Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - 管理ガイド

前書き はじめに クライアントの設定
NetVault Backupクライアントについて WebUIからのソフトウェアのインストール(プッシュ・インストール) クライアントの追加 クライアントの管理 クライアント・グループの管理
ストレージ・デバイスの設定 データのバックアップ ポリシーの管理 データのリストア ジョブの管理 ログの監視 ストレージ・デバイスの管理
デバイス・アクティビティの監視 テーブル・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 ツリー・ビューでのディスク・ベースのストレージ・デバイスの管理 テーブル・ビューでのテープ・ライブラリの管理 ツリー・ビューでのテープ・ライブラリの管理 テーブル・ビューでのテープ・ドライブの管理 ツリー・ビューでのテープ・ドライブの管理 共有デバイスの追加
ストレージ・メディアの管理 ユーザー・アカウントの管理 イベントと設定通知の監視 NetVault Backupでのレポーティング クライアント・クラスタの使用 NetVault Backupのデフォルトの設定
デフォルトの設定について 暗号化の設定 プラグイン・オプションの設定 ポスト・スクリプトのデフォルトの設定 検証プラグインのデフォルトの設定 展開マネージャの設定 ジョブ・マネージャの設定 ログ・デーモンの設定 メディア・マネージャの設定 ネットワーク・マネージャの設定 プロセス・マネージャの設定 RASデバイスの設定 スケジュール・マネージャの設定 Webサービスの設定 オーディタ・デーモンの設定 ファイアウォールの設定 一般設定 セキュリティの設定 NetVault Timeの同期 一般通知方法のデフォルト設定 レポーティング・ユーティリティの設定 固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定 NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定 Txtconfigを使用するデフォルトの設定
診断トレース deviceconfigユーティリティの使用 NetVault Backupプロセス 環境変数 NetVault Backupが使用するネットワーク・ポート トラブルシューティング

レポート・データベースのグローバル・パージ・ポリシーの作成

デフォルトで、レポート・データベース・マネージャでは31日を超えたすべてのレコードが削除されます。レポート・データベースのカスタム寿命またはサイズに基づくパージ・ポリシーを使って、この動作を上書きできます。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス][レポート]をクリックします。[レポート]ダイアログ・ボックスの[テーブル]で、以下の設定を行います。

グローバル・パージ・
グループの一部をテーブルのデフォルトにします

デフォルトでは、グローバル・パージ・ポリシーはレポート・データベース内のすべてのテーブルに適用されます。各テーブルのこの動作はテーブル固有のパージ・ポリシーで上書きすることができます。テーブル固有のポリシーは、データベース・レベルでグローバル・ポリシーを無効にする場合のみ適用されます。

すべてのレポート・テーブルにグローバル・パージ・ポリシーを適用するには、このチェック・ボックスを選択します。

パージ・チェック周期

デフォルトで、レポート・データベース・マネージャでは、24時間ごとにパージ・チェックが行われ、パージ条件に一致するすべてのレコードが削除されます。

パージ・チェックの周期を変更するには、パージ・イベント間の時間間隔を入力または選択します。パージ周期は時間数で指定します。

グローバル・パージ方法

以下のオプションの1つを選択します。

[日付別]:指定した時間制限よりも古いレコードを削除する場合に選択します。
[使用領域別]:領域の使用状況が指定したサイズ制限を超えたときにレコードを削除する場合に選択します。

総合パージ適用容量

レポート・テーブルの最大ファイル・サイズを入力または選択します。ファイル・サイズはMB単位で指定します。デフォルト値は、50MBです。

総合パージ適用期間

レポート・データベースに保管されているレコードの最大寿命を入力または選択します。レコード保存期間は日数で指定します。デフォルト値は、31日間です。

テーブル固有のパージ・ポリシーの作成

デフォルトで、レポート・データベース・マネージャでは31日を超えたすべてのレコードが削除されます。個別のレポート・テープルのカスタム寿命またはサイズに基づくパージ・ポリシーを使って、この動作を上書きできます。

NetVault Backupは、レポート・テーブルのdriveevents、events、mediacapacities、mediarequests、mediatransfers、driveperformance、およびjobfiletalliesをサポートしています。

1
[ナビゲーション]パネルで、[設定変更]をクリックします。
2
[設定]ページで、[サーバー設定]をクリックします。
3
[ユーザー・インターフェイス][レポート]をクリックします。[レポート]ダイアログ・ボックスの[テーブル]で、以下の設定を行います。

グローバル・パージ・
グループの一部をテーブルのデフォルトにします

デフォルトでは、グローバル・パージ・ポリシーはレポート・データベース内のすべてのテーブルに適用されます。テーブル固有のポリシーは、データベース・レベルでグローバル・ポリシーを無効にする場合のみ適用されます。

データベース・レベルでグローバル・パージ・ポリシーを無効にするには、このチェック・ボックスの選択を解除します。

テーブル<テーブル名>パージ方法

以下のオプションの1つを選択します。

[使用領域別]:領域の使用状況が指定したサイズ制限を超えたときにレコードを削除する場合に選択します。
[日付別]:指定した時間制限よりも古いレコードを削除する場合に選択します。
[グローバル・ポリシーを使用]:テーブルにグローバル・パージ・ポリシーを適用する場合に、このオプションを選択します。

テーブル<テーブル名>パージ適用容量

レポート・テーブルの最大ファイル・サイズを入力または選択します。ファイル・サイズはMB単位で指定します。デフォルト値は、10MBです。

テーブル<テーブル名>パージ適用期間

レポート・データベースに保管されているレコードの最大寿命を入力または選択します。レコード保存期間は日数で指定します。デフォルト値は、31日間です。

固有のVSSプロバイダを使用するNetVault Backup設定

VSSベースのバックアップを実行する場合、NetVault BackupはVSSで指定したデフォルトVSSプロバイダを使用します。固有のVSSプロバイダを使用するために、vss.cfgファイルでプロバイダIDを設定できます。

1
VSSベースのバックアップを実行するNetVault Backupクライアントで、vss.cfgファイルを開きます。このファイルは、NetVault Backupインストール・ディレクトリの下にあるconfigサブディレクトリにあります。
vss.cfgファイルがサーバーまたはクライアント・マシン上に存在しない場合、そのファイルをconfigディレクトリに手動で作成します。
重要: 

NetVault Configuratorを使用するデフォルトの設定

NetVault Configuratorは、サーバーおよびクライアント・マシンのさまざまな設定をカスタマイズするためのグラフィック・ユーザー・インターフェイスを提供します。このユーティリティは、Windowsベースのシステムでのみ利用できます。

2
[スタート]メニューで[NetVault Configurator]をクリックします。このプログラムには、[スタート]>[すべてのプログラム]>[Quest]>[NetVault Backup]>[NetVault Configurator]からアクセスできます。
3
[Configurator]ウィンドウで、以下のタブを使用できます。

 

[マシン]タブがデフォルトで選択されています。このタブでは、以下の詳細を表示できます。マシン名、マシンID、ネットワーク名、IPアドレス、NetVault Backupのバージョン、OSのバージョン、およびOSプラットフォーム。
4
[OK]をクリックして変更を適用し、コンフィギュレータを終了します。あるいは[適用]をクリックすると、コンフィギュレータを終了せずに新規の設定を適用させることができます。
メモ:コンフィギュレータが設定ファイルをメモリに読み込み、[OK]または[適用]をクリックすると、ディスクに変更されたファイルと変更されていないファイルを書き込みます。コンフィギュレータがファイルをメモリに読み込んだ後、WebUIを介してそのファイルを変更した場合、コンフィギュレータがファイルを保存すると、変更が上書きされます。
Related Documents