Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

テープ・ライブラリのデフォルト設定

-servername

NetVault BackupサーバーのFQDNまたはIPアドレスを指定します。

このオプションでは、リモートWebサービスへの接続に使用するHTTPポートまたはHTTPSポートのどちらかを指定する必要があります。

このオプションを省略すると、ローカル・サーバーが使用されます。deviceconfigユーティリティは、ローカルWebサービスに接続してローカルWebサービスの設定を自動的に検出します。

-httpport

WebサービスのHTTPポートを指定します。このオプションは、サーバー名が指定されている場合にのみ必要になります。

-httpsport

WebサービスのHTTPSポートを指定します。このオプションは、サーバー名が指定されている場合にのみ必要になります。

-username

有効なNetVault Backupユーザーの名前を指定します。

-password

ユーザー・アカウントのパスワードを指定します。

-librarymachine

ライブラリの接続先NetVault Backupマシンの名前を指定します。

-libraryname

ライブラリの名前を指定します。

Enterキーを押します。
3
deviceconfigユーティリティで[チェンジャ設定]画面が表示されます。該当するオプション番号を押すと、設定にアクセスできます。利用できる設定のタイプは以下のとおりです。
設定:テープ・ライブラリの一般設定を行うには、このオプションを選択します。これらの設定についての詳細は、「テープ・ライブラリの一般設定」を参照してください。
クリーニング:テープ・ライブラリのドライブ・クリーニングの設定を行うには、このオプションを選択します。これらの設定についての詳細は、「ドライブ・クリーニングの設定」を参照してください。
混在メディア:混在メディアの設定を行うには、このオプションを選択します。これらの設定についての詳細は、「混在メディアの設定」を参照してください。

テープ・ライブラリの一般設定

[設定]画面では、次の設定を行うことができます。

入口/出口ポートを開くためのコマンドが必要

デフォルト設定は[オフ]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

アンロード・コマンドをドライブに対して発行しない

デフォルト設定は[オフ]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

必ずドライブからアンロード
してドアを開く

デフォルト設定は[オフ]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

アームとドライブに対してコマンドを重複させない

デフォルト設定は[オフ]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

非アクティブ・メディアを
スロット遅延に戻す

メディアが非アクティブのときのタイムアウト期間を入力します。タイムアウト期間は秒数で指定します。NetVault Backupは、指定した期間内にアクティビティが何も起こらなかった場合、スロットにメディアを戻します。このオプションのデフォルト値は30秒間に設定されています。

ドライブでメディアを無期限に保持する場合は、このオプションを0に設定します。

ACSLSライブラリのデバイス設定のデフォルト値は600秒です。

不明なメディアを「ブランク」とマークする

デフォルト設定は[オフ]です。変更するには、オプション番号を押します。

[オン]に設定すると、NetVault Backupは、不明なテープを[BLANK]としてマークし、テープ・ヘッダーを読み取りません。この場合でも、[ブランク]コマンドを実行して実際にデータを削除し、そのメディアをバックアップに使用する必要があります。

Unknownメディアをスキャンしない

ライブラリにテープを追加してドアを閉じる(またはライブラリを再起動する)と、NetVault Backupは、メディアのバーコードを読み取ってインベントリ情報を取得します。NetVault Backupは、Mediaデータベースでメディアのバーコードを見つけられない場合、そのテープを[UNKNOWN]としてマークします。そのようなテープは、[不明なメディアを[BLANK]とマークする]オプションを使用して、[BLANK]としてマークすることができます。

不明なテープをBLANKとしてマークしない場合は、NetVault Backupは、いずれかのドライブへの不明な各テープのロードを開始して、バックアップとテープ上のインデックスをスキャンします。大規模なシステムでは、これによりドライブ・リソースに対する負荷が増大する可能性があります。

不明なテープを自動的にスキャンしないようにする場合は、設定を[オン]に変更します。[オン]に設定すると、不明なテープは[UNKNOWN]としてマークされます。

入口/出口ポートでアームをロックする

デフォルト設定は[オフ]です。変更するには、オプション番号を押し
ます。

ドライブ・クリーニングの設定

[クリーニング]画面では、次の設定を行うことができます。

サポートされる自動クリーニング

自動クリーニングをサポートするライブラリのデフォルト設定は、[オン]です。

クリーニング・メディアの
バーコード・プリフィックス

クリーニング・メディアのバーコード・プリフィックスを指定します。複数のクリーニング・テープを設定するには、バーコードをカンマで区切ります。テープ・メディアのバーコード・ラベルを使用しない場合は、このオプションを省略することができます。

メモ:バーコード・プレフィックス(利用可能な場合)およびスロット番号は、クリーニング・メディアを識別し、予約スロットに配置するために用いられます。「クリーニング回数」オプションを設定するには、クリーニング・メディアを専用のスロットに配置する必要があります。

クリーニング・スロット

クリーニング・メディアを保持できるスロット番号を指定します。複数のスロットを設定するには、カンマを使用します。

混在メディアの設定

[混在メディア]画面では、次の設定を行うことができます。

スロット・タイプ

このオプションでは、各メディア・タイプのスロット範囲を指定します。初期セットアップ時のライブラリのメディア編成によって、この設定の構成方法が決まります。このリストを作成するには、各メディア・タイプに一意のスロット・タイプIDを割り当て、それに対応するスロット範囲を指定します。作成時の形式は以下のとおりです。

<SlotTypeIdentifier>=<SlotRange>

メディア・タイプに対して複数のスロット範囲を指定する場合は、個別のリスト項目を作成します。カンマ区切り値はサポートされていません。追加のスロットまたはスロット範囲を設定する場合は、同じスロット・タイプIDを使用します。スロット・タイプIDを割り当てる際には、スロット内のメディア・タイプを簡単に識別できるIDを使用します。値にスペースを含めることはできません。

例:

SDLTMedia=1-10

STKRMedia=11-30

LTO1Media=31-60

LTO1Media=101

ドライブ・タイプ

このオプションでは、ライブラリで使用可能なドライブのタイプを指定します。このリストを作成するには、各メディア・タイプに一意のドライブ・タイプIDを割り当て、それに対応するドライブ番号を指定します。このリストの作成時の形式は、以下のとおりです。

<DriveTypeIdentifier>=<DriveNumber>

タイプが同じドライブが複数ある場合は、各ドライブを別のリスト・アイテムとして設定します。カンマ区切り値はサポートされていません。タイプが同じ複数のドライブを設定する場合は、同じドライブ・タイプIDを使用します。ドライブ・タイプIDを割り当てる際は、ドライブ・タイプを簡単に識別できることを確認します。値にスペースを含めることはできません。

例:

SDLT=1

STKR=2

STKR=3

LTO1=4

ドライブ・タイプ/メディア・タイプの互換性

このオプションでは、ドライブ・タイプごとにサポートされるメディア・タイプを指定します。このリストの作成時の形式は、以下のとおりです。

<DriveTypeIdentifier>=<SlotTypeIdentifier>

例:

SDLT=SDLTMedia

STKR=STKRMedia

LTO1=LTO1Media

この設定により、特定のドライブ・タイプにアクセスする際に対応するスロットのみからメディアが取得されるようになります。

Related Documents