Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

NetVault BackupサービスでWindowsの開始が失敗する

WindowsベースのNetVault Backupサーバーで、NetVault Backupサービスの開始が失敗する。

Windowsイベント・ビューアに以下のメッセージが表示されているかどうかを確認します。

PDT FATAL: lock file “postmaster.pid” already exists

システム・データの保管に使用するPostgreSQLデータベースが起動していないと、NetVault Backupは起動できません。この問題に対処するには、ログで参照されている場所にある「postmaster.pid」を削除して、NetVault Backupサーバーを再起動します。

マシンの再起動後にNetVault Backupサービスの開始が失敗する

マシンの再起動後、WindowsベースのNetVault Backupサーバーで、NetVault Backupサービスの開始に失敗することがある。

Windowsイベント・ビューアに以下のメッセージが表示されているかどうかを確認します。

FATAL: could not create any TCP/IP sockets " for a PostgreSQL source

システム・データの保管に使用するPostgreSQLデータベースが起動していないと、NetVault Backupは起動できません。この問題に対処するには、タスク・マネージャを開始して、[全ユーザーのプロセスを表示する]をクリックします。システム上でpostgres32.exeの複数のインスタンスが動作していることを確認できます。postgres32.exeプロセスのいずれか1つのインスタンスを選択し、[プロセスの終了]をクリックして、このプロセスのすべてのインスタンスを削除します。その後でNetVault Backupサービスを開始します。

LinuxでNetVault Backupサービスは始まるが、すぐに停止する

Linuxベース・マシンで、NetVault Backupサービスが始まった直後に停止する。

エラー・メッセージは表示されません。

Postgresサービスがホスト名localhostを解決できず、開始できない場合に、この問題が発生することがあります。

/etc/hostsファイルを確認します。ファイルにlocalhostのエントリが含まれていない場合は、そのエントリを追加します。

サーバーのIPアドレスの変更後にログインできない

NetVault BackupサーバーのIPアドレスを変更した後で、WebUIからログインできない。

ログインしようとすると、サーバーにアクセスできないというメッセージがNetVault Backup WebUIに表示されます。

NetVault BackupサーバーのIPアドレスが変更された場合(再起動時のDHCPによる再割り当てによる変更など)、NetVault Backup WebUIにログインする前に、ブラウザ・キャッシュをクリアする必要があります。IPアドレスが変更されていない場合、サーバーにアクセスできないというメッセージが表示され、ログインが失敗する可能性があります。または、NetVault Backupサーバーに静的IPアドレスを割り当てることができます。

Related Documents