Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

NetVault Backup 10.0.1が実行されているクライアントでデータ・コピー・セーブセットを使用したリストアが失敗する

NetVault Backup 10.0.1以前のバージョンを実行しているクライアントでデータ・コピー・セーブセットをリストアすると、ジョブが失敗します。

リストア・ジョブで次のような意味のエラーが報告されます。

インデックスを取得できませんでした。

トレース・ログに次のような意味のメッセージが記録されます。

新しいスタイル・インデックスです。

インデックス・ファイルが破損しているか、バージョン番号が無効です。

NetVault Backup Server 10.0.5以降では、Plug-in for Data Copyでインデックス・バージョン4を作成します。これは、以前のNetVault Backupと互換性がありません。NetVault Backup 10.0.1以前のバージョンを実行するクライアントは、このインデックス・ファイルを読み込めず、リストア・ジョブが失敗する原因になります。

NetVault Backup Server 10.0.5以降で生成されたデータ・コピー・セーブセットをリストアするには、クライアントをアップグレードする必要があります。

インデックスが2GBより大きい場合、Itaniumプラットフォームでリストアが失敗する

Itaniumプラットフォームで、インデックスのサイズが2GBより大きいバックアップのリストアが失敗する。

Itaniumプラットフォームで、インデックスのサイズが2GBより大きいバックアップをリストアしようとすると、ジョブは失敗し、「リストアするアイテムのソートに失敗しました」というエラー・メッセージが表示されます。

この問題を修正するには、次のようにスタック・サイズを拡大します。

標準UNIXプラットフォームで、CLIでulimit設定を編集して、スタック・サイズを増やします。
ulimitコマンドの情報を表示します。
値の変更後に、ulimit -aコマンドを実行して、設定が変更されたことを確認します。
HP-UX Itaniumプラットフォームでは、bashコマンドkmtuneまたはkctune(オペレーティング・システムによる)を使用して、カーネル・スタック・サイズ情報にアクセスします。スタック変数は、32ビット・アプリケーションではmaxssiz、64ビット・アプリケーションではmaxssiz_64bitです。

NetVault Backupのセーフ・モード

次のエラー条件のため、NetVault Backupがセーフ・モードで動作することがあります。

このようなエラーが発生すると、NetVault Backupは制限付きモードで動作し続けて、WebUIを使用して問題を診断、トラブルシューティングできるようになります。

セーフ・モードでは、次のページにアクセスできます。

[問題サマリ]:NetVault Backupがセーフ・モードに入る原因となった問題が表示されます。エラーのタイプに応じて、[修正]オプションをエラーの解決に役立てることができます。
[ログ参照]:ログ・メッセージを調べることができます。ログ・メッセージには、エラー条件に関する詳細情報が含まれることがあります。

試すことができる選択肢は次のとおりです。この選択肢は[セーフ・モード]ページで試すことができます。

[修正]オプションを使用して問題を解決する:[修正]オプションを使用してエラーを解決する方法について、次の表で説明します。

主要プロセスのエラー

このエラーによりNetVault Backupがセーフ・モードに入った場合、問題解決のために使用できるオプションはありません。

データベース接続エラー

[修正]オプションで接続ステータスをチェックし、次の情報を表示し
ます。

[修正]オプションでは、PostgreSQLサービスを再起動するリンクも表示されます。

ディスク領域不足の問題

[修正]オプションにより、ディスク領域の使用率が表示され、ディスク領域を解放するため、次のリンクが表示されます。

オンライン・バックアップ・インデックスを削除するリンク。回収するディスク領域の量を[インデックス・ファイルのクリーンアップ]ダイアログ・ボックスに指定できます。
NetVault Backupを通常モードで再起動する:NetVault Backupは、セーフ・モードに入ると、問題が解決したかどうかに関係なくセーフ・モードに留まります。セーフ・モードを終了するには、NetVault Backupを通常モードで再起動します。
ページ上の[通常モードで再起動]ボタンまたはリンクを使用して、アプリケーションを再起動できます。
ナレッジ・ベースの記事を検索する:[ナレッジ・ベース]リンクを使用し、ナレッジ・ベースの記事で解決策を検索できます。
診断トレースを有効にしてNetVault Backupを再起動する:ページ上のリンクを使用して、診断トレースを有効にした通常モードでNetVault Backupを再起動できます。
Questテクニカル・サポートに問い合わせる:問題を解決できない場合は、このリンクをクリックして問題を報告してください。
Related Documents