Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

クライアント・グループの管理について

NetVault Backupでは、複数のクライアントを1つまたは複数の論理エンティティにグループ化できます。

すべてのクライアントまたは特定のクライアントを含むクライアント・グループを設定できます。新しいクライアントは自動的に、すべてのクライアントを含むように設定されたクライアント・グループのメンバーになります。サーバー上には任意の数のクライアント・グループを作成でき、またクライアントを複数のクライアント・グループに追加することができます。

NetVault Backup管理者は、クライアント・グループを使用してクライアントへのユーザー・アクセスを制御できます。管理者は、クライアント・グループを使用して、特定のクライアントにアクセス権を付与できます。また、クライアント・グループは、ポリシー・ベースのバックアップを作成する場合にも役立ちます。各クライアントを個別に選択する代わりに、クライアント・グループを選択して複数のクライアントを追加できます。

NetVault Backupには、事前設定のデフォルトという名前のクライアント・グループが用意されています。このグループは初期値として、すべてのクライアントを含むように設定されています。このため、クライアントを追加すると、自動的に「default」グループに追加されます。ただし、すべてのクライアントを含まないように「default」グループを再設定した場合はその限りではありません。

クライアント・グループの作成

NetVault Backupクライアントを1つまたは複数の論理エンティティにグループ化できます。クライアント・グループには、すべてまたは特定のクライアントを含めることができます。新しいクライアントは自動的に、すべてのクライアントを含むように設定されたクライアント・グループのメンバーになります。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックして、次に[クライアント管理]ページで[クライアント・グループの管理]をクリックします。
2
[クライアント グループの管理]ページで、[新規グループ]をクリックします。[クライアント グループ]ページで、以下の情報を指定します。
[グループ名]に、クライアント・グループの名前を入力します。
[グループの説明]に、クライアント・グループの説明を入力します。
グループにすべてのクライアントを追加する場合は、[すべてのクライアント]チェック・ボックスを選択します。このチェック・ボックスを選択した場合、新しいクライアントは自動的にグループに追加されます。
特定のクライアントを追加するには、[利用可能なクライアント]テーブルでターゲット・クライアントを選択して、アイテムの左側にある[追加]ボタン()をクリックします。このボタンをクリックすると、選択したクライアントが[選択済みクライアント]テーブルに移動します。
グループからクライアントを削除するには、[選択済みクライアント]テーブルでクライアントを選択して、アイテムの左側にある[削除]ボタン()をクリックします。このボタンをクリックすると、選択したクライアントが[利用可能クライアント]テーブルに移動します。
3
グループを追加するには、[グループの作成]をクリックします。

既存のクライアント・グループの表示

[クライアント・グループ管理]ページで、既存のクライアント・グループに関する情報を参照できます。このページには、グループ名、クライアント数、およびメンバー・クライアントのリストが表示されます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックして、次に[クライアント管理]ページで[クライアント・グループの管理]をクリックします。
2
[クライアント・グループ管理]ページで、既存のクライアント・グループを参照できます。
グループ名:クライアント・グループの名前が表示されます。
すべてのクライアント:すべてのクライアントを含めるようにグループが設定されている場合は、このチェック・ボックスが選択されています。
クライアント数:グループ内のクライアント数が表示されます。
詳細:クライアント・グループの詳細が表示されます。
3
クライアント・グループの名前をクリックすると、グループに含まれるクライアントのリストを表示できます(クライアントのリストは、[すべてのクライアント]チェック・ボックスが選択されていないグループの場合のみ表示されます)。

クライアント・グループの変更

既存のクライアント・グループのグループ名、グループの説明、またはグループ・メンバーを変更できます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[クライアント管理]をクリックして、次に[クライアント管理]ページで[クライアント・グループの管理]をクリックします。
2
[クライアント グループ管理]ページで、利用可能なクライアント・グループを選択して、[編集]をクリックします。
4
設定を保存するには、[グループの作成]をクリックします。
Related Documents