Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

nvclientremove

NetVault Backupサーバーからクライアントを削除します。このユーティリティは、NetVault Backupサーバー上で実行する必要があります。

-client

削除する必要があるクライアントのNetVault Backup名を指定します。このオプションには、クライアント名を1つだけ指定できます。

-version

マシンにインストールされているNetVault Backupディストリビューションのビルド日付を表示します。

デバイス固有ユーティリティ

asf_load_media

指定したメディアをドライブにロードし、Windows Advanced System Format (ASF)メディアとしてドライブ内にロックします。

-m

ターゲット・メディア・アイテムのラベルを指定します。

-b

ターゲット・メディア・アイテムのバーコードを指定します。

-d

ターゲット・ドライブの名前を指定します。

-s

ターゲット・デバイスがローカルに接続されているNetVault Backupマシンの名前を指定します。デバイスがクライアント(SmartClient)にローカルに接続されている場合は、このオプションを使用してクライアント名を指定します。

-c

ターゲット・デバイスがローカルに接続されているNetVault Backupクライアントの名前を指定します。

-wait

タスクが完了するまで待機します。

asf_ release_drive

asf_load_mediaコマンドによって獲得されたロックを解放して、NetVault Backupがドライブおよびメディアを使用できるようにします。

-d

ターゲット・ドライブの名前を指定します。

-s

NetVault Backupサーバーの名前を指定します。

このオプションは、デバイスがサーバーにローカルに接続されている場合に使用します。

-c

NetVault Backupクライアントの名前を指定します。

このオプションは、デバイスがクライアントまたはリモートNetVault Backupサーバーに接続されている場合に使用します。

Related Documents