Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

テープ・ライブラリの追加

設定ウィザードを使って、物理テープ・ライブラリを追加、設定することができます。複数のホストに接続されている場合、ウィザードを使用して共有アクセス用にデバイスを設定できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[ガイド付き設定]をクリックして、次に[NetVault設定ウィザード]ページで[ストレージ・デバイス追加]をクリックします。
[ナビゲーション]パネルで[デバイス管理]をクリックして、[デバイスの追加]をクリックします。
2
[ストレージ・デバイス追加]ページで[テープ・ライブラリ/メディア・チェンジャ]オプションを選択し、[次へ]をクリックします。
[次へ]をクリックして、選択したクライアントをスキャンして、接続されているデバイスのリストを表示します。
4
[ライブラリ選択]テーブルで、追加するデバイスを選択します。
[デバイスの表示名]ボックスで、テープ・ライブラリの表示名を指定します。
[次へ]をクリックします。
6
ライブラリを自動設定しない場合は、[ドライブを手動で追加]をクリックします。また、この方法を使用して、別のクライアントにドライブを割り当てたり、複数のクライアントとドライブを共有したりすることもできます。
a
[マシンを選択]テーブルで、ドライブが接続されているクライアントを選択します。デバイスが複数のクライアントに接続されている場合は、いずれかのクライアントを選択します。
[デバイスをスキャンする]:接続されているデバイスのクライアントを再度スキャンするには、このオプションを選択します。
[デバイスをスキャンしない]:以前のスキャン結果を使用するには、このオプションを選択します。
[フィルタのみをスキャンする]:特定のファイラーに接続されたデバイスをスキャンするには、このオプションを選択し、利用可能なファイラーを選択します。
このオプションは、Plug-in for NDMPをサーバーにインストールし、そのプラグインにファイラーを追加した場合にのみ表示されます。
[次へ]をクリックします。
メモ:任意のベイをスキップして次のベイを設定するには、[ベイを空のままにします]をクリックします。

残りのベイを空のままにして、必要なドライバでライブラリ追加を実行するには、[残りのベイを空のままにします]をクリックします。

b
[ベイのドライブを選択]テーブルで、追加するデバイスを選択して、[次へ]をクリックします。
c
デバイスが複数のクライアントに接続されている場合(たとえば、SAN設定で)、[マシンを選択]テーブルにはすべてのホスト・クライアントが記載されます。複数のクライアントでドライブを共有するには、[マシンを選択]テーブルでクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。
ライブラリに他のドライブを割り当てるには、[デバイスをさらに追加]をクリックし、必要なすべてのドライブの設定が完了するまでStep aからStep cを繰り返します。

データのバックアップ

データのバックアップについて

バックアップは、データ消失時に元のデータをリストアし復旧するために使用できるデータのコピーです。

NetVault Backupでは、一連のプラグインを選択できます。これらのプラグインは、ネイティブAPIと統合されているため、アプリケーション整合性のあるバックアップおよびリカバリを実現できます。アプリケーション・タイプに応じて、これらのプラグインは選択したデータをバックアップするための、さまざまな手段やオプションを提供しています。

一般的に、NetVault Backupは以下の機能をサポートしています。

データをバックアップするには、バックアップ・ジョブを作成、実行します。NetVault Backup WebUIには、この作業を行うために役立つ設定ウィザードが用意されています。このウィザードは、[ナビゲーション]パネルの[ガイド付き設定]または[バックアップ・ジョブ作成]リンクから実行することができます。

バックアップ・ジョブ定義は、以下のコンポーネントで構成されています。

ソース・デバイス・オプション(Plug-in for Consolidation、Plug-in for Data Copy、およびセカンダリ・コピー・ジョブでのみ利用可能)

これらのコンポーネントは、NetVault Backupセットに保管されます。NetVault Backupセットについての詳細は、「NetVault Backupセットについて」を参照してください。

各バックアップ・ジョブには、ジョブID番号とジョブ名があります。ジョブID番号は自動生成された番号です。ジョブ名はユーザーが定義する文字列です。ジョブ名を使用すると、ジョブの進捗のモニタリング、ジョブ・ログの表示、およびデータをリストアするためのバックアップの選択の際に、簡単にジョブを特定することができます。バックアップは、メディア上にセーブセットとして格納されます。

NetVault Backupは、各バックアップに対してバックアップ・インデックスを生成し、そのインデックスをバックアップ・メディアとNetVaultデータベースに書き込みます。

バックアップ・インデックスには、データのリストアに必要なヘッダーが含まれています。バックアップ・ジョブに含められるインデックス・ファイル・サイズまたはアイテム数に最大値の制限はありません。

NetVaultデータベースに保存されるバックアップ・インデックスはオンライン・インデックスと呼ばれます。オンライン・インデックスにより、メディアをロードすることなく迅速にセーブセットのコンテンツをスキャンすることができます。

セカンダリ・コピー

バックアップ・ジョブでは、フェーズ2ジョブを実行してセカンダリ・コピーを作成することができます。セカンダリ・コピーは、オフサイト・ストレージやディザスタ・リカバリなどに利用できます。NetVault Backupにはセカンダリ・コピーを作成する2つの方法が用意されています。それは複製とデータ・コピーです。

複製方式では、元のバックアップにリンクしている正確なコピーを作成します。この方式では、バックアップがセグメントに分割されて、それらのセグメントがストレージ・デバイスにコピーされます。リストア時に、プライマリ・バックアップおよびセカンダリ・コピーのセグメントは交換できます。リストア時に暗号化されていないセグメントと暗号化されたセグメントを混在させることはできないため、複製時に暗号化の有効または無効を指定することはできません。複製方式では、元のセーブセットが暗号化されている場合、暗号化されたコピーが作成されます。元のセーブセットが暗号化されていない場合、暗号化されていないコピーが作成されます。

データ・コピー方式では、バックアップがセグメントに分割されて、それらのセグメントがバックアップ・デバイスにコピーされます。リストア時には、プライマリ・バックアップまたはセカンダリ・コピーのどちらかを使用してデータが復元されます。プライマリ・バックアップとセカンダリ・コピーのセグメントは交換不可能です。そのため、プライマリ・コピーが暗号化されていなくてもデータ・コピーで暗号化を使用できます。これは、プライマリ・バックアップで重複排除オプションを使用する場合に役立ちます。

Related Documents