related Documents