Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

Txtconfigを使用するデフォルトの設定

Txtconfigユーティリティは、サーバーおよびクライアント・マシンのさまざまな設定をカスタマイズするためのテキスト・ベースのユーザー・インターフェイスを提供します。このユーティリティはサポートされているすべてのオペレーティング・システム上で使用できます。Txtconfigユーティリティは、NetVault Backupインストール・ディレクトリのbinディレクトリに保存されています。

フランス語またはドイツ語バージョンのNetVault Backupを実行しているWindowsベースのマシンでTxtconfigを開始する前に、コマンド・プロンプト・ウィンドウでフォント・タイプとコード・ページを設定する必要があります。

フォント・タイプをLucida Consoleに設定:コマンド・プロンプト・ウィンドウを開きます。左上部の[コントロール・メニュー]アイコンをクリックするかまたはタイトル・バーを右クリックして、[プロパティ]を選択します。[プロパティ]ダイアログ・ボックスで、[フォント]タブをクリックし、[フォント]リストで[Lucida Console]を選択します。
コード・ページを1252に設定:Txtconfigを実行するコマンド・プロンプト・ウィンドウに次のコマンドを入力します。

これらの設定は、コマンド・プロンプト・ウィンドウにテキストを正確に表示する必要があります。

EnterまたはReturnキーを押します
3
Txtconfigユーティリティを起動すると、[マシン]ページが表示されます。このページでは、以下の詳細を表示できます。マシン名、マシンID、ネットワーク名、IPアドレス、NetVault Backupのバージョン、OSのバージョン、およびOSプラットフォーム。
4
メイン・メニューを表示するには、pを入力します。メイン・メニューでは、次のメニュー・アイテムが使用可能です。

 

診断トレース

診断トレースについて

診断トレースは、エラー状態に関する詳細情報を取得するために使用されます。Questテクニカル・サポート担当者は、この情報をデバッグおよびトラブルシューティング目的で使用します。

トレースは、デフォルトでは無効化されています。診断情報を取得するには、関連するNetVault Backupマシンでトレースを有効にする必要があります。NetVault Backupを設定して、トレースをすぐに開始したり、サービスの再起動時に開始したりできます。また、期間を指定してトレースを自動的に開始して指定の時間で終了することもできます。

診断情報は、トレース・ファイルに書き込まれます。すべてのプロセスまたはプロセスのサブセットのトレース・ファイルを生成できます。これらのファイルは、選択したプロセスが実行されているマシンで生成されます。NetVault Backupでは、トレース・コンテナ・ディレクトリを使用して、各種セッション中に生成されたすべてのトレース・ファイルが保管されます。デフォルトでは、トレース・コンテナ・ディレクトリは、NetVault Backupインストール・ディレクトリに作成されます。デフォルト設定を変更して、コンテナ・ディレクトリの新しい場所を指定できます。トレースが有効になっている場合、セッション・ディレクトリがコンテナ・ディレクトリに作成されます。セッション中に生成されたすべてのトレース・ファイルはこのディレクトリに存在します。WebUIを使用して、各種マシンのトレース・ファイルをWebUIが実行されているローカル・マシンにダウンロードできます。

トレース・フィルタの管理

NetVault Backup 11.2では、NetVault Backup WebUIから、NetVault Backupプロセス(コアおよびプラグイン)に対するトレース・フィルタを管理できます。[トレース・フィルタの管理]オプションを使用して、これらのプロセスのトレース設定を変更したり、割り当てたりすることができます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。
[設定]ページで、[クライアント設定]をクリックします。[NetVault Backupクライアント]の表からクライアントを選択して、[次へ]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。[システムおよびセキュリティ]で、[診断トレース]をクリックします。[診断トレース設定]ページで、[クライアント・トレース設定]をクリックし、クライアントを選択します。このページから複数のクライアントを選択できます。
5
[トレースフィルタマッピングの編集]ダイアログ・ボックスで、以下の設定を行います。

選択したプロセス

選択したNetVault Backupプロセス(コアおよびプラグイン)が表示されます。

フィルタ

下矢印をクリックして、以下のいずれかのフィルタ・オプションを選択します。

KillAll:このフィルタがプロセスに割り当てられると、プロセスはトレースを生成しません。
MessageOnly:このフィルタがプロセスに割り当てられると、プロセスはMESSAGEモジュールからのトレース・メッセージのみを生成します。他のすべてのトレース・メッセージは除外されます。

選択したプロセスに以下のトレース・フィルタ・マッピング・オプションを指定します。

フィルタの有効化:選択したプロセスに対して選択したフィルタ・オプションを有効にするには、このオプションを選択します。
強制ディスク・トレース:選択したプロセスにディスクのトレースを許可する(ディスク・トレースが無効な場合であっても)には、このオプションを選択します。
循環:循環トレースを有効にするには、このオプションを選択し、以下のフィールドで値を入力または選択します。
トレースファイルあたりの行数:循環が有効な場合のトレース・ファイルあたりの行数。トレース・ファイル内の行数がこのしきい値を超えると、トレースは次のトレース・ファイルに書き込まれます。
保持するトレース・ファイル数:循環が有効な場合に、保持するトレース・ファイル数。トレース・ファイル数がこのしきい値を超えると、最も古いトレース・ファイルが上書きされます。
Related Documents