Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

テープ・ドライブのデフォルト設定

-servername

NetVault BackupサーバーのFQDNまたはIPアドレスを指定します。

このオプションでは、リモートWebサービスへの接続に使用するHTTPポートまたはHTTPSポートのどちらかを指定する必要があります。

このオプションを省略すると、ローカル・サーバーが使用されます。deviceconfigユーティリティは、ローカルWebサービスに接続してローカルWebサービスの設定を自動的に検出します。

-httpport

WebサービスのHTTPポートを指定します。このオプションは、サーバー名が指定されている場合にのみ必要になります。

-httpsport

WebサービスのHTTPSポートを指定します。このオプションは、サーバー名が指定されている場合にのみ必要になります。

-username

有効なNetVault Backupユーザーの名前を指定します。

-password

ユーザー・アカウントのパスワードを指定します。

-drivemachine

ドライブの接続先NetVault Backupマシンの名前を指定します。

-drivepath

ドライブの名前またはパスを指定します。

3
deviceconfigユーティリティで[ドライブ設定]画面が表示されます。該当するオプション番号を押すと、設定にアクセスできます。利用できる設定のタイプは以下のとおりです。
NDMP設定:NDMPの設定を行うには、このオプションを選択します。これらの設定についての詳細は、「NDMPの設定項目」を参照してください。
設定:テープ・ドライブの一般設定を行うには、このオプションを選択します。これらの設定についての詳細は、「テープ・ドライブの一般設定」を参照してください。
ソフトウェア圧縮:ソフトウェア圧縮の設定を行うには、このオプションを選択します。これらの設定についての詳細は、「ソフトウェア圧縮設定」を参照してください。
パフォーマンス:ドライブ・パフォーマンスの設定を行うには、このオプションを選択します。これらの設定についての詳細は、「ドライブ・パフォーマンス設定」を参照してください。
統計値:統計情報収集の設定を行うには、このオプションを選択します。これらの設定についての詳細は、「統計情報収集設定」を参照してください。
ジェネリック・クリーニング:テープ・ドライブのジェネリック・クリーニングの設定を行うには、このオプションを選択します。これらの設定についての詳細は、「ジェネリック・クリーニングの設定」を参照してください。

NDMPの設定項目

[NDMP設定]画面では、次の設定を行うことができます。

可能ならムーバーにローカル・データ転送を許可する

デフォルト設定は[オフ]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

可能ならムーバーにIPCデータ転送を許可する

デフォルト設定は[オフ]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

可能ならムーバーにTCPデータ転送を許可する

デフォルト設定は[オン]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

可能ならムーバーにダイレクト・バックアップを許可する

デフォルト設定は[オン]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

可能ならムーバーにダイレクト・リストアを許可する

デフォルト設定は[オン]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

NDMPデバイスをエミュレートする

デフォルト設定は[オン]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

テープ・ドライブの一般設定

[設定]画面では、次の設定を行うことができます。

デバイスのシリアル番号

ドライブのシリアル番号が表示されます。

メディア終端警告

この設定により、テープ終端で「メディア終端」警告が発行される区間として予約するメディア量を指定します。この値は「MB」単位になります。デフォルト値は、0MBです。

空ドライブのポーリング間隔

このオプションでは、NetVault Backupが、単体ドライブをポーリングしてデバイス内のテープを検出する間隔を指定します。この値は、分単位で指定します。デフォルト値は1です。

ポーリングをオフにするには、このオプションを0に設定します。

メディア・ブロック・サイズ(KiB)

このオプションでは、メディアへのデータの読み取りおよび書き込みに使用するブロック・サイズを指定します。デフォルト値は64KiBです。

メディア・ブロック・サイズは1KiB単位で増やすことができますが、多くのデバイスでは、4KiBまたは32KiBの倍数値のみ指定できます。

ブロック・サイズを増やすと、バックアップ時にデータの読み取りやメディアへの書き込みに必要な回数を減らすことができます。ただし、メディア・ブロック・サイズを大きくすれば常にバックアップ時間が短縮されるわけではありません。最大ブロック・サイズは、OS、SCSIアダプタ、およびドライブの型式、モデル、タイプなどのさまざまな要因によって制約されてい
ます。

LinuxおよびUNIXシステムの場合は、メディア・ブロック・サイズを増やしてパフォーマンスを最適にすることができます。

Windowsでは、レジストリ設定MaximumSGListを、64KBより大きいブロック・サイズを使用するように変更しなければならない場合があります。この設定を変更する前に、テープ・デバイスのみがSCSIバスを使用していることを確認します。他のデバイスもSCSIバスを使用している場合、このレジストリを変更するとそれらのデバイスが正常に動作しなくなる可能性があります。これらの変更をHBAの特定チャネルのみに適用する場合は、ハードウェア・ベンダーにお問い合わせください。

Windowsでレジストリ設定を変更するには、以下の手順に従います。

2
キー[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\ Services\<HBA Vendor>\Parametersを開きます(<HBA Name>はSCSIカードに固有の名前です。たとえばQlogic 2200カードの場合はQL2200です)。
3
Parametersキーがない場合は、キーを作成します。
4
Parametersの下で、Deviceキーがない場合は、キーを作成します。
5
Deviceキーの下に、DWORDレジストリ値MaximumSGListが存在しない場合は、値を追加します。
6
MaximumSGListの16進値を算出します。

プラグインが接続されるまでの待ち時間

このオプションでは、プラグインがNetVault Backupに接続する場合のタイムアウト期間を指定します。指定した間隔内に接続を確立できないと、そのジョブは中止されます。この値は、秒数で指定します。デフォルト値は、0です。デフォルト設定を使用する場合、ジョブはタイムアウトしません。

Short Readsのサポート

デフォルト設定は[オン]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

サポートするクリーニング・テープ

このオプションでは、ライブラリでクリーニング・テープをサポートするかどうかを指定します。一般的に、特定のライブラリ・モデルの設定が異なっていない場合はデフォルト値が正しい値です。

圧縮

このオプションで、テープ・ドライブの内蔵圧縮機能を使用することができます。すべてのテープ・ドライブがハードウェア・ベースのデータ圧縮をサポートしているわけではありません。圧縮率は、データのタイプと、ドライブが使用する圧縮アルゴリズムによって異なります。ドライブの圧縮率を判別するには、ハードウェアのマニュアルを参照してください。

ソフトウェア圧縮設定

[ソフトウェア圧縮]画面では、次の設定を行うことができます。ソフトウェア圧縮設定は、仮想テープ・ドライブのみに適用されます。

ソフトウェア・データ圧縮を
実行する

デフォルト設定は[オフ]です。ソフトウェア圧縮を実行するには、この設定を[オン]に変更します。データは、バックアップ時にデバイスに転送されるときに圧縮されます。

圧縮判定スイッチ

このオプションに設定する値により、バックアップ中にデータを圧縮する際に完了する必要がある最低圧縮レベルが決まります。たとえば、値を80%に設定すると、以下のいずれかの処理が行われます。

80%と入力した場合、ファイル・サイズが100MBのときは、圧縮後は80MB以下になる必要があります。指定されたレベルに達していない場合、NetVault Backupは、非圧縮状態でファイルをバックアップします。データを圧縮できる度合いは、データ・コンテンツによって異なります。暗号化データは圧縮できません。ファイルによっては、圧縮後のファイル・サイズが元の圧縮前のファイルより大きくなる場合があります。

圧縮単位あたりのデータ・
ブロック数

圧縮単位あたりのデータ・ブロックの数を入力します。デフォルト・ブロック・サイズは8KiBです。

Related Documents