Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

nvacslsmedia

以下の機能を実行します。

-allocate

指定したメディア・アイテムを割り当てます。

-deallocate

指定したメディア・アイテムを割り当て解除します。

-eject

指定したCartridge Access Port(CAP)経由で、指定したメディア・アイテムをエジェクトします。

-cap

メディア・アイテムをエジェクトするときに使用するCartridge Access Port(CAP)を指定します。

ライブラリのACS番号、ライブラリを管理するロボティック装置のLSM番号、およびCAPの物理番号を指定します。数値を区切るには、カンマを使用します。

例:-cap 0,0,0

-medialabel

割り当て、割り当て解除、またはライブラリからのエジェクトの対象となるメディア・アイテムのラベルまたはバーコードを指定します。複数のラベルまたはバーコードを指定する場合は、カンマ区切りリストを入力します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-range

割り当て解除の対象となるメディアに対応するラベルまたはバーコードの範囲を指定します。範囲を示す値の間にはハイフン(前後にスペースなし)を挿入します。

-file

割り当て解除の対象となるメディア・アイテムのセットに対応するメディア・ラベルまたはバーコードのリストが格納されたファイルの名前を指定します。ファイルの各行にメディア・ラベルまたはメディア・バーコードを指定します。

-version

マシンにインストールされているNetVault Backupディストリビューションのビルド日付を表示します。

nvaddfiler

NetVault BackupサーバーにNDMPファイラーを追加します。

表12. nvaddfiler

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-clientname

ファイラーが追加されるNetVault Backupクライアントの名前を指定します。

ファイラーをローカル・マシンに追加する場合、このオプションは省略できます。サーバー・マシン名とクライアント・マシン名が同じであっても、-servernameオプションを指定した場合は、-clientnameオプションも指定する必要があります。

-pluginname

プラグイン名を指定します。「NDMP Client」または「NDMP SnapMirror to Tape」のどちらかを指定できます。デフォルト値は「NDMP Client」です。

-filername

ファイラー名を指定します。

ファイラー名は一意である必要があります。NetVault Backup環境内でファイラーを簡単に識別できるように、ファイラーの実際の名前を割り当てることができます。ファイラー名は一度設定すると、その後変更できません。

-address

ファイラーのIP4アドレスまたはFQDNを指定します。

-port

ファイラーの待機ポートを指定します。デフォルト値は、10000です。

特に必要のない限り、ファイラーの待機ポートは変更しないでください。

-account

ファイラーへのログオンに使用するユーザー・アカウント名を指定します。ユーザー・アカウントには、NDMPのバックアップおよびリストアを実行する権限が付与されている必要があります。

-password

ユーザー・アカウントのパスワードを指定します。

-description

ファイラーのタイプを選択する必要がある場合に、NDMPファイラーの説明を指定します。この説明は、ndmpversions.cfgファイルの対応するエントリと一致している必要があります。

-utf8

UTF-8変換が必要かどうかを指定します。

このオプションのデフォルト値は「FASLSE」です。設定したロケールでNetVault WebUIにディレクトリおよびファイル名を正しく表示する必要がある場合は、このオプションを「TRUE」に設定します。このオプションは、ファイルがUTF-8エンコードをサポートしている場合に限り使用できます。この機能を使用するには、次の手順を実行します。

Plug-in for NDMPの[UTF-8変換のコードページ]オプションを設定します。このオプションについての詳細は、『Quest NetVault Backup Plug-in for NDMPユーザーズ・ガイド』を参照してください。

nvcheckdrive

ドライブのステータスをチェックします。たとえば、何らかの理由でオフラインになったドライブのステータスをチェックするといった目的に使用できます。このコマンドが正常に完了すると、指定したドライブがオンライン状態に戻り、NetVault Backupで以降のジョブに使用できるようになります。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

-drivename

チェックするターゲット・ドライブの名前を指定します。

-drivenumber

チェックするターゲット・ドライブのドライブ番号を指定します。

ターゲット・ドライブを指定する場合は、-drivenameまたは-drivenumberオプションを-librarynameオプションと組み合わせて使用する必要があります。

nvcleandrive

ライブラリ・ドライブをクリーニングします。クリーニング用テープの使用残回数が設定されている場合は、
このコマンドで使用されることにより、同回数が1だけ減らされます。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

-drivenumber

クリーニングするターゲット・ドライブのドライブ番号を指定します。

Related Documents