Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

nvclientaccess

指定したNetVault Backupクライアントに対するアクセスを許可します。

-clientまたは-clients

アクセスが許可されるNetVault Backupクライアントの名前を指定します。

-tdclients

Teradata DBSの名前を指定します。このオプションは、追加されたすべてのクライアントに対するアクセスを許可する場合に使用できます。

-password

クライアントのNetVault Backupパスワードを指定します。クライアントでセキュリティが有効になっている場合、このオプションは必須です。

nvclientadd

1つのNetVault Backupクライアントをサーバーに追加します。このユーティリティは、NetVault Backupサーバー上で実行する必要があります。このユーティリティは、Workstation Clientをサポートしていません。

-client

追加するクライアントのNetVault Backup名を指定します。

-clientip

追加するNetVault BackupクライアントのIPアドレスを指定します。

-clientgroup

クライアントを追加するクライアント・グループの名前を指定します。クライアントを追加する前に、クライアント・グループが作成されていることを確認します。

-password

クライアントのNetVault Backupパスワードを指定します。クライアントでセキュリティが有効になっている場合、このオプションは必須です。

-timeout

クライアントが「追加」要求を承認するまでのNetVault Backup側の待ち時間を指定します。タイムアウト値は分単位で指定します。指定した時間内にクライアントを追加できない場合は、エラー・メッセージが表示されます。

-version

マシンにインストールされているNetVault Backupディストリビューションのビルド日付を表示します。

使用できないクライアントを特定するには、nvclientlist -find <ipaddress>コマンドを使用します。詳細は、「nvclientlist」を参照してください。

nvclientlist

以下の機能を実行します。

-current

現在NetVault Backupサーバーに追加されているクライアントを一覧表示します。

-available

クライアントとして追加できる使用可能なNetVault Backupマシンを一覧表示します。

-name

特定する必要があるクライアントのNetVault Backup名を指定します。

-find

特定する必要があるマシンの解決可能な名前またはIPアドレスを指定します。

-version

マシンにインストールされているNetVault Backupディストリビューションのビルド日付を表示します。

nvclientname

NetVault Backupクライアントの名前を変更できます。このユーティリティを使用して、NetVault Backupサーバーの名前を変更することはできません。

-clientname

クライアントの新しいNetVault Backup名を指定します。

Related Documents