Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

トレースの有効化

診断トレースは、デフォルトでは無効化されています。問題を調査する場合、Questテクニカル・サポートから、エラー状態に関する診断情報を取得できるように関連するNetVault Backupマシンでトレースを有効にするように求められることがあります。この情報は、エラー状態の原因を特定するのに役立ちます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。
[設定]ページで、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。[診断トレース設定]ページで、[クライアント・トレース設定]をクリックし、クライアントを選択します。このページから複数のクライアントを選択できます。
4
[診断トレース設定]ページで、[トレースの有効化]をクリックします。[トレースの有効化オプション]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。
重要:複数のクライアントを選択する場合、[トレースの有効化オプション]ダイアログ・ボックスにプロセス名のリストは表示されません。[すべてのプロセス(現在のプロセスと将来起動されるプロセス)]オプションを使用するか、関連するボックスでプロセスIDのリストを指定でき
ます。

トレースの有効化

以下のオプションの1つを選択します。

[即時]:このオプションはデフォルトで選択されています。トレースをすぐに開始するには、このオプションを使用します。
[サービス起動時]:サービス起動時にトレースを有効にするには、このオプションを選択します。
メモ:[診断トレース設定]ページの[トレースの設定]をクリックして、[トレース設定オプション]ダイアログ・ボックスの[サービスの起動時にトレースを有効化]チェック・ボックスを選択し、サービス起動時にトレースを有効にすることもできます。
[指定の時刻]:指定の時刻で自動的にトレースを開始して停止するには、このオプションを選択し、期間を指定します。
-[開始]:このチェック・ボックスを選択し、マシンでトレースを開始する日時を入力するか選択します。
-[停止]:このチェック・ボックスを選択し、マシンでトレースを停止する日時を入力するか選択します。

トレースの作成

トレース・ファイルが必要なプロセスを指定します。

[すべてのプロセス(現在のプロセスと将来起動されるプロセス)]:このオプションはデフォルトで選択されています。すべての現在のプロセスおよび新しいプロセスのトレース・ファイルを生成するには、このオプションを使用します。
[特定のプロセス]:特定のプロセスのトレース・ファイルを生成するには、このオプションを選択します。
重要:[サービス起動時]または[サービスの起動時にトレースを有効化]オプションを選択していない場合、NetVault Backupサービスを再起動すると、トレース設定は無効になります。これらのオプションが選択されている場合、すべてのプロセスでトレースが有効になります。

トレース・ファイルのダウンロード

トレース・ファイルは、選択したプロセスが実行されているマシンで生成されます。WebUIを使用して、各種マシンのトレース・ファイルをWebUIが実行されているローカル・マシンにダウンロードできます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。
[設定]ページで、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。[診断トレース設定]ページで、[クライアント・トレース設定]をクリックします。クライアントを選択して、[使用可能なトレースの参照]をクリックします。
5
[ダウンロード]をクリックして、確認のダイアログ・ボックスで[OK]をクリックします。

トレース・ディレクトリの場所の変更

デフォルトでは、トレース・コンテナ・ディレクトリは、NetVault Backupインストール・ディレクトリに作成されます。デフォルト設定を変更して、コンテナ・ディレクトリの新しい場所を指定できます。トレースが有効になっている場合、セッション・ディレクトリがコンテナ・ディレクトリに作成されます。セッション中に生成されたすべてのトレース・ファイルはこのディレクトリに存在します。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。
[設定]ページで、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。[診断トレース設定]ページで、[クライアント・トレース設定]をクリックし、クライアントを選択します。
4
[診断トレース設定]ページで、[トレースの設定]をクリックします。[トレース設定オプション]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。
[トレース・コンテナ・ディレクトリ]:トレース・コンテナ・ディレクトリの新しい場所を指定します。完全なファイルパスを指定する必要があります。

ConfiguratorまたはTxtconfigを使用したトレースの有効化

ConfiguratorおよびTxtconfigユーティリティを使用して、サービス起動時にトレースを有効にできます。サービス起動時にすべてのプロセスでトレースが有効になります。ConfiguratorおよびTxtconfigユーティリティには、すぐにトレースを開始するオプション、指定の時刻で開始して終了するオプション、または特定のプロセスのトレースを有効にするオプションはありません。

a
[スタート]メニューで[NetVault Configurator]をクリックします。このプログラムには、[スタート]>[すべてのプログラム]>[Quest]>[NetVault Backup]>[NetVault Configurator]からアクセスできます。
b
[Configurator]ウィンドウで、[診断トレース]タブをクリックします。
c
[サービスの起動時にトレースを有効化]チェック・ボックスを選択します。
d
a
ターミナル・ウィンドウまたはコマンド・プロンプト・ウィンドウで、「txtconfig」と入力し、EnterまたはReturnキーを押します。
b
[マシン]ページで、pを押して、メイン・メニューを表示し、[診断トレース]ページのオプション番号を押します。
c
[サービスの起動時にトレースを有効化]設定のオプション番号を押し、値を[オン]に変更し
ます。
d
Related Documents