Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

nvclosedoor

指定したライブラリのドアを閉じます。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

nvcloseeeport

指定したライブラリの入口/出口(EEPort)ポートを閉じます。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

-mediatype

入口/出口スロットにあるメディアのタイプを指定します。

nvcloseeeportcleaning

クリーニング・テープをインポートするために、指定したライブラリのEEポートを閉じます。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

-mediatype

入口/出口スロットにあるメディアのタイプを指定します。

nvdav

Quest NetVault SmartDiskインスタンスの以下のWebDAV関連機能を実行します。

表18. nvdav

--server

Quest NetVault SmartDiskインスタンスのIPアドレスまたは解決可能なホスト名を指定します。

--set

指定したQuest NetVault SmartDiskインスタンスのWebDAV認証情報を設定します。このオプションを指定すると、既存の値が上書きされます。ユーザー名とパスワードは対話形式で要求されます。

--remove

指定したQuest NetVault SmartDiskインスタンスの既存のWebDAV認証情報を削除します。

--user

指定したQuest NetVault SmartDiskインスタンスのWebDAV認証を使用するように設定されたユーザー名を取得します。指定したインスタンスにWebDAV認証情報が設定されていない場合、エラー・メッセージが表示されます。

Related Documents